子育てママのお悩み解決メディア
PTA不参加は可能?不参加のメリット・デメリットを徹底解説

PTA不参加は可能?不参加のメリット・デメリットを徹底解説

学校関係の活動は、会社との関係とは全く異なる独特の雰囲気と空気感があります。中には、その雰囲気が苦手だと感じる方もいるようです。しかしながら、デメリットばかりではありません。どのようなメリットがあるのかをご紹介いたします。

PTAってどんな組織?絶対に参加しなきゃダメ?

初めてお子さんが学校に入る方は、PTAについてあまり知らない方も多いのではないでしょうか? 

PTAとは?

PTAとは、 Parent-Teacher Associationnを略した名称です。児童や生徒は含まれておらず、先生と保護者から成り立っている団体です。児童や生徒のために無償で活動が行われており、それぞれの学校で運営されています。

PTAの加入は強制? 不参加は可能?

子供が学校に入ったら、必ずPTAに入る必要があると認識している方も多いようですが、実は強制的に加入されるものではありません。あくまでも任意での参加であり、本来は参加する気持ちがなければ参加しなくても良いことになっています。

PTAに入らないメリットとは?

中には、できればPTAに入りたくないと考えている保護者の方もいるでしょう。入らないことで得られるメリットもあります。

保護者の負担が減る

学校によって、活動内容が異なっており、集会が行われる時間帯や頻度にも違いがあります。
加入すると、どうしても保護者の負担も増えるため、それが避けられるのが加入しないメリットの一つと言えるでしょう。

苦手な保護者たちと関わる機会が減る

PTAに加入することで、プライベートであれば決して関わることがなかったような方とも、時間を共にすることが出てきます。様々な考え方を持っている方たちの中には、苦手だと感じる方もいると思いますが、そういった方と関わらなくて良いのも良いと思える理由でしょう。

役員決めの緊張感から解放される

多くの方は、可能であれば役員を引き受けたくないと思っているようです。そんな中で毎年行われる役員決めは、誰もが緊張する瞬間とも言えます。加入しなければ、こういったことを避けられます。

PTAに入らないデメリットとは?

PTAに入らない場合、どのようなデメリットが考えられるのでしょうか? 

退会後の保護者たちとの関わり方が難しい

退会した後、他の保護者と気軽に関わるということが容易ではなくなるため、中には不便に感じたり寂しく感じたりする方もいるようです。

会費を払わないことで陰口や不利益があることも

さまざまな陰口や噂話などのターゲットになりやすいのも、デメリットの一つです。会費を払わないことも、悪く言われやすくなる理由です。

学校の情報を収集しにくくなる

学校に足を運ぶことが少なくなり、他の保護者との関わりも少なくなるため、情報を得にくくなります。
ただし、本当に必要な最低限の情報は、何らかの方法で得ることもできるため、他の保護者との付き合いが無くなることに抵抗がない場合、あまり気にする必要はないでしょう。

PTAに入る・入らないは個人の自由

PTAへの加入は、強制ではありませんので、あくまでの自分の意思で判断してください。加入するメリットもデメリットもありますので、よく考えて答えを出すと良いでしょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →