子育てママのお悩み解決メディア
こどもの日は何をする?一般的な過ごし方とは

こどもの日は何をする?一般的な過ごし方とは

こどもの日は、5月の連休のうちの1日。兜や鯉のぼりなどを飾って、子供の健康や幸せを願う日とされています。飾りや伝統食についてはよく語られていますが、一般的にはどのように祝ったり、過ごしたりする日なのでしょうか? この記事では、こどもの日の過ごし方について解説します。

こどもの日は端午の節句じゃない!?

「こどもの日」は、国民の祝日として制定されています。ちょうど、ゴールデンウィークのうちの1日なので、家族みんなで過ごすという人が多いのではないでしょうか?

こどもの日と端午の節句が同じものと思われている人がいるかもしれませんが、実は同じものではありません。端午の節句は五節句のうちのひとつで、男の子の健康や繁栄を祝う日とされていました。五節句は、江戸時代から明治時代にかけて祝日とされていましたが、新暦が採用された際に五節句の祝日が廃止になりました。その後、桃の節句と端午の節句を祝日にしようという声が国民から上がりましたが、男女問わずお祝いできるようにと、1948年に制定された祝日法により、5月5日を「こどもの日」という祝日に制定したとされています。

今まで、こどもの日のために兜や鯉のぼり、伝統食などを用意していたかもしれませんが、それは全部、端午の節句を祝うためのものだったのです。こどもの日は男の子の日と思われていた場合は、女の子も一緒にお祝いしていい日なのだと覚えておきましょう。

端午の節句とあわせてしてみよう。一般的なこどもの日の過ごし方と由来

みなさんは、こどもの日をどのように過ごしていますか? 実は、定番の飾りや伝統食はすべて、端午の節句に紐つくものです。5月5日の一般的な過ごし方と、それをする由来についてご紹介します。

1. 五月人形や兜を飾る

端午の節句の飾りには、おうちの中を飾る「内飾り」と、家外を飾る「外飾り」があります。五月人形や兜は、内飾りにあたり、男の子の将来の無事の成長を祈るために飾り、五月人形は子孫繁栄、鎧兜は災害や病気、自己から守ってもらえますようにという意味合いがあります。

2. 鯉のぼりを飾る

鯉のぼりは「外飾り」なので外に飾るのが一般的ですが、最近では紙や布などを使い、おうちの中に飾っている人も多くいます。中国の神話や伝説に登場する龍が関係しており、子の立身出世を願う意味があります。また、鯉は大きく強い魚なので、男の子に強くたくましく育ってほしいとする願いも込められているそうです。

3. ちまきや柏餅など伝統食を食べる

こどもの日の料理として紹介されることが多い、ちまきや柏餅などは、実は端午の節句を祝うための伝統食です。ちまきには厄を払うという役割が、柏餅には子孫繁栄を願うという意味があります。ほかにも草餅やたけのこ、ぶりなど、縁起がいいとされている食べ物が食べられます。住む地域によっても何を食べるのか変わる場合があるので、お住まいの場所では何が食べられているのか、調べてみましょう。

4. アレンジ料理でパーティー

こどもの日のお祝いには、伝統食よりも、飾りをモチーフにしたり、伝統食をアレンジしたりした料理で祝う人が多いです。鯉のぼりをかたどった寿司ケーキやおいなりさん、春巻きの皮で作る兜など、見ても食べても楽しめるアレンジ料理が人気です。

▶︎ こどもの日のアレンジ料理レシピはこちらから|Hanakoママ

5. お出かけで楽しい思い出を作る

こどもの日は、ゴールデンウィークのうちの1日なので、家族みんな休みという場合が多いでしょう。2020年から続くコロナウイルスの流行に伴う自粛生活で、旅行や遠出をすることは難しいかもしれませんが、公園に出かけたり、野外でキャンプやバーベキューをしたりするのも楽しいですよ。

こどもの日は家族みんなで楽しく過ごそう♪

こどもの日は端午の節句とは違うものなので、女の子の成長や健康を願うためにパーティーやお料理を用意するのもアリです。祝日なので、ママやパパだけではなく、遠くに住むおばあちゃんやおじいちゃんなどを招いて、楽しいパーティーを開くのもいい思い出になるでしょう。

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。34歳でASD(自閉スペクトラム症)の診断を受け、自分の過去や特性を研究しながら、発達障害やその疑いに悩む人に向けた記事を執筆します。

きくさんの記事一覧 →