子育てママのお悩み解決メディア
子育て貯金の必要額は?進学先別に公開!貯金をするコツも解説

子育て貯金の必要額は?進学先別に公開!貯金をするコツも解説

結婚して子供が生まれると、気になるのは「この先の子育てにはいくらお金がかかるのか」ということではないでしょうか。子供を育てるには、1,000万円近く、あるいはそれ以上の大金が必要となると言われているため、子供が小さいうちからコツコツ貯金することが重要です。

今回は子育てに必要な貯金額と、無理なく効率よく貯金するためのコツをご紹介します。

子育て貯金の必要額は?

子育てには多額のお金がかかることはなんとなく分かりますが、実際にはいくらぐらい必要になるのでしょうか。見てみましょう。

子育てには1,000万~3,000万円必要

子供が大学卒業までにかかる教育費は、おおよそ以下の通りです。

  • すべて公立、国公立に通った場合:1,000万円ほど
  • すべて私立に通った場合:2,500万円ほど

ただし、この金額には子供が大学在学中、一人暮らしをした場合の金額は入っていません。仮に、大学へ通う間に一人暮らしをするならば、それぞれ500万円ほどプラスとなります。つまり、子育てには最低でも1,000万円、多ければ3,000万円ほどが必要となるのです。

子育て貯金として効率よく貯めるコツ

先述したとおり、子供を育てるには、最低でも1,000万円程度と非常に多くのお金がかかります。教育費は、子供が小さいうちからしっかり貯めておきましょう。

ここでは子育て貯金を効率的に行うコツをご紹介します。

学資保険に加入しておく

学資保険とは、子供の教育資金を貯めるための貯蓄型保険のこと。毎月決まった保険料を払い、大きなお金が必要になる進学時などに進学祝金や満期保険金を受け取ることができます。

学資保険の特徴として、契約者(子供の親)が死亡あるいは所定の障害を負った場合、以後の保険料払い込みが免除となることが挙げられます。保障はそのまま継続となるので、祝金や満期保険金は受け取ることができるので安心ですね。

また、学資保険は所得控除の対象になります。これらのポイントから、ただお金を貯めるより、学資保険として貯めた方が安心であり、お得でもあるのです。

ジュニアNISAを利用する

ジュニアNISAとは、未成年を対象にした投資です。毎年80万円まで売買益や配当が非課税となるので、通常の投資よりもお得です。しかし、あくまで投資のため、価値が下落して元金割れを起こす可能性もあります。

ジュニアNISAを検討する際は、プロに相談して慎重に決めましょう。

児童手当は使わず貯める

児童手当は、中学校卒業までの子供を養育している人が支給対象となる手当です。所得なども関係しますが、所得の制限に該当しない場合、中学卒業までおよそ10,000円~15,000円が毎月支給されます。毎月1万円近くの手当もらえるのは家計にありがたいですが、将来に備えて児童手当は使わずに貯めることをおすすめします。

一度も使わず児童手当を貯めていけば、支給が終わるころには200万円近くの貯金が可能です。うっかり使ってしまわないか心配な人は、専用の口座を作ると良いでしょう。

奨学金・教育ローンの利用は最終手段

どうしても教育費が足りない場合、奨学金や教育ローンを利用する方法もあります。しかし、これらはあくまで「借りたお金」なので、いずれ返さなければなりません。そのため、ぎりぎりの状態で奨学金を借りて進学したのは良いものの、返済が滞り自己破産してしまった人も少なくないのです。

奨学金や教育ローンを借りなくても良いように、お金はコツコツと貯めておきましょう。

子育て貯金は早めの準備が重要

子供が大学を卒業するまでには、少なくとも1,000万円が必要です。そして、進学時などには数十万から数百万程度のまとまったお金が必要となります。

そのため、子供が小さいうちから学資保険に加入したり、児童手当を貯めたりして早めから準備するようにしましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →