子育てママのお悩み解決メディア
家族の洗濯物が多いママ必見、節約できる洗濯方法おすすめ3つを紹介

家族の洗濯物が多いママ必見、節約できる洗濯方法おすすめ3つを紹介

子供がいると、食べこぼしをしたり、汗をかいたりと必然的に洗濯物がどんどん溜まっていき、毎日大変な思いをしているママも多いと思います。この記事では、洗濯にかかる水道代や電気代を減らす節約方法をご紹介します。洗濯物が多くお悩みのママは参考にしてくださいね。

洗濯物が多いと水道代や電気代がかさむ

一度の洗濯にかかる水道代や電気代は少量であっても、一日に何度も回すこともあり、それをほぼ毎日繰り返していると考えると、かなりの額になることがわかりますね。普段から小さな積み重ねをしていくことが、大きな節約につながります。

乾燥機能は電気代がかかる

洗濯機の機能のなかで、より電気代がかかるのは乾燥機能です。ある調べでは、一回の乾燥でかかる電気代は平均50円ということがわかっています。梅雨時期など、外に干せず乾燥機能を使うことが増える時期には、電気代が上がったと感じる方もいるのではないでしょうか。

外干しをしたくないという方は、乾燥機の時間を短くして、部屋干しをするなどの工夫をすることで、電気代の節約をするのもおすすめです。

簡単に節約できる洗濯方法

ここでは、手軽に節約できる洗濯方法をご紹介します。

洗い物は大きい物から入れる

洗濯槽に洗い物を入れるときに、バスタオルなどの大物から入れるようにすると、洗濯機の回転がスムーズになるので電気代の節約になります。これまで順番を気にせずに入れていた方は、意識してみてください。

おいそぎコースで簡単節約

おいそぎコースやスピードコース、急いでいるときしか使わないという方もいるかもしれませんが、実はこれらのコースは、水道代、電気代の節約につながります。汚れの少ない洗濯物が多いときなどは積極的に使ってみましょう。

洗濯容量は80%を目安に

洗濯機パンパンになるまで詰め込んでしまうと、汚れ落ちが悪くなるだけでなく、負荷がかかり電力をたくさん使用してしまうことがあります。洗濯容量の目安は80%程度と覚えておきましょう。

洗剤の入れすぎはNG

汚れがひどいから洗剤を多めに…なんてことをしている方もいるかもしれませんが、実は洗剤を入れすぎることは不経済になることがあります。

洗剤を入れすぎるとすすぎに時間がかかる

洗剤を多く入れてしまったことで洗剤を落としきれずに、すすぎに時間がかかり、水道代や電気代が余計にかかってしまうこともあります。汚れがひどいからといって、洗剤を多く入れても汚れが落ちるわけではありません。汚れが気になる洗濯物は、お風呂などで事前に汚れを落としてから洗濯をしましょう。

フィルターなど、こまめなメンテナンスも忘れずに

洗濯機のフィルターや洗濯槽のメンテナンスをこまめにすることで、消費電力を抑えられ節約につながります。こまめなメンテナンスを怠ると故障の原因にもなるため、普段から注意しておきましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →