子育てママのお悩み解決メディア
兄弟への結婚祝いの相場は?年代・地域によって変わるマナーを解説

兄弟への結婚祝いの相場は?年代・地域によって変わるマナーを解説

友人の結婚式に呼ばれることは多々あるでしょう。しかし、兄弟姉妹の結婚式に身内として出席する機会はそう多くありません。そこで、悩みの種となるのが「結婚祝い」でしょう。また年代や地域によって、マナーが変わるので今回詳しくご紹介します。

兄弟に渡す結婚祝いの相場はいくら?

兄弟に渡す結婚祝いとして悩みどころとなるのが、ご祝儀の値段ではないでしょうか。誰の結婚式であっても、ご祝儀の金額は、年代と親密度に左右されます。

相場価格は年代別ごとに異なる

兄弟に渡す結婚祝いの金額は、ゲストであるあなた自身の年齢によって大きく異なります。あなたが20代の場合は「3万円」または「5万円」。30代の場合は「5万円」であり、40代の場合は「5万〜10万円」です。
基本的なことですが、偶数は縁起が悪いとされているので渡す金額は奇数にしましょう。

挙式や披露宴なしの場合は?

では結婚式や披露宴をやらない場合の「結婚祝い」は、どのように決めればいいのでしょう。挙式をしない場合でも、結婚祝いは送らなければなりません。
しかし、この場合は親族間でのルールなどは必ず取り決めておく必要があります。また経済的な理由から挙式しない場合もあるでしょう。その場合、結婚祝いの金額が大きいと、その分お返しの金額も大きくなってしまい、相手にとって負担となります。事前に確認しておくことをおすすめします。

兄弟への結婚祝いとしてプレゼントを贈る場合の相場は?

ご祝儀だけでなく、プレゼントを贈るケースも多いでしょう。その場合は、いくらぐらいのプレゼントを選べばいいのでしょうか。 新郎新婦に贈るプレゼントの相場価格は、1万〜5万円と開きがあります。
挙式にも参加するケースでは、プレゼントの金額は1万〜3万円と押さえ気味に。挙式に参加しないケースでは、3万〜5万円と少し豪華な贈り物をするのが一般的です。

ご祝儀のマナーは?

ご祝儀を渡す際は、独身か既婚者か、どこの地域かなどによって、マナーが少し変わります。ここではそれぞれのマナーについて解説します。

独身or既婚者によってマナーが違う

ご祝儀を渡す側が「独身」の場合は、ご祝儀を渡すケースと渡さないケースに分かれます。ご祝儀が必要なケースは、独身だが親元を離れて自立している場合。独身且つ、実家暮らしの場合は、同一世帯とされるため、ご祝儀は渡さなくても問題ありません。
ご祝儀を渡す側が、既婚者である場合はしっかりと渡す必要があります。この場合、ご祝儀の相場は10万円ほど。
偶数であっても問題がないのは、夫婦揃って結婚式に出席するためです。「1人5万円ずつ」という認識なので、偶数でも問題ありません。

地域によってマナーが違う

地域によってもご祝儀のマナーは異なります。ご祝儀の相場を地域ごとに見ていくと、北関東や近畿地方、九州地方ではご祝儀の相場が高額になるケースが多いようです。
結婚する兄弟が上記いずれかの地域に住んでいる場合、ご祝儀は気持ち多めに包んであげるとよいいでしょう。

兄弟に渡す結婚祝いは年代に沿った金額にしよう!

兄弟をはじめ、結婚式にゲストとして出席する場合は年代によって、ご祝儀の相場価格が異なります。結婚式には身内として出席するため、マナー違反は絶対に避けたいところです。入念に下調べをおこなったうえで、ご祝儀を渡しましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →