子育てママのお悩み解決メディア
保護者会での挨拶は何を言えばいいの?流れやポイント、例文も紹介

保護者会での挨拶は何を言えばいいの?流れやポイント、例文も紹介

新学期などの最初の保護者会では、自己紹介をかねて1人ずつ挨拶をすることがあります。毎回緊張してしまい、何を言えばいいかわからないという方もいるでしょう。今回は、保護者会での挨拶の流れやポイントについて紹介します。

保護者会の挨拶で言うことは?

担任の先生から、保護者の方に挨拶してもらいましょうという流れになった場合、どんなことを言えばいいのでしょうか。

子どもの名前と自分の名前

保護者会での挨拶では、まず「○○の母で□□と申します」と、まずは子どもの名前と自分の名前を言いましょう。自分の名前を言うのが恥ずかしいという方は「○○の母です」でも構いません。

子どもの名前と保護者の顔が一致することで、子どもと仲良しの友達の保護者を知ることができ、保護者会のあとに声をかけることもできるのです。

子どもの性格や伝えておきたいこと

次に、自分の子どもについての話をします。例えば兄弟がいる、恥ずかしがり屋というようなどんな性格なのか、こんな習い事をしているなど、どんなことでも構いません。

具体的に話すことで記憶に残り、子どもから名前が出たときに、ああ、○○さんねと思い出してもらえるでしょう。

締めの言葉

「1年間、どうぞよろしくお願いします」などの、締めの言葉で終わりましょう。緊張して話すだけ話して、さっと座ってしまっては、終わったのかどうかわからないからです。

最後に、「よろしくお願いします」としっかりと締めの言葉で終わりましょう。

保護者会での挨拶のポイント

緊張してしまう保護者会の挨拶ですが、事前にポイントを押さえておくといざという時に慌てなくて済みます。

時間は短く簡潔に

クラスの人数にもよりますが、だいたい30人前後だと考えて、1人30秒~1分くらいを目安に挨拶をしましょう。30人いて1人1分としても全員が終わるには30分かかることになります。

1分以上話せば時間通りに終わらなくなり、そのあとに予定がある人にとっては大迷惑です。あれもこれもと欲張らず、スッキリと簡潔に話すようにしましょう。

ゆっくり丁寧に話す

緊張のあまり、声は小さく、ぼそぼそと話してしまったり、早口になったりすると、何を話しているのかわかりません。話す時は大きな声でゆっくりと丁寧に話すのがポイントです。

どうしても緊張してしまう方は、最初に「こんにちは」「はじめまして」など、大きな声を出すようにするといいでしょう。

保護者会での挨拶文の例文

いきなり自己紹介や挨拶をするのは、緊張してしまいますし、何を話していいのかわからないというママのために、簡単な例文を紹介します。

はじめまして。○○の母の□□と申します。上に○年生の兄がいます。元気があるのはいいのですが、活発すぎて、その上負けず嫌いな性格です。毎日学校に行くのが楽しいと言っているので、安心して送り出しています。これから1年間、親子ともども仲良くしてください。どうぞよろしくお願いします。

保護者会の挨拶は短くスマートにまとめよう

みんなの前で挨拶するのは緊張しますが、ポイントを押さえ、事前に何を言うのか考えておけば必要以上に怖がることはありません。短い中に言いたいことをぎゅっと詰め込み、スマートに挨拶をしましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →