子育てママのお悩み解決メディア
中学生の平均体重ってどのくらい?年齢・男女別の平均と計算方法

中学生の平均体重ってどのくらい?年齢・男女別の平均と計算方法

思春期の中学生は、見た目にも気を使うようになり、特に体型や体重を気にするのではないでしょうか。今回は、中学生の平均体重についてみていきます。

中学生の平均的な体重とは

中学生(12歳~14歳)の、平均的な体重はどのくらいなのでしょうか。身長もあわせて、男女別に見ていきましょう。  

男子の場合

令和元年度の「学校保健統計」による、中学生の男子の年齢別の平均的な体重は以下のとおりです。()の中の数字は、前年の平成30年度との差となります。また、年齢は4月1日時点の年齢です。

  • 12歳:44.2kg(0.2)
  • 13歳:49.2kg(0.4)
  • 14歳:54.1kg(0.1)

12歳~14歳の男子の体重は、前年度のより、若干増えています。 同じ中学生男子の平均的な身長も見てみましょう。()の数字は前年の平成30年度との差です。

  • 12歳:152.8㎝(0.1)
  • 13歳:160.0㎝(0.2)
  • 14歳:165.4㎝(0.1)

前年と比べ、12歳~14歳の身長はわずかに高くなっています。  

女子の場合

同じく、女子の場合の体重と身長を見ていきましょう。

  • 12歳:43.8㎏(0.1)
  • 13歳:47.3㎏(0.1)
  • 14歳:50.1㎏(0.2)


前年度の平成30年度と比べて、12歳~14歳ではわずかに増えているようです。 次に、女子の平均的な身長をみてみましょう。

  • 12歳:151.9㎝(0.0)
  • 13歳:154.8㎝(-0.1)
  • 14歳:156.5㎝(-0.1)


前年度の平成30年度に比べ、13~14歳では少し減っています。

男女別肥満度の計算式と判定基準

ここからは中学生の男女別、肥満度の計算方法について見ていきます。  

中学生男子の場合

肥満度(%)を出す計算式を見ていきましょう。

肥満度(%)= 100 × (現在の体重‐標準体重)/標準体重

+20%以上の人が「肥満」となります。

年齢別の標準体重は、以下の計算で出すことができますので、計算してみましょう。

標準体重:a×身長(cm)-b    

  • 13歳:a(0.815)×身長-b(81.348)
  • 14歳:a(0.832)×身長-b(83.695)
  • 15歳:a(0.766)×身長-b(70.989)   


中学生女子の場合

中学女子の場合も、肥満度の計算は男子と同じです。

肥満度(%) = 100 × (現在の体重‐標準体重)/標準体重

+20%以上の人が「肥満」となります。

年齢・身長ごとの標準体重の計算方法は、以下のとおりです。

  • 13歳:a(0.655)×身長-b(54.234)
  • 14歳:a(0.594)×身長-b(43.264)
  • 15歳:a(0.560)×身長-b(37.002)  


高校生以上はBMI判定基準で計算

高校生以上は、身長と体重から計算して出す体格指数BMIから満度を判定します。

BMI=体重kg ÷ (身長m×身長m)

  • 18.5未満:低体重
  • 18.5~25.0以下:普通体重
  • 25.0~30.0以下:肥満(1度)
  • 30.0~35.0以下:肥満(2度)
  • 35.0~40.0以下:肥満(3度)
  • 40.0以上:肥満(4度)


病気の少ない数値は22.0といわれています。22.0となる滴定体重の求め方は以下のとおりです。

適正体重 = (身長m×身長m) ×22

成長期の無理なダイエットは控えよう!

思春期の中学生は、見た目が気になるかもしれませんが、大切なのは適正体重であることです。中学生の時期はまだ成長期。ダイエットしたいのなら運動や食事の取り方、間食に気をつけて、無理なダイエットをしないようにしましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →