子育てママのお悩み解決メディア
ゴールデンウィークは何処に行く? アートを通して生態系を学ぶ旅に出よう!

ゴールデンウィークは何処に行く? アートを通して生態系を学ぶ旅に出よう!

皆さんこんにちは。子育てアドバイザーの河西ケイトです。もうすぐ5月。今年のゴールデンウィークの予定は、決まりましたか? 今回はひと足早く、森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレスさんへ「生態系を学ぶ旅」に出かけてきました。

描いた絵がそのまま動き出す不思議な空間

一番始めに訪れたのは、描いた絵がそのまま動き出す不思議な空間です。絶滅のおそれがある野生生物(通称レッドリスト)に登録されている生物が描かれた塗り絵が置いてあり、子どもたちは自由にその塗り絵を選んで塗ることが出来ます。好きな色で好きなように塗り終え、係の方にスキャニングをお願いすると……、数秒で自分が塗った生物たち(「オオサンショウウオ」「カエル」「蛇」)が山々と深い谷を自由に動き回ります。私は臭蛇という自分の身に危険が迫った時に、臭い匂いを出す蛇を選んだのですが、なんとスキャニングされてしばらく自由に動き回った後に、オオサンショウウオに食べられてしまいました。食べられてしまった瞬間に、悲しい気持ちになりましたが、これが自然界の摂理。オオサンショウウオは蛇を食べ、蛇はカエルを食べる。オオサンショウウオだけが増えてしまえば、食べるものがなくなり絶滅してしまうし、反対に蛇だけが増えても生態系は崩れてしまいます。自分が描いた生物を通して目の前で繰り広げられる生態系のあり方を学ぶ事ができました。

器から花が舞い散る不思議な空間

続いては、カフェ『EN TEA HOUSE 幻花亭』へ。ここでは、3月20日に登場したばかりの「六条麦茶ラテ」をいただきました。優しい甘みと香ばしさが香るノンカフェインのラテは、国産の六条麦茶と牛乳に香川さんの和三盆で甘みを加えたドリンクです。ノンカフェインなので小さなお子様から大人までが楽しめる事ができます。『EN TEA HOUSE 幻花亭』は、舌で楽しむだけでなく、目でも楽しむことが出来ます。目の前に置かれた六条麦茶ラテを一口飲んで、テーブルに戻すと、器に咲いていた花が散り、テーブル全体が色鮮やかになります。その美しさにしばらく時を忘れてしまいそうでした。

館内をより楽しむなら専用アプリをダウンロードして!

『EN TEA HOUSE 幻花亭』の後は、チームラボのアプリを使い、館内の様々な場所をめぐりました。常に変化し続ける館内は、同じところで同じ作品が必ず見られるとは限りません。作品名を知りたいときも、アプリをDLしておくと「この作品の名前を知りたい!」と思った時に、すぐに検索をすることが出来ます。

私が1番印象に残ったのは、大きな縄がハンモックのように張り巡らされた空間です。ここでは寝転びながら天井に映し出される作品をじっくりと観る事ができ、天井がアーチになっているので、立体感や臨場感がすごく、そのスケールの大きさにきっと大人も子どもも感動することでしょう。足元が少し安定がしない場所なのですが、だからこそ楽しさがより増すのかな? とも思いました。

最後は、メインとも思われる大きな広場へ。

ここでは、天井から滝のように水が流れていました。実はこの水は、一番始めに訪れた生態系を学んだ山々や谷に流れていた水と繋がっているとのこと。沢山の水が流れていたことで、ここの広場でも滝のように水が落ちているとのことでした。幻想的な風景が広がる景色や、実際に触ると水が弾く様子には、小さなお子さんもきっと興味をもつこと間違いなしだと思われます。

「自然を守ろう!」と言葉だけで子どもたちに「自然」を説明することはとても難しいことです。しかし、こうした場所で遊びの体験を通して学ぶことが、子どもたちにはとても大切なのでは? と改めて感じました。館内の所々で「命のつながり」や「自然環境の循環」を学ぶことも出来ましたし、観光スポットにはどこにでもあるペットボトルの自動販売機はここにはありません。しかし、お水を入れることができるサーバーは完備しています。ペットボトルを廃止することが、自然環境にどのような変化をもたらすのか? を考えるいい機会にもなっています。

今回は、ゴールデンウィークが近いことと4月22日がアースデイということもあり、一足早く自然を学ぶ旅にでかけてきました。旅をただ楽しむだけでなく、プラスして環境についても学ぶことができ、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。ゴールデンウィークの予定が決まっていないご家庭は是非、森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレスへ訪れて遊びながら学べる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

teamLab Borderless, Tokyo©teamLab

河西 景翔

河西 景翔子育てアドバイザー

小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。

河西 景翔さんの記事一覧 →