子育てママのお悩み解決メディア
手間を減らし、時間とお金を節約する家事のコツ

手間を減らし、時間とお金を節約する家事のコツ

子どもの夏休み中、食事に洗濯、掃除とますます忙しい毎日の家事。限られた時間の中で、手間が減り時間もお金も節約できる方法をご紹介します。

スーパーで買い物をする様子

①買い物は、こまめに行かず週に1回

買い物は基本週に1回だけと決め、何か足りなくなってしまった時はそれ以外のものは買わないと決めて買い物に行きましょう。

買い物は、時間とお金だけでなく、行くだけで労力がかかります。回数を減らすことで、自分がほっとひと息ついたり、家族とふれあう時間を作りましょう。

また、買い物をする回数が増えると、特売やセールにつられ買うものが増えていきます。食材などの腐るものだけでなく、腐らないシャンプーや洗剤、ティッシュペーパーやトイレットペーパーなどの日用品類は「いつか使うから」という気持ちで買っていると「まだストックがあるから」と使う量が増えてしまうこともあります。反対に「あと少ししかない」と思うと1回分を考えて大切に使うことができ、節約につながります。

②レトルト食品や冷凍食品を利用する

きれいに盛り付けられたレトルトカレー

食事を作るには、材料費と作る人の時間と労力だけでなく、料理するためのガス代、食べた食器を洗う水道代や洗剤代など多くのお金がかかります。しかし、週1回はレトルト食品や冷凍食品を利用する日と決めれば、家事を大幅に減らしお金を節約できるだけでなく、労力と時間も節約することができます。

出前やお惣菜も手軽で便利ですが、レトルト食品や冷凍食品なら特売日に安く購入し長期保存ができるため、節約を考えるとおすすめです。

普段は家事に忙しくて子どもとの時間がなかなか取れない、仕事帰りの家事に追われ家族との時間がないという方は、食事を作らず加工品に頼ることで手間も時間もお金も一度に節約ができますよ。

③料理は「作り置き」に挑戦してみる

食事は手作りがいいという方は、作り置きをすることで労力、時間とお金の節約ができます。1週間分作り置きするのが難しいのであれば、3日分ほどまとめて作り置きするだけでもいいでしょう。水道代、光熱費も手間もかからず、無駄な買い足しを減らすことができます。

④そのまま食べられるものを取り入れる

Fresh organic fruits and vegetables in wicker basket isolated on white

調理の手間を減らすのも節約です。野菜や果物は、皮を剥かずに食べられるものを取り入れてみましょう。ミニトマトは洗うだけ、きゅうりやにんじん、大根やかぶなどは、皮を剥きますが洗って切るだけで野菜スティックやサラダにすれば、調理の手間が省けます。果物なら皮を剥くりんごや梨より、バナナやみかん、ぶどうなどの方が手間が減ります。

肉類はハム、魚は刺身、ツナなどにすると、すぐにそのまま食べられるだけでなく、焼いた後の洗い物が大幅に減るため、時間と労力だけでなく水光熱費も節約できます。買い物をする時に、そのまま食べられるかどうかの視点も取り入れてみましょう。

⑤水回りは、使うたびにきれいにする

いつもきれいに保たれている洗面台

時間が経つと掃除に手間がかかるのが水回りです。洗面台やシンクなどは汚れが蓄積しないよう、使った後に必ずひと拭きする習慣をつけることで掃除時間を減らすことができます。

風呂場も同様に、自分があがる時にバススポンジで軽く垢などの汚れを落としておきます。大掛かりな掃除が減ると、家事がとても楽になりますよ。

レンジやコンロなどの油汚れも同様です。時間が経つほど落ちにくくなる場所は、使った後の一度拭きをしておくだけで、お手入れが簡単になっていきます。

⑥部屋のほこりは空気清浄機でいつもクリーンに

Air purifier on blue background with filter for cleaner removing fine dust

部屋が広いほど時間がかかる掃除機やフローロングワイパー、雑巾がけの家事。幼い子どもがいるご家庭では、掃除の手間も減らしたいところです。今はロボット掃除機なども充実していますが、空気清浄機を強いモードで1日中運転させておくだけで、ほこりは除去できます。空気清浄機で家事を節約しつつ、いつもきれいな空間で気持ちよく暮らしましょう。

家事を節約し、毎日を充実させよう

家事を工夫して減らせば、お金だけでなく時間、労力の節約もできます。自分を大切にしつつ、かけがえのない家族と充実した毎日を過ごしていきましょう。

いろは

いろはライター・エディター

ASD、ADHD、LDの10歳男児、ASD、ADHD6歳女児と3人で暮らす。早稲田大学在学中に週刊誌の編集アシスタントを経験したことをきっかけに、今に至る。

いろはさんの記事一覧 →