子育てママのお悩み解決メディア
距離感が大事! ママ友とトラブルを起こさないためにできる5つのこと

距離感が大事! ママ友とトラブルを起こさないためにできる5つのこと

子供が保育園や幼稚園、小学校などに上がると、人間関係に新しく登場する「ママ友」。先輩ママやネットなどを通して、何かと厄介な話を聞くことも多いでしょう。「ママ友って子供について同じ悩みを持つ友達のような存在じゃないの?」と思っている人は要注意です。この記事では、ママ友とトラブルを起こさないためにできる5つのことをご紹介します。

ママ友はどんな存在ですか?

ママ友は、子育てしているママ同士のことを指します。保育所や幼稚園、小学校などのクラスメートのママを思い浮かべてもらえるといいでしょう。初めて子供を育てている新米ママの中には、このママ友関係が心配という人も多いのではないでしょうか?

子供を介して知り合ってはいますが、ほかの人間関係と同じ、やはりトラブルは付き物です。マウンティングやいじめなどの話もよく聞きますよね。

しかし、心配しすぎは禁物。ママ友は同じ年頃の子供を持ち、同じような悩みを持つ人たちでもあります。関係が良好な場合は、学校や子供のことで助け合いや連携プレーができる場合も。

なんだか複雑な関係性ですが、ママ友関係を良好にするためには、一体どんなことに気をつけるといいのでしょうか?

ママ友は自分の友達じゃない

ママ友関係を築くときに気をつけたいのが、ママ友との距離感。距離はママ友との関係だけではなく、人間関係全般のテーマです。このくらいの距離! という指針はありませんが、ママ友は子供の友達のママであって、自分の友達じゃないということを覚えておくといいかもしれません。

そんな、仲はいいけど自分の友達じゃない人と、皆さんはどのように接しますか? 感情をむき出しにしたり、悪口を言いあったりすることはしないですよね。

もしママ友とのトラブルを事前に回避したいと考えている人がいれば、以下の5つのことを気をつけてみてください。

ママ友とトラブルを起こさないためにできる5つのこと

ママ友との関係は、ほかの人間関係と同じく距離感が大事になります。家族であれ友達であれ、距離感を間違えるとトラブルが起きやすくなるのです。ここではママ友との関係のなかで気をつけたいことをまとめました。ママ友との関係に悩みがある人、これからママ友とどう付き合っていくか考え中だったという人は、ぜひ参考にしてください。

1. あいさつを欠かさない

あいさつは人間関係の基本です。ママ友関係が苦手という場合やグループに属していなくても、気持ちよく挨拶できると周りに良い印象を与えることができます。トラブルがあったときも、お互いあいさつできれば元の関係にも戻りやすくなりますよ。また、ママ友が欲しいけどできない人は、あいさつできると相手からも話かけられやすくなって、人の輪を広げやすくなるはずです。

2. SNSは時間を決め、ママ友専用アカウントで対応

InstagramやFacebookといったSNS。楽しくて便利ですが、使い方によっては人間関係のトラブルの元になるケースも。写真や情報を発信するSNSは、ママ友専用アカウントと家族、友達のアカウントを分けて作っておくと便利です。連絡手段として欠かせないLINEは複数アカウントを作ることがむずかしいので、見る時間や返信する時間を決めておくといいでしょう。時間を決めておくと、返事の催促がうるさいママ友にも無理なく説明できます。

3. ネガティブな話は様子見で

あまりネガティブな話は禁物です。愚痴や悪口などを通してつながるママ友もいますが、「そんなことに時間を割きたくない」というママも多くいます。ママ友関係も仲が深まってくるとほかのママ友の話や旦那さん、義父母などの話をすることは自然ですが、相手のキャラクターやママ友としての距離感などを見極めて話題選びをするのがおすすめです。

4. 関わりすぎない

プライベートなことには、あまり関わりすぎないようにしましょう。子育て中のママは視野が広いので、子供や家族のことで困っていそうな人を手伝ったり、助けたりしてあげたいと思うこともあるはずです。ただし、ママ友の中にはプライベートのことに関与してほしくない人もいます。一旦は様子を見て話を聞き、相手が助けを必要としている場合に初めて関わるくらいがちょうどいいです。心配や興味が先立って行動してしまうと、ママ友界のモンスター「距離なしママ」認定されてしまう可能性も考えられます。

○ 「距離なしママ」ってどんな人?
あなたの周りにもきっといる。”距離なしママ”への対応策は?|Hanakoママ

5. 無理をしない

ママ友関係だけではないですが、人間関係に無理は禁物です。無理が祟ると、トラブルや心の健康を害する危険があります。ママ友との関係が良好でも「あのママ友ちょっと苦手だな」とか「今日はママ友の集まりに出かけたくない」など、小さなストレスや不満が心に溜まることがありますよね。この小さな思いに気づいたら、そのママ友とは少し距離を置いたり、その日の集まりには参加しないと決めたりするなど、無理のない選択をするようにしてください。そのときはダメでも、数時間から数日経つと嫌だと思っていた気持ちが消え、関係や状況を前向きに捉えられる場合がありますよ。

適度な距離を保ってママ友と仲良くなろう!

ママ友は、友達だけど友達じゃないちょっと特殊な存在ですが、仲が良好だといいことがたくさんあります。適度な距離を保つことで、楽しい時間を共有したり、ママ友以上の関係になったりすることも可能です。ママ友関係に慣れていない、今年初めてママ友ができたという人は、まずは焦らず、挨拶をきちんとすることから始めてみましょう。

ぜひ参考にしてほしいママ友ストーリーはこちら
「ミキティの育児365日」vol.20 ママ友っている?いらない?|Hanakoママ
些細な悩みを共有できる存在。ママ友のススメ|Hanakoママ

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。34歳でASD(自閉スペクトラム症)の診断を受け、自分の過去や特性を研究しながら、発達障害やその疑いに悩む人に向けた記事を執筆します。

きくさんの記事一覧 →