子育てママのお悩み解決メディア
子供の五月病は周囲のフォローが肝心!原因や対処方法をご紹介

子供の五月病は周囲のフォローが肝心!原因や対処方法をご紹介

学生や社会人がかかるイメージのある「五月病」。実は、子供たちもかかることがあります。お子さんを見ていてなんだかいつもと雰囲気が違うな、元気がないなと思うご両親は、ぜひ気にかけてあげてください。この記事では、子供の五月病の原因や対処方法をご紹介します。

子供が五月病にかかる原因とは?

5月に入ると、なんだか今までの力が湧いてこないし、体もだるい。こんな経験がある人も多いのではないでしょうか? その原因は、新年度を迎え、新しい職場や学校、人間関係に順応しようとして無理をすること。ちょうど4月の終わりから、大型連休のゴールデンウィークが始まり、一旦緊張の糸が切れると、学校や会社が始まるときに無気力状態になってしまうのです。

いつも楽しそうにしている子供たちも、例外ではありません。幼稚園や保育所、学校に通い始め、新しい環境や人間関係に心も体もクタクタになっている可能性があります。

これって五月病の症状? 子供が発するサイン

「なんだかいつもと違う感じがする」子供自身がそう思っていても、なかなか言葉にできないでしょう。そんなときに大事なのが、周囲の大人が気づくことです。五月病にかかると、

・朝起きられない

・登園・登校したがらない

・食欲が湧かない

・不機嫌になりやすい

・いつもより甘えてくる

・これまでしていたことができなくなる

・夜眠れなくなる

・めまいや頭痛を訴える

などの症状があります。なかには怠けているような印象を持つ症状もありますが、もちろんそうではありません。このときしてはいけないのが、頭ごなしに子供を問い詰めたり、叱ったりすることです。なるべくゆっくり、子供のペースに寄り添ってあげるようにしましょう。

全部の症状がいっぺんに現れるということはありません。上の症状の中で、ひとつでも当てはまる行動があれば、注意深く様子を見守ってあげてください。

子供が五月病に。親ができる5つの対策

「我が子が五月病かも! どうしたら……?」
子供の五月病には、以下の5つことを基本に対策してみましょう。

1. 子供と話す時間を持つ

子供との会話を通し、今の体調や気持ちを聞き出してみましょう。五月病は、頑張りすぎたり、几帳面だったりする子供がかかることが多いそうです。大人からは、無理をしなくていいこと、何かするにもゆっくりでいいことなどを伝えてあげてください。

2. スキンシップを取る

スキンシップや家族、友達との団欒は、ストレスを軽減させるのに有効だと言われています。幸せホルモンと呼ばれる脳内物質「オキシトシン」が働くことが理由です。子供とお話しするのもいいですし、抱きしめたり、手を握ったりするなどのスキンシップを取ってみましょう。

3. 体調管理をしっかりとする

心の不調は、体の不調と関係していることがあります。五月病になると、睡眠が浅くなることがあるので、その場合は、日中に体を動かす、日光を浴びるなどして、眠りやすい環境を作ってあげましょう。食欲がない場合、無理に食べさせるのはやめ、子供が食べやすそうなもの、好きなものを用意してあげるなど、工夫してあげるといいでしょう。

ゴールデンウィーク明けはどうしても疲れが出てしまうもの。休み中は目一杯遊ばずに、最後の1日はおうちで過ごして体を休めてあげてください。

4. ゆっくりなこと、できないことを責めない

五月病になると、今までできていたことができなくなることがあります。動きもなんだかゆっくりで、見ている大人はイライラしてしまうかもしれません。このとき、大人は焦らず、子供ができないことを受け入れ、できていることを褒めてあげるようにしましょう。受け入れられているという感覚は、子供たちに安心感を与えます。

5. 園や学校の先生に連絡しておく

おうちで子供の様子がおかしいと思う場合は、園や学校の先生に連絡し、最近の様子を相談してみましょう。先生たちは子供についてのスペシャリストなので、何かしらのアドバイスをいただけたり、子供へのフォローをしてくれたりするかもしれません。登園が始まってからも、相談しておくと、先生もお子さんのことを特に見てもらえますし、親の目が届かない場所でも、見守ってくれている、という安心感につながります。

体の病気が隠れていないかもチェック!

だるそう、やる気がなさそう、食欲がないなどの症状は、五月病以外でも起こりえます。ちょっと気になる症状がある場合は、放っておかず、かかりつけの小児科や専門家に相談してみましょう。

また、五月病も放っておくと本格的なうつ病になってしまう可能性があります。様子を見ても本調子にならない場合は、専門家に相談することをおすすめします。

【参照サイト】

担任教師必見! 5月病の子へのNG対応&OK対応|教育ZINE

子供の五月病について|浜松市子育て情報サイト「ぴっぴ」

スキンシップと団欒はオキシトシンを介してストレスを解消させる:会長講演|第39回生命情報科学シンポジウム

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。34歳でASD(自閉スペクトラム症)の診断を受け、自分の過去や特性を研究しながら、発達障害やその疑いに悩む人に向けた記事を執筆します。

きくさんの記事一覧 →