子育てママのお悩み解決メディア
子育ても人間関係もうまくいく!  褒め上手なママになろう♪

子育ても人間関係もうまくいく! 褒め上手なママになろう♪

どんな人も、褒められることってうれしいですよね。子育てや人間関係をよりよいものにしたいと考えている人は、褒め上手になるとうまくいきますよ。この記事では、子育てや人間関係を円滑にする、褒め上手なママになるメリットや、褒めるのが苦手という人に試してもらいたいことをご紹介します。

ママが褒め上手になるメリット

褒め上手になると、家庭や仕事にはどんな影響があるのでしょうか。ここでは、褒め上手になることで得られるメリットをご紹介します。

人間関係がスムーズになる

褒め言葉は、人間関係の潤滑油です。人は褒めてくれた相手に信頼や安心感を持ちます。また会いたい、一緒に仕事したいと思ってもらえば、自然と周りに好意的な人が増えるはずです。

ママ友や職場の人間関係に悩んでいる人は、ぜひ周りにいる人を褒めて、安心感を与える人になってみましょう。

子供の自己肯定感がアップする

子供は褒めて伸ばす! という言葉があるように、褒めることは子育てする上で欠かせない要素です。褒められて育った子供は、親を信頼し、他人に優しく、自分の行動に自信を持つようになると言われています。

アメとムチのバランスが悩みどころではありますが、子供が小さいうちは褒めることに重点を置くのがいいかもしれません。

自分が幸せになる

人を褒めると、自分の気分もよくなっていくのを感じませんか? 人を褒めるためには相手のいいところを見つけるところから始めるので、自然にプラス思考になります。また、褒め言葉はポジティブなものが多く、口にすると気分がよくなるという効果も。

最近、気分が暗い…そんな人は、ぜひ家族やママ友のいいところを見つけて褒めてみてください。周囲の笑顔を見て、自分も幸せな気分になるはずです。

褒め上手な人がしている3つのこと

「もっと人を褒められる人になりたい」と思っていても、うまくできない人は多いはず。世の褒め上手さんは、一体どんなことを心がけているのでしょうか?

常に周囲を観察!

褒め上手な人は「あの人、毎日化粧の感じが変わるな」「お、髪型変わった!」「今日は顔色が優れないけど、どうしたんだろう?」など、周囲の人を常に観察しています。観察力がつくと周囲の変化に敏感になるので、褒め方が上手になるんです。

具体的に褒める

かわいい、かっこいい、すごい。どれもポジティブな意味を持つ言葉ですが、お世辞や社交辞令に聞こえることも。褒め上手な人は、何がどうかわいいのか、何ができてすごいのか、具体的に褒めることができます。褒められた人も、どこがよかったのかわかりやすければ、次もその部分を頑張ろうと思いますよね。

具体性がある言葉は子供にも伝わりやすいので、子育て中のママはぜひ参考にしてみてください。

過程を褒める

たとえ失敗したりいい結果が出なくても、そこまでの過程でよかったところを褒められると、人は次も頑張ろうと思うもの。

ビジネスでも、子供との関係でも、結果ばかりではなくその過程を見て褒めてあげると、信頼関係を築きやすくなりますよ。

褒めるのが下手…という人に試してもらいたい5つのこと

どうやって褒めていいかわからない! という人は、以下のことを試してみてください。

1. 質問形で褒めてみる

いざ、褒めよう! そう思うと、言葉や言い方に力が入ってしまって、上手に表現できない場合も。そんなときは、質問形で相手を褒めてみましょう。「〇〇さんみたいなネイルにしたいんだけど、どこでやってるの?」「どうしたら〇〇さんみたいにお料理上手になれるの?」といった具合。褒める側も言いやすい上に、褒められる側も照れずに聞きやすくなります。

2. 相手がよく使う言葉で褒める

きれいなもの、おいしいもの、おしゃれなものを見たとき、相手はどんな言葉使ってそれを評価していますか? おしゃれなものでも、人によってはシャレてる、おシャン、すてきなど、それぞれの言い方で表現しています。相手の使用頻度が高い言葉を使い褒めてあげることで、相手の意見や感性を認めているということを伝えることができます。

3. 笑顔だけでも◎

無理をして絞り出した言葉よりも、明るい表情で接してもらうほうが伝わることってありますよね。言葉で表現するのが苦手な人は、非言語である「表情」を使って相手を褒めて見ましょう。

4. メールを使ってもOK!

直接言うのは恥ずかしくて気が進まない。そんな人はメールやメッセージ機能を使うのもアリです。話し言葉よりも書き言葉のほうが上手な人は、ぜひこの方法で相手を褒めてみてください。

5. ストレートに感情を表現する努力をする

褒めたいことや褒め言葉を考えるだけで頭がいっぱいになってしまう人は、いいな! すてきだな! と、そのままストレートに口に出してみましょう。感動をそのまま伝えると、相手にも伝わりやすくなります。

褒め上手になって悩みを減らそう♪

子育て、夫婦関係、ママ友関係に悩んでいるママは、ぜひ観察力をつけて、周囲の人を褒めてみてください。最初はなかなか勇気が出なかったり、言葉を探したりすることがあるかもしれませんが、この記事で紹介した方法を試していくと、きっとうまくいくはずです。褒め上手になって、毎日にハッピーな時間を増やしましょう。

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。ここ数年は海外を転々。占いによると、2026年まで終いの住処を探して世界をさ迷う運命。どこにたどり着くのか、とても楽しみにしています。

きくさんの記事一覧 →