子育てママのお悩み解決メディア
子供が寝すぎてしまう原因とは? 原因や対策を解説

子供が寝すぎてしまう原因とは? 原因や対策を解説

子供の成長や健康に欠くことができない「睡眠」。寝る子は育つとよく言われますが、寝すぎてしまっている場合は注意が必要です。子供が寝すぎてしまう原因とは、一体何なのでしょうか? 対策も併せてご紹介するので、子供の睡眠に不安を感じている人は、ぜひ参考にしてください。

うちの子、寝すぎな気がする……

子供の寝付きの悪さや寝てくれないことに悩むママやパパの話はよく聞きますが、子供の寝すぎに悩む人も多くいます。人間にとって必要な睡眠時間は年齢によって異なります。子供の場合は、1〜2歳で11〜14時間、3〜5歳で10〜13時間、6〜13歳で9〜11時間、14〜17歳で8〜10時間です。皆さんのお子さんはどうでしょうか?

子供の寝すぎ。考えられる原因とは?

子供の寝すぎには、いくつか原因や理由があります。主な原因として挙げられる3つ症状・病気について解説します。

睡眠不足

日々の睡眠時間が短くなると、昼間に強い眠気を引き起こします。これを「睡眠不足症候群」と呼びます。

日本人の睡眠時間は世界で一番短いとされており、大人だけではなく、子供も例に漏れません。理由は、学校や塾、習い事などで多忙なこと、スマホやゲーム、SNSなどの影響、また大人の生活リズムに合わせることで、自然に睡眠不足になってしまうことが挙げられます。

睡眠不足と聞くと、放っておけばそのうち良くなるだろうと思われるかもしれませんが、自覚がない人が多くいるそうです。睡眠不足を解消する鍵は、しっかり睡眠を取ることです。お子さんが夜更かししている、日中も眠たそうという場合は、夜きちんと眠れる環境づくりをして、たっぷり睡眠を取れるようにしてあげてください。

ナルコレプシー

ナルコレプシーは、時間や場所を問わず、どこでもいつでも居眠りしてしまったり、睡眠中に睡眠麻痺(金縛り)、入眠時幻覚などを起こしたりする睡眠障害です。脳内物質の一種「オレキシン」の欠如が影響していると言われているので、睡眠不足を解消するだけでは解決しません。専門家を受診し、薬物治療や睡眠指導を受ける必要があります。

睡眠覚醒リズム障害 

思春期の子供に多いとされる「睡眠覚醒リズム障害」。何らかの原因で体内時計のずれが修正できず、睡眠・覚醒リズムに乱れが生じる病気です。体内時計と外界とのずれで、眠気や頭痛・倦怠感・食欲不振などの身体的な不調が現れます。日中具合が悪いので勉強についていけなかったり、不登校になったりしてしまう子供もいるそうです。理由がわからず、心細い思いをすることもあるので、思い当たる症状があれば、早急に医療機関へ相談しましょう。

子供の寝すぎを防ぐためにできる3つのこと

子供の寝すぎを病気かもと疑う前に、試して欲しいことをいくつかご紹介します。睡眠不足や過眠が続いている場合は専門家へ相談すべきですが、最近子供を見ていて調子が悪そうだなと思う場合は、まず以下の3つを試してみてください。

1. 毎日早寝早起き

休日だからと朝寝坊していると、体内時計が狂って睡眠不足を起こす原因に。子供がよく眠れていない、寝過ぎていると感じる場合は、毎日の寝る時間、起きる時間を統一、リズムを整えてあげるといいでしょう。

2. 日中体を動かす

早く、そしてぐっすりと眠るためには、ある程度体を疲れさせるのがおすすめです。週末は家族で公園へ出かけたり、体を動かす習い事を始めたり、気分がリフレッシュする、体力を消耗するアクティビティを生活に取り入れてみてください。

3. 家族で睡眠時間を見直す

親が遅くまで起きているからという理由で、夜眠れない子供たちがいます。親である自分たちがちょっと夜更かししているなと思う場合は、家族で睡眠時間やライフスタイルを見直すのもいいでしょう。

過眠が続いている場合は早めに医療機関へ相談を

睡眠は子供の発育に欠かせません。過眠や睡眠不足が続いている場合は、早めに医療機関を受診できると安心です。また、家族で夜更かし気味だったり、寝坊が多かったりという場合は、一度家族で入眠時間や生活習慣を見直してみましょう。

【参照サイト】

・子どもの睡眠|e-ヘルスネット(厚生労働省)https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-007.html

・子どもの睡眠障害|昭和大学病院附属東病院 睡眠医療センター https://showa-sleep.jp/child_page/

・睡眠・覚醒リズム障害|e-ヘルスネット(厚生労働省)https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-006.html

・睡眠不足症候群|e-ヘルスネット(厚生労働省)https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-029.html

・昼間の眠気-睡眠時無呼吸症候群・ナルコレプシーなど過眠症は治療が必要|e-ヘルスネット(厚生労働省)https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-002.html

・未就学児睡眠指針|厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/content/000375711.pdf

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。34歳でASD(自閉スペクトラム症)の診断を受け、自分の過去や特性を研究しながら、発達障害やその疑いに悩む人に向けた記事を執筆します。

きくさんの記事一覧 →