子育てママのお悩み解決メディア
不妊治療の金額は状況によって異なる!治療内容ごとの費用の目安とは

不妊治療の金額は状況によって異なる!治療内容ごとの費用の目安とは

不妊検査をしたのち、それぞれに合った不妊治療が行われます。不妊治療は状況によってかかる金額が異なります。自分のする不妊治療は、どれぐらいの費用がかかるかの目安を知っておけば、治療法について病院との相談も可能です。

また不妊治療には国から助成金を受け取れることもあることも理解しておきましょう。今回は不妊治療の内容ごとにかかる金額について紹介します。

一般的な不妊治療にかかる金額目安

不妊治療は、保険適用される「タイミング法」と、保険適用外の「人工授精」「体外受精」があります。それぞれにかかる金額の目安を知っておいて、実際に治療する際の参考にしてください。

【保険適用】タイミング法

「タイミング法」は、保険適用の治療法です。金額の目安は1回数千円で、比較的受けやすいといえます。治療の内容は、検査結果から排卵日を予測し、妊娠しやすい日を医師から指導してもらいます。

排卵日を見計らって性行為をすることで、妊娠を目指すものです。直接的な治療ではないため、不妊治療として始めやすい方法です。

【保険適用外】人工授精

「人工授精」は、保険適用外の治療法です。金額の目安は1回で1~2万円となっています。治療内容は、排卵の時期に合わせて人工的に精子を送ります。精子を直接入れることで妊娠を目指すため、自然妊娠に近い方法です。

身体への負担、経済的負担が少なくて済むでしょう。タイミング法でなかなか妊娠につながらなかった人の次のステップとして提案されます。

【保険適用外】体外受精

「体外受精」は、保険適用外の治療法で、金額の目安は1回20~60万と他の治療法より高額です。しかし、国が定めている「特定不妊治療助成事業」で、補助金の申請が可能なため、受けやすくなっています。

治療内容は卵子を体外に取り出し、精子と人工的に受精させます。受精卵が成長して「胚盤胞」になったら、子宮内に戻して妊娠を目指します。他の治療法では妊娠できず、自分で受精ができない人が対象です。

2021年1月より不妊治療に関する助成が拡充

先ほど紹介したように、高額な体外受精の治療受ける際、「特定不妊治療助成事業」で治療費の補助を受けられます。

2021年1月に、助成内容が拡充・変更されました。内容を知っておくことで、いざ助成を受けたいときに役立つでしょう。ここからは、助成内容の拡充・変更点について解説します。

拡充された内容

2020年12月、政府は不妊治療費の助成金を拡充する方針を出しました。総額は370億円で、2020年度の予算と比べると2.5倍となっています。

助成金拡充の背景には、依然止まらない少子高齢化の波があります。今後の日本の少子化を止めるため、政府も不妊治療に力を入れているのです。

変更された内容

特定不妊治療助成事業の拡充に伴い、いくつか変更点があります。内容は、以下の通りです。

  • 所得制限 夫婦合算で730万円未満→制限なし
  • 助成額  1回15万円→1回30万円
  • 助成回数 生涯で通算6回まで→1子ごとに6回まで(40歳以上43歳未満の方は1子ごとに3回まで)


このように、制限が広がり多く助成を受けられるようになったため、不妊治療が受けやすくなりました。申請手続きや詳しい内容については、住んでいる自治体に問い合わせるとよいでしょう。

不妊治療の金額は治療内容によって異なる

不妊治療の金額は、行う治療内容によって異なります。不妊症の検査のもと、しかるべき治療につながれば、妊娠の可能性が出てきます。

そのため、治療に必要な金額や、使える助成金についての理解を深めていきましょう。不妊に対して不安や悩みがある人は、信頼できる医師のもとで検査を受けて、自分に合った治療をしていくことをおすすめします。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →