子育てママのお悩み解決メディア
PTA役員の断り方は?断る理由別の文例をご紹介!

PTA役員の断り方は?断る理由別の文例をご紹介!

子供が学校に入ると、PTA役員の話が出てきます。様々な価値観が考え方を持つ大人の方とやり取りすることになり、苦労される方も多いようです。また、PTAならではの貴重な体験ができることから、引き受けて良かったと感じる方もいます。何らかの理由があり、引き受けるのが難しい場合、どのように対応したら良いのでしょうか?

PTA役員は絶対に引き受けなきゃダメ?

職場とはまた違った独特の空気感があるPTA活動。基本任意となっているため、本来は参加不参加は自由なのですが、断りにくい雰囲気があるところも多いようです。仕事をしている女性が多く、忙しい方が多い時代。できるだけ面倒なことは避けたいと考えている方も少なくないでしょう。また、本当に自分がやり遂げられるのか自信がなくて戸惑っている方も多いのではないでしょうか?

基本的に在学中に1役やるのが基本

絶対に、PTA役員をしなければならないといったルールはありません。しかし、様々な理由から断りにくくなる場合が少なくありません。学校によっても異なるものの、よほどのことがない限り断るのが難しいようです。在学中に1人1役やるのが基本になっているところもあります。また、人数が少ない学校などもあり、2役、3役をこなすことになる場合もあるようです。

働いていても役員を断れない?

仕事をしているということが、役員を断る理由にはなりません。なぜなら、多くの人が仕事をしながら子育てをしている状態だからです。また、専業主婦だけに押し付けてしまうのも、不公平感があります。

PTA役員の断り方(文例集)

年上の方や、威圧感がある方からのお誘いに断るのはなかなか勇気がいるかもしれません。はっきりと、なおかつ謙虚に理由を伝えて、理解してもらえるようにしましょう。役員を断るときは、誰もが納得できるような理由を添えて伝えることが必要です。

下の子が小さい・妊娠中

現在妊娠中であることや、まだ小さな子どもがいる方は、それを理由にしてみても良いでしょう。「下の子を預ける人がいないのでお受けできません」などでも良いでしょう。

子どもや自分に持病がある

子どもや自分に持病があることも理由になります。抵抗があるかもしれませんが、学校や保護者に公言しても良いと思うなら、病気であることを伝えてみるのも良いでしょう。「週一で通院しているのですみませんが参加できません」など、具体的に伝えてみてください。

家族の介護が必要

介護をしている方は、それを理由にしてみてください。「義母を介護しており、私の代わりに看てくれる人がいないので難しいです」などもお勧めです。

転勤の可能性がある

自分や家族が転勤がある勤め先であれば、「転勤族なので、今年転勤する可能性もあります。途中で抜けてしまうかもしれませんが大丈夫ですか?」などと伝えてみるのも良いでしょう。

納得できる断り方で学校とうまく付き合いましょう!

実際にPTA活動をしてみると、想像以上に楽しかったり良い体験になったりと、引き受けて良かったと思うこともあります。しかしながら、どうしても引き受けるのが難しい場合もあるでしょう。断るときは、理解してもらえるように、納得できるような理由を伝えてください。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →