子育てママのお悩み解決メディア
実力派ピアニスト、人気YouTuber、東大卒研究者の顔をもつ角野隼斗さんは、どのように育ったのか 

実力派ピアニスト、人気YouTuber、東大卒研究者の顔をもつ角野隼斗さんは、どのように育ったのか 

第2回 中高時代

数々の受賞歴をもつ実力派ピアニストにして、登録者60万人を誇る人気YouTuber「かてぃん」として分野を超えた活躍を続ける角野隼斗さん。「東京大学総長大賞」を得て2020年に東大大学院(AIと音楽)を卒業し、音楽家として生きることを決意。

従来の枠組みにとらわれず、ジャンルを超え、新しいスタイルに挑戦し続ける姿勢はどのようにかたち作られたのか。幼少期からのエピソード、習い事、受験、家族関係、中高時代の過ごし方などをご本人にうかがいながら、その一端に触れたいと思います。

第一回の記事はこちら
第三回目の記事はこちら

開成の多様性の中で、自分を客観視できた

小学校のクラスで受験するのはほぼ自分だけ、という孤独な受験勉強を終え、角野さんは開成中学に入学しました

――開成に入って感じたことは?

「多様性というか、それぞれすごくできる分野を持つ人たちがたくさんいる、という環境でした。勉強ができるのはもちろんだけどそれだけじゃなくて、ジャクリングがすごい人とか、数学オリンピックに出場するような人とか、マジックがめちゃくちゃ上手いとか。その中で自分は、たまたまピアノができるんだ、と客観視できるようになりました。

これは、東大でもそうだったのですが、地頭がよくて、かつ、ある分野にものすごく秀でている人達がたくさんいる場所にいると、自分をどう位置付けるかについて考える機会になります。

開成は、ひとつのことを究める、突きつめるという人が多くて、僕はそういうマインドがすごく好きです。思えば、小学生の頃はそういうタイプはあまり周りにはいませんでした。

知ることを楽しむ、何であれ本気で極めることを面白いと感じる、って重要なことです。根本的にそう考えないと、つらい時にやっていけないと思います。知ることが楽しいからこそ、受験勉強もある意味楽しかったです」

ゲームをとことんつきつめた6年間。両親は反対しなかった

――中高時代は、ピアノも?他に興味を持たれたことは?

「ピアノはあまりせず、バンドを組んでドラムに熱中していました。塾は高2から通い始めたので、中高時代は時間に余裕がありました。でも、ゲームばかりしてたなぁ。学校帰りにゲームセンターに出入りして…‥‥」

――ゲームセンターですか?! ご両親の反応は?

「まぁ、黙認というか。音ゲー(*)にはまっていたので、音楽の延長だと許してくれていたのかもしれません。500円の昼食代から、コンビニ内で一番カロリーの高いコッペパンを買って、残りの400円でゲームをしていました。親には申し訳ないけど時効ということで(笑)。

とにかく音ゲー命で。高3の12月末には音ゲーの全国大会に出るために保護者の同意が必要になり、両親に話をすることに。予選を通って全国16位以内に入ったのが、いかにすごいことかを説明しました。

両親ですか? それはかなり驚いていましたが、大学受験の模試でA判定を出していたので、この後は勉強に集中するという約束をして出場を認めてくれました。結果、大会では全国ベスト8までいきました」

ベスト8おめでとうございます(笑)。堂々とご両親に話をする姿勢も、説得する材料を準備して臨むところも、賢い! ゲームであれ、なんであれ突き詰めることに楽しみを見出す角野少年ならでは。そして、それを認めて受け入れる(度量が必要ですね)ご両親もなかなかです。

ちなみに、東大を選んだ理由は、ご両親からの「音楽も数学もどちらも好きなのだから、どちらもできる環境に進んだら」というアドバイスによるものだそうです。

中高時代は、自分の土台を作るインプットを心がけて

――改めて、角野さんにとって中高時代はどんな意味を持っていましたか?

「中高時代にやるべきことって、勉強ではなくて、人生や感性を豊かにするためのインプットだと思うんです。いろんなアーティストや音楽仲間と話して特に感じるのは、思春期に何を吸収して、どんなものに影響を受けたかというのは、その人の人格の土台形成になるということ。

それが、漫画であれ音楽であれ、自分にどう影響するか、なんです。学校で習うことなんて、皆が知っています。そう、親・兄弟や友達が好きなものから影響を受けることもありますよね。例えば、大人になって読んだ『スラムダンク』(バスケ漫画)と、感受性豊かな思春期に出会う『スラムダンク』は受け止め方が異なります。

自分自身を振り返ると、本、特に小説をあまり読んでこなかったのを少し後悔しています。当時は、数学に興味が向いており、言葉というものへ憧れがなかったんです。今は言葉の美しさが多少はわかるようになり、今になって読んでおけばよかったな、と思います」

角野さんが開成で得たものは大きかったようです。自分を客観視すること、自分で責任をもって決めてやり通すこと。そして、そんな彼をご両親が見守りました。

私も、「子どもに考えさせ、決めさせる」ことが大切だと理解はしていますが、「見守りながら、待つ」がなかなかできません。つい口出ししてしまい、親の望む方向に誘導したくなります。もっと忍耐が必要ですね。

インタビューは、次回で最終回(10日公開予定)になります。大好きな音楽と数学を続け、ついに音楽家として生きる決意をされた角野さんの考え方や、コロナ禍の親子へのメッセージをお伝えします。

アルバム「HAYATOSM」より。(株)イープラス提供

角野隼斗さんをかたち作るもの

・多様性に触れて、自分を客観的にとらえる
・究める、突きつめるマインド
・知ることを、純粋に楽しむ
・思春期は、自分の土台をつくるためのインプット期間
・自分で決めて、やりとおす
・結果を出す

*音ゲーとは:

コンピューターゲームの一種。プレイヤーが、音楽に合わせて画面で指示されたボタンを押す、ステップを踏む、楽器を模したコントローラを操作する、等の形態をとる。代表的なものは、太鼓の達人。

第一回の記事はこちら
第三回目の記事はこちら

【角野隼斗(すみのはやと)氏プロフィール】
1995年生まれ。父、母、妹の4人家族。2018年に4万人以上が参加したピティナ・ピアノコンペティションの頂点である特級グランプリ、及び文部科学大臣賞、スタインウェイ賞受賞。同年、フランスで音楽情報処理の研究に従事。海外でのリサイタルやコンサート出演も。2020年12月、1stフルアルバム『HAYATOSM』リリース(オリコンデイリーアルバムランキング最高位8位)。同月のサントリーホールソロリサイタルチケットは5分で完売。
角野隼斗 1st.フルアルバム『HAYATOSM』
https://hayatosum.com/archives/discography/1211
■YouTube:https://www.youtube.com/user/chopin8810
■Twitter:https://twitter.com/880hz
■note:https://note.com/880hz

【公演情報】

https://hayatosum.com/live

●NEO PIANO CO.LABO. “Invention”
2021年2月11日(木・祝日)18:30開演 / 20:00終演(予定)、アーカイブ視聴期間は〜2021年2月21日(日)23:59
会場:舞浜アンフィシアター(無観客配信)
出演者:かてぃん(角野隼斗)・菊池亮太・けいちゃん・ござ
■公式ホームページ http://neopianoco.jp/
■チケット購入 https://eplus.jp/neopianocolabo/
*YouTubeで大人気のピアニスト4人が競演。

●光が丘IMAブランチコンサート第9回 ピティナ特級グランプリシリーズ「角野隼斗」
2021年3月27日(土)第1部12:00開演、第2部15:00開演
出演者:角野隼斗
会場:光が丘IMAホール
第1部・第2部:大人2,000円/学生1,500円/小学生以下500円
■チケット購入(3月5日発売開始)https://eplus.jp/sf/detail/3363910001 *第2部は、子どもとファミリー向けの参加型のプログラム。トイピアノやピアニカが登場する「ミニチュア楽器祭」と「リクエストコーナー」も。

取材・文:岡本聡子

撮影:野口けいこ

(この記事は、2021年1月末時点の情報に基づきます)

岡本 聡子

岡本 聡子ライター・経営学修士・防災士

戦略系経営コンサルティング会社を経て、上海にMBA(経営学修士)留学。その経験をもとに『中国のビジネスリーダーの価値観を探る』(『上海のMBAで出会った中国の若きエリートたちの素顔』を加筆・改題)を株式会社アルクより出版。幼稚園児の母。分析・事業開発支援、NPO運営なども行う。oyakobousai@gmail.com facebook.com/okamotosatokochina

岡本 聡子さんの記事一覧 →