子育てママのお悩み解決メディア
男性の不妊検査って?男性不妊の割合や検査にかかる費用をチェック

男性の不妊検査って?男性不妊の割合や検査にかかる費用をチェック

不妊症は、女性だけではなく男性側に原因があることがあります。早く妊娠をしたいなら、女性だけでなく男性も一緒に不妊検査を行うことが大切です。

不妊検査を行えば、精子の状態を正確に把握できるのでその後の不妊治療もスムーズに進められます。そこで今回は、男性不妊の割合を紹介しつつ、不妊における主な治療方法を見ていきましょう。

そもそも男性不妊の割合は?

WHOによると、男性不妊の割合は約半数以上と報告されています。これだけ男性不妊が多いにもかかわらず、「不妊=女性」の認識が広まったのは男性不妊があまり注目されていなかったからです。

男性不妊における主な検査

妊娠を希望しているにもかかわらず、なかなか妊娠しない場合は不妊症の可能性があります。この場合、女性だけでなく男性も検査をすることが大切です。ここでは、男性不妊の主な検査を紹介します。

精液検査

精液検査は、精子の数や濃度、運動率、正常形態率を調べる検査です。検査方法は、数日間禁欲したあと採精容器に精子を採取します。精子の状態を正確に知れるので、どのような不妊治療が好ましいのかある程度見通すことが可能です。

血液検査

男性不妊の検査のひとつに血液検査があります。精子を作るために必要なホルモン値を測定する検査です。また精子の運動に関係する亜鉛の濃度や肝臓、腎臓の機能なども検査します。

精液検査では分からない隠れた原因を確認できるのが特徴です。

男性不妊でよくある質問

男性不妊の治療を始めるにあたり、不安や疑問を抱えている人も多いでしょう。不安や疑問を抱えたまま不妊治療を始めると、精神的にストレスを感じて治療そのものがうまくいかない可能性もあります。

ここからは、男性不妊でよくある質問をまとめました。今感じている不安や疑問を解消して、不妊の検査や治療を始めるのが望ましいでしょう。

精液検査は自宅でできるの?

精液検査は、自宅でできるものと病院でする場合の2種類の方法があります。どちらの方法でも男性自身が精液を採取し、検査技師が顕微鏡で検査するのが一般的です。

ただし、ご自宅で採取する場合、30~60分以内に病院に持参しなければいけません。

男性不妊の検査は産婦人科で受ける?

男性不妊で精液検査をする場合、産婦人科で行うことが可能です。夫婦やカップルで不妊検査をするときは、産婦人科に行けば問題ありません。

しかし、検査結果でより詳しい検査が必要な場合は、体を診察してくれる泌尿器科の診察を進められます。

検査にかかる費用はどのくらい?

精液検査は、5,000円ほどです。精液検査のみ自費診療ですが、その後の検査や治療は基本的に保険診療になります。精液検査をした後の検査や治療は、精子の状態によって大きく変わることが多いです。

不安を感じるなら早めに男性不妊検査をしよう!

なかなか妊娠しないのは、女性だけの問題ではなく男性側に原因があることもあります。男性不妊の検査で必要な精液検査は産婦人科でも行えるので、夫婦やカップルで一緒に病院を訪れるのもいいでしょう。

年齢を重ねると妊娠しづらくなるので、少しでも不安を感じるなら男性不妊の検査を行うことをおすすめします。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →