子育てママのお悩み解決メディア
着床痛って本当にあるの?着床痛の原因や痛み方について紹介

着床痛って本当にあるの?着床痛の原因や痛み方について紹介

「着床痛」という言葉をご存知でしょうか?「着床時に痛みを感じた」という人もいれば、着床したと思われる時期に全く痛みを感じなかった人もいます。着床痛は本当にあるのか、また、痛みが起こる理由や着床痛に似た症状などについて解説します。

着床痛とは?

実際のところ、着床によって痛みを感じることはありません。しかし、中には着床したと思われる時期に痛みを感じる方もいます。着床には痛みを伴わないのに、なぜ痛みを感じることがあるのかについて見ていきましょう。

着床時期に生じる痛み

妊娠を意識しているときには、身体のちょっとした変化についても敏感になることがあります。普段は気にならないような痛みも、「もしかして着床?」と反応することもあるでしょう。

着床痛に医学的な根拠はない

そもそも卵子と精子はとても小さく、受精した瞬間に生まれる刺激を「痛み」として感じることはなく、着床痛も存在しません。しかし、特に妊娠を意識している方なら体の変化に敏感になるため、子宮の収縮やお腹の張りを「痛み」として感じることはあるでしょう。

着床痛の特徴

着床痛と呼ばれることがある着床時期前後の痛みには、どのような特徴があるのでしょうか。よくある特徴について紹介します。

腹部・腰部の痛み

着床時期の前後に腹部や腰部に痛みを感じる方がいます。痛みの種類はズーンとした鈍い痛みやチクチクとした違和感を感じる痛みなど、人によってさまざまです。

痛み以外にも頭痛や吐き気

痛み以外にも頭痛や吐き気などを感じることがあるでしょう。また、妊娠により体温が上昇するため、倦怠感やボーッとした感じを覚える人もいます。

着床時期の痛みは個人差がある

着床時期に軽い痛みが生じる人もいれば、生理痛のように重たい痛みを感じる人もいます。もちろん全く痛みがない人もいます。

痛みの理由として考えられる病気・症状

妊娠を意識している方なら、身体の変化に敏感になるため着床時期に痛みのような感覚を感じることがあります。しかし、はっきりとした原因があって痛みが起こっていることもあります。

PMS

PMS(premenstrual syndrome)は月経前症候群を意味し、月経前に生じる症状のことです。精神的にイライラしたり、腹痛や頭痛、倦怠感などの身体的な症状が出たりすることがあります。月経前に生じるため、月経が始まれば症状が和らぐことがほとんどです。

卵巣痛

卵巣痛は排卵に伴い、卵巣に痛みが生じます。卵巣は下腹部の左右に1つずつあるため、どちらか片方だけ痛んだり、交互に痛みが生じたりするケースがあります。基本的にはズキズキとした痛みが生じますが、数日程度で収まることが多く、特に心配することはありません。

痛みが続くときは医療機関に相談してみましょう

着床痛によって痛みが生じることはありませんが、着床時期に痛みを感じる方はいます。痛みが続く場合は、医療機関で相談してみましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →