子育てママのお悩み解決メディア
女性も男性にもおすすめ!妊活の食事における理想の献立を紹介

女性も男性にもおすすめ!妊活の食事における理想の献立を紹介

妊活する夫婦は、食事から必要な栄養をたくさん摂取して健康に留意することが大切です。ただ、どのような栄養素をとればいいか分からない人も多いかもしれませんね。

そこで今回は、妊活に励む夫婦におすすめの理想の献立を紹介します。

妊活の食事における理想の献立

まずは、理想の献立の軸となる主食・主菜・副菜から見ていきましょう。

食事の中心となる「主食」

主食に、米やパンなど白い食べ物はなるべく控えるのがおすすめ。米やパンなど白く精製された食べ物は糖質が高く、過度に摂取しすぎると卵巣機能が低下することもあります。

メインのおかず「主菜」

妊娠力を高めるには肉や魚などの動物性タンパク質と、豆腐や納豆などの植物性タンパク質をバランスよく食べるのがおすすめです。バランスよく摂取できれば、妊娠に向けた健康な体をつくれるでしょう。

主菜以外のおかず「副菜」

副菜には、さまざまな栄養素を含む野菜を取り入れるのがおすすめ。例えば、アボカドやほうれん草に含まれるビタミンEとブロッコリーに含まれるビタミンCを同時にとることで、抗酸化作用が発揮されます。卵子や子宮内膜、精子の質の向上を期待できるでしょう。

妊活中の食事で避けるべき食べ物

ここからは、妊活する夫婦には良くないとされる食べ物を紹介します。妊活の妨げになることもあるので十分に注意しましょう。

保存料や化学調味料が含まれるもの

少し小腹が空いたときに食べたくなる、スナック菓子やインスタント食品。手軽に食べられる便利な食べ物ですが、スナック菓子やインスタント食品には妊活中に避けたい保存料や化学調味料が多く含まれています。

どうしても何か食べたいときは、無糖のヨーグルトかバナナがおすすめです。

糖質が多く含まれるもの

ジュースなど甘い飲み物は糖質が多く含まれるので、妊活中はなるべく避けましょう。なぜなら糖質の過剰摂取は体内のビタミンやミネラルを消費するため、妊娠に必要な栄養素が減少してしまうからです。

妊活の妨げになるのでジュースはもちろん、糖質が多く含まれる米やパンも控えましょう。

妊活中の食事で心がけたいこと

ここからは、妊活する夫婦が食事で心がけたいことを見ていきましょう。

夫婦で同じ食べ物をとる

妊活は、女性だけが行えばいいというわけではありません。男性も食事から必要な栄養素をとることで精子の質が向上し、妊娠力もより高められます。夫婦で同じ食事を用意して、お互いにバランスよく栄養素がとれるようにしましょう。

サプリやプロテインも活用する

妊活中とはいえ、時には食事を用意するのが大変なこともあるでしょう。理想の献立にこだわりすぎると、それが逆にストレスになり妊活の妨げになることも。そんなときは、かかりつけ医に相談してから、手軽に栄養がとれるサプリやプロテインをうまく活用しましょう。

妊活中は毎日の食事を管理することが大切! 

妊活しているなら、バランスのとれた食事から必要な栄養素をとって体内から妊娠体質をつくることがとても大切です。ただ、時には料理が作れないこともあるでしょう。

そんなときは、かかりつけ医に相談してから、サプリやプロテインを活用することができます。自己判断せずに、まずは医師に相談して、栄養バランスの良い食生活を目指しましょう!

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →