子育てママのお悩み解決メディア
共働き女性やワーママの運動不足解消のコツ!隙間時間を活用しよう

共働き女性やワーママの運動不足解消のコツ!隙間時間を活用しよう

夫婦共働きの場合、毎日が忙しく運動する暇がなかなかありませんよね。さらに歳を重ねると、若い頃より代謝が下がり痩せにくくなるので、運動不足が気になる人も多いでしょう。

今回は共働き夫婦の運動不足を解消するための方法をご紹介します。どの方法も簡単にできるので、運動不足が気になる人はぜひ実践してみてくださいね。

運動不足は様々な悪影響を引き起こす!

運動不足が気になる一方、「でも、そこまで太っていないし、まあいいか」と思っていませんか?運動不足は肥満の原因になる他にも、様々な悪影響を引き起こすので、太っていないからといっても、決して軽視はできません。

運動不足は、血行が悪くなる原因でもあります。血行が悪いと身体の中に老廃物が溜まりやすくなり、生活習慣病にかかるリスクが高まってしまうのです。

さらに、運動はストレス発散に役立ちますが、運動不足が続くとストレスが蓄積されてしまい、心の病にかかりやすくもなってしまいます。

共働き夫婦の運動不足を解消する方法

運動不足には、様々な恐ろしいリスクが隠れていることが分かりました。しかし、共働き家庭では忙しく、なかなか運動する時間が取れませんよね。

そこで、忙しい人でも運動不足を解消できるコツをご紹介します。

通勤方法を変える・「ながら運動」をする

勤め先が徒歩、自転車圏内であるならば、通勤方法を徒歩や自転車に変えてみましょう。電車通勤するなら、駅ではエスカレーターを使わず、階段を使うだけでも運動不足解消に効果があります。

さらに、電車内やオフィスでも、座りながらできるストレッチをすることで、運動の効果を得られますよ。

昼休みは外に出る

昼休みに外に出ることもおすすめです。ご飯を食べ終わった後に会社の周辺を歩けば、ウォーキングの効果を得られる上に、気分転換にもなりますよ。

さらに普段オフィス内では浴びにくい日光を浴びることで、骨の健康に欠かせないビタミンDや、心を安定させる効果のあるセロトニンの生成を促すこともできます。

子供と運動する

子供がいるのであれば、休日は子供と公園で思いっきり遊んでみてはいかがでしょうか。また、家でも、子供を抱き上げたり、高い高いをしたりと、身体を動かすあやし方ならば、子供とスキンシップをとりながら運動不足を解消することができます。

家での隙間時間にエクササイズする

最近では無料の動画サイトで、様々なエクササイズ方法が公開されています。忙しい人向けに、1日5分程度から始められる運動方法などもあるので、自宅でもちょっとした隙間時間に挑戦してみてください。

共働き夫婦は「ながら運動」を意識して

共働きの夫婦やワーママは毎日が忙しいので、つい運動不足になりがち。しかし、運動不足は肥満の他に生活習慣病にかかりやすくなったり、心の病になりやすかったりするので、注意が必要です。

ぜひ、今回ご紹介した方法を毎日の生活に取り入れて、運動を習慣にしてくださいね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →