子育てママのお悩み解決メディア
子育てママはみんなやってる?生活のルーティン化で効率アップ

子育てママはみんなやってる?生活のルーティン化で効率アップ

子育てをしていると、子どものことに時間を取られ、家事や自分の支度の時間がなかなか取れないというママも多いでしょう。朝バタバタしてしまうママは、一度生活のルーティンを見直してみてはいかがでしょうか。

効率良く時間を使うことで、子どもによい影響を与えられることも。この記事では子育てママが実際にしているルーティンを参考に、ルーティン化のコツをお伝えします。

朝家事派、夜家事派それぞれのルーティン

小さな子どもがいる子育て世帯は、子どもが起きていると家事が捗らないため、寝ている間に家事を済ませる方が多いようです。子育てママに多かった、朝家事派と夜家事派のルーティンをご紹介します。

朝家事派は子供が起きるまでに家事 

朝早めに起きて、初めに洗濯やリビングの掃除をします。朝はママも頭が働かないので、頭を使わない家事から始めるという方が多かったです。家事が一段落したら、自分のメイクを済ませておき、朝ご飯の準備をし、子どもやパパを起こすというルーティン。

自分の準備が終わっていると、少しは朝のバタバタから解放されますね。 朝早く起きるので、夜は子どもの寝かしつけと一緒に寝落ちするという方もいました。

夜家事派は寝かしつけてから家事

朝はどうしても時間に追われてバタバタしてしまうので、夜子どもを寝かしつけ、落ち着いてゆったりと家事をする方もいました。夜のうちに次の日の準備まで済ませておけば、朝慌てずに済みます。朝早く起きるのが苦手という方は、夜家事のルーティンがピッタリですね。

上手くルーティン化させるポイント

効率良く時間を使えるようにルーティン化するには、どうすれば良いのでしょうか?まずは、子育てママのルーティンを参考に自分の時間の使い方を見直してみましょう。

少しの時間も無駄にしない「ながら家事」

時間を上手に使う子育てママは当たり前にやっている、「ながら家事」を取り入れてみましょう。例えば、歯磨きをしながら洗面台の掃除をするなど、小さなことでも時間を無駄にしない姿勢が大切です。ながら家事をルーティン化することで、時間の短縮にも繋がります。

同時進行スタイルで時短

夕食を作りながら、次の日の朝ご飯の一品を作っておくなど、同時進行スタイルを取り入れている方も多いです。大変そうに感じますが、少しでも時短になる努力を積み重ねることが、次の日のママの心と時間の余裕にも繋がります。

ルーティン化することで子供にも影響が

子どもの生活もルーティン化することで、嬉しい影響もあるようです。

自分で考えて行動するように

朝起きて、顔を洗う、着替えをする、ご飯を食べる、などの簡単なルーティンを決めておくことで、子どもは親から言われなくても自然に行動するようになることも多いようです。

小さな子どもには、「次はお着替えしようね」などと優しく、根気強く伝えることが大切ですが、少しずつできるようになってくると子どもの自信にも繋がります。

自分にあったルーティンで時間の有効活用を

時間に余裕が無いと、どうしてもイライラしてしまいがちです。時間を効率的に使うためにも、まずは自分にあったルーティンを見つけることから始めてみましょう。

少しずつ習慣になってくると、時間に余裕ができ、バタバタからも解放されてきます。今回ご紹介したルーティンを参考に、自分に合うものを取り入れてみてくださいね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →