子育てママのお悩み解決メディア
不妊治療で会社は休職できる?仕事と両立が難しいと感じる理由とは

不妊治療で会社は休職できる?仕事と両立が難しいと感じる理由とは

現在、またはこれまでに不妊治療を受けたことのある夫婦の割合は、5.5組に1組です。しかし、まだ不妊治療に対する認識は低く、特に仕事との両立は難しいため退職する人もいます。

不妊治療で休職は、できないのでしょうか。また仕事との両立が難しいと感じる理由についても紹介します。

不妊治療と仕事の両立は難しいと感じる理由とは

不妊治療をしながら仕事をしている人は、どんな時に両立は難しいと感じるでしょうか。  

通院のスケジュールが立てづらい 

不妊治療の内容によっては、毎日通院や、一度の通院に数時間かかる場合もあります。大事な仕事が入っている日に、突然通院が重なることもあるのです。

また、通院と仕事を調整していても、通院の日に治療ができなく、延期になる場合も。それは、女性の周期に合わせて治療しているため、いつも順調に進むとは限らないからです。

延期になれば、またスケジュールはずれてしまいます。仕事との調整に疲れ、両立は難しいと感じてしまうのです。  

不妊治療に対して理解してもらえない

結婚すれば、「子どもはいつ?」と聞かれるほど、誰もが自然に妊娠するものだという世間一般の認識から、不妊治療に対して理解してもらえないこともあります。

そもそも、不妊治療がどんなものかということもよく知らないという人が多いなかで、不妊治療をしていることを周りに話していない人も多くいます。

誤解されたり、同情されたり、変な気を遣われたくないというのが本音かもしれません。  

通院のための休みを言いづらい

不妊治療は、女性の生理周期に合わせて治療を進めていきます。本人や周りの都合よりも排卵や卵子の状態を優先するため、急に当日、通院することにもなりかねません。

特に仕事をしていると、いつ通院しなければいけなくなるかわからず、スケジュールが立てづらくなります。 それが何度も続けば、休むことを言いづらくなり、仕事を続けることが難しいと感じるようになるのです。    

治療と仕事の両方のストレスがたまる

不妊治療は、治療を始めたら誰でもすぐに妊娠するということではありません。先が見えない治療に、周りのプレッシャー、仕事への不満、パートナーとの温度差など、さまざまなストレスがたまってきます。 治療と仕事との両立の大変さに、仕事を辞めたいと思ってしまうのです。

不妊治療で休職はできる?

不妊治療と仕事の両立の難しさから、退職する人は16%もいます。退職せずに、休職という方法はとれるのでしょうか。  

不妊治療休暇の導入への取り組み

少しずつですが、「不妊治療休暇」を導入する企業も増えていますが、誰もが名前を知っている大企業ばかりです。

しかし、政府の取り組みとして、「不妊治療休暇」や不妊治療も対象とした休暇制度を導入し、不妊治療と仕事の両立を支える環境をつくる中小企業に助成金を支給する取り組みが始まります。   

診断書になる?不妊治療連絡カードの利用  

不妊治療をしていることを職場へ自分からは話せない人も多くいます。そんなときに便利なのが「不妊治療連絡カード」です。厚生労働省が作成し、HPからダウンロードできます。

現在、または今後不妊治療を予定している従業員のために、企業側に不妊治療中であることを連絡、または独自の支援制度を申請するための証明書です。 自分から不妊治療のことをなかなか話せない人は、ぜひ利用を検討してみてください。

休職も1つの方法として長期的な視点で考えよう

不妊治療と仕事の両立は難しく、周りのサポートなしでは実現できません。しかし、サポートが受けられない場合も退職しか道がないともいえません。仕事を辞めてしまうと、経済的な問題が発生するからです。

すぐに結論を出さず、休職も1つの方法としてどう不妊治療と向き合っていくか、長期的な視点で考えるようにしましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →