子育てママのお悩み解決メディア
洗濯は家族と協力して時短しよう!洗濯が楽になる時短術を紹介

洗濯は家族と協力して時短しよう!洗濯が楽になる時短術を紹介

一緒に洗う物とそうでない物を仕分けして、干して、取り込んで、畳んで、しまう。このように、洗濯は工程が多く面倒ですよね。

どうにかして洗濯の時間を短縮したいと思いながら、なかなかできないと困っているママは多いのではないでしょうか。

洗濯の時短の鍵は、ずばり「家族の協力」です。今回は洗濯が楽になる時短術をご紹介します。

洗濯の時短の鍵は家族の協力!

なかなか難しい洗濯の時短ですが、家族の協力を得ることで、実は簡単に叶います。では、具体的にはどのようなことを家族にお願いすれば良いのでしょうか。見てみましょう。

仕分けは家族それぞれに任せよう

家族には洗濯前の「仕分け作業」と、洗濯物を取り込んだ後の「しまう作業」をお願いしましょう。

仕分け作業をお願いする際は、「汚れ物」「おしゃれ着」など、分類しやすいようにカゴを分けておくと誰でも簡単に仕分けることができます。また、どのような物を分別するべきかも教えておくべきです。

洗濯物は裏返しで洗って後は家族任せ

家族が洗濯物を裏返しの状態で出すと、思わずイラッとしてしまいますよね。しかし、実は洗濯物は皮脂や汗が付く内側の方が汚れやすいのです。そのため、裏返しで洗いに出された物は、そのまま洗ってしまいましょう。

そして、取り入れた後にしまう作業は家族にお任せすれば、各自で表に戻してしまってくれるので、汚れが落ちる上ママが裏返す必要がなくなり、まさに一石二鳥なのです。

まだある!洗濯の時短術3つ

洗濯の時短術は家族の協力を得る以外にもあります。次の3つの方法で大幅な時短が叶いますので、ぜひ実践してみてくださいね。

計量しなくてよい洗剤・柔軟剤を使う

洗剤や柔軟剤を洗濯物の量に合わせて計量する作業は、地味に面倒ですよね。最近では一粒入れればOKというタイプのオールインワン洗剤や、洗浄作用のあるマグネシウムの粒が入った袋を入れるだけといった洗濯方法もあります。

軽量の必要のない洗剤を使うことで、イライラの軽減と時短が叶いますよ。

衣類はハンガーにかけたまま収納

干した洗濯物をハンガーから外して畳むのは、例え作業を家族に任せたとしても面倒ですよね。衣類は干したハンガーをそのまま収納する方法が、畳む手間が省ける上に畳みじわが付かないのでおすすめですよ。

しわのつきにくい服を選ぶ

洗濯物を取り入れた後の面倒な作業と言えば、アイロンがけ。一枚一枚しわを伸ばす作業は非常に手間がかかります。アイロンがけに時間を取られてしまうのであれば、しわが付きにくい素材や形状記憶の服を選ぶようにしましょう。

洗濯は家族と協力して時短しよう

家事の中でも大幅に時間をとられる洗濯は、家族と作業を分担して時短を叶えましょう。家族でもできる仕分けやしまう作業を任せることで、時短できる上に、家族は洗濯についての知識を深めることができますよ。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →