子育てママのお悩み解決メディア
間違ってオムツを洗濯機で洗ってしまった!正しい対処法を紹介

間違ってオムツを洗濯機で洗ってしまった!正しい対処法を紹介

育児や家事に追われていると、予期せぬトラブルが起こることもあります。例えば、間違って紙オムツを洗濯してしまい、洗濯機の中が大変なことになってしまったことがある人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オムツを洗濯してしまったときの正しい対処法を紹介します。

オムツを洗濯した場合の対処法は?

赤ちゃんのおしっこを吸収するための「ポリマー」がオムツには使用されています。オムツを洗濯すると、水をたくさん吸収したジェル状のポリマーが洗濯槽にこびり付いてしまうのです。

ここからは、オムツを洗濯してしまった場合の正しい対処法を見ていきましょう。

洗濯機をキレイに拭き取る

まずは洗濯したオムツの後始末をしましょう。またポリマーも洗濯槽に散乱しているので、キッチンペーパーなどで取り除きます。

しかしポリマーは乾燥したほうが取り除きやすいため、濡れた状態ですべてを取らなくても問題ありません。

汚れた衣服をすすぎ洗う

オムツと一緒に衣類を洗濯してしまった場合は、ポリマーが付いています。

まずは洗濯槽から衣類を取り出してポリマーを払い落としましょう。その後は、キレイにした洗濯槽ですすぎ洗いをするのがおすすめです。

排水口もしっかり確認する

洗濯槽を片付けたら、最後に排水口を確認しましょう。ポリマーが排水口に詰まると、最悪の場合、洗濯機が使えなくなることもあります。排水口は忘れがちなので、必ず確認しましょう。

オムツを洗濯した際に避けたい行動2つ

ここからは、オムツを洗濯した際に避けたい対応を紹介します。場合によっては洗濯機の錆や故障を引き起こす原因になるため注意しましょう。

1.塩や重曹の使用は極力控える

オムツを洗濯したときの対処法で、塩や重曹を使用するというものがあります。塩や重曹はポリマーを小さくする働きがあるため、洗濯槽を掃除しやすい状態にしてくれるのです。

ただし、塩や重曹でポリマーが無くなるわけではありません。小さくなったポリマーをすべて取り除けず、排水口に詰まる恐れもあります。錆や故障の原因にもなるため、あまりおすすめできません。

2.乾燥機にかけないようにする

水を多く含んだポリマーは、少し乾燥させることで取り除きやすくなります。ただし、ポリマーが付いた衣類を早く乾燥させるために、高温の乾燥機にかけるのはおすすめしません。

なぜなら、乾燥機にかけるとポリマーが溶けてしまい余計に取りづらくなるのです。乾燥させてポリマーを取り除きやすくしたいなら、自然乾燥がおすすめ。少し時間はかかりますが、自然乾燥してからポリマーを取り除きましょう。

洗濯機でオムツをを洗ってしまったら正しく対処しよう

毎日育児や家事に追われていると、時には間違えてオムツと衣類を一緒に洗濯してしまうこともあるでしょう。洗濯槽や衣類がポリマーだらけになるので、混乱する人も少なくありません。

ただ正しく対処すれば、洗濯機も衣類も元の状態に戻すことが可能です。そんなときは慌てず、正しい方法で対処しましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →