子育てママのお悩み解決メディア
親戚からの結婚祝い、お返しが不要な場合も?内祝の意味を理解しよう

親戚からの結婚祝い、お返しが不要な場合も?内祝の意味を理解しよう

結婚祝いをいただいた場合、内祝いなどでお礼の意味を込めてお返しをしますが、実は結婚内祝いでのお返しの必要がない場合もあることをご存知でしょうか?この記事では、結婚内祝いの元々の意味や、親戚受けの良い結婚内祝いの選び方などをご紹介します。親戚の内祝いに何を贈るべきかお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

結婚内祝いにはどんな意味がある?

まずは、結婚内祝いについてお伝えしていきます。

結婚祝いのお返しに贈るもの

結婚内祝いといえば現代では、結婚祝いをくれた方に、お礼やお返しとして渡す方がほとんどではないでしょうか。結婚内祝いの相場は、いただいたお祝いの半額~1/3の額が一般的です。

本来は、幸せのお裾分けとして贈られていた

元々、結婚内祝いとは、結婚を身内やお世話になっている方へ報告するためのものです。幸せのおすそわけと考えられていて、お祝いをいただいていなくても内祝いを渡すという考え方が一般的でした。

しかし、現代では、お祝いに対するお返しという認識が強いため、お祝いを頂いていないのに渡してしまうと、相手からはお祝いを催促しているのでは?と受け取られてしまうことがあるかもしれませんね。

親戚からの結婚祝い、内祝いが不要な場合も?

親戚から結婚祝いを頂いた場合には、内祝いを渡す必要がない場合もあります。内祝いを準備する前に確認しておきましょう。

結婚式に招待し、引き出物を渡す場合

結婚式や披露宴に招待をする場合は、食事や引き出物が内祝いの代わりになるため、内祝いを準備する必要はありません。ただし、いただいているお祝いの額に合わせて、引き出物の内容を変えるなどの工夫が必要です。

お祝いが少額だった場合

いただいた結婚祝いが少額だった場合は、お返しとなる内祝いはその半額~1/3の額の物を返すことになってしまいます。相手の気持ちを考え、その場合は内祝いを渡さないのも一つの思いやりではないでしょうか。

親戚への内祝いには何を贈る?

親戚に贈る内祝いは、何を基準に選ぶと喜ばれるのでしょうか?ここでは、親戚受けの良い内祝いの選び方をお伝えします。

年齢やライフスタイルを考慮して選ぶ

親戚への内祝いは、年齢やライフスタイルを考慮して選ぶと喜ばれます。年配の方には、身体を気遣った物、お酒が好きな方には、お酒のギフトをチョイスするなど、その人を想った品物を選ぶようにしましょう。

お祝いをしてくれた方への感謝の気持ちを忘れずに

結婚内祝いは、お祝いをくださった方への感謝の気持ちを伝える一つの方法です。相手を想った品物を贈ることで、気持ちがより伝わるのではないでしょうか。

親戚に贈る内祝いであれば、親や周囲の方に好みを聞いてみることで、選ぶジャンルが定まることもあります。わざわざお祝いをくださった方に、喜んでもらえるギフトを見つけてくださいね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →