子育てママのお悩み解決メディア
2023年度入学ランドセル選び…「ARIFACT(アーティファクト)」に多くのママが注目!

2023年度入学ランドセル選び…「ARIFACT(アーティファクト)」に多くのママが注目!

ランドセルが軽く感じられ、子どもの体への負担を抑える機能とスタイリッシュなデザインを兼ねそろえる「ARTIFACT(アーティファクト)」のランドセル。大人好みのシックなカラーと子どもが喜ぶトレンドカラーを展開し、未就学児のママたちの間で今話題のランドセルです。

◆ARTIFACT(アーティファクト)HP

https://artifact-af.jp/concept

資料請求はこちら

https://artifact-af.jp/f/catalogue


「ARIFACT(アーティファクト)」のランドセルは入学後も満足できる

ランドセル選びのファーストステップはカタログ請求。では、カタログが届いたら何を比較すれば良いのでしょうか? 一番分かりやすいのは、色やデザイン。しかし、ランドセルは心や体がグンと成長する6年間使い続けるもの。機能性をもっと重視すべきというのが今のトレンドとなっています。また、最近のラン活は「色は子どもが選び、子どもの体への負担を抑える機能を重視する」が主流となっています。

実際、ハナコママで「小学校入学後、ランドセル選びで重視すべきと思った点」というアンケートを取ったところ、第一位になったのが「軽さ、軽く感じられること」でした。

充実の機能を取り入れ、親子で気に入るデザイン、カラーのランドセルを展開する「ARTIFACT(アーティファクト)」を紹介します。

◆ARTIFACT(アーティファクト)

https://artifact-af.jp/f/catalogue


ランドセルが軽くなる! 「楽ッション搭載」

子どもが背負うランドセルを重くしているのは、2~5kgの教科書です。現在、各メーカーから販売されているランドセルの質量にそこまで大きな差はありません。仮に100gの差があってもそれは卵2個分程度。「アーティファクト」が最も重視したのは、教科書が入ったランドセルがいかに軽く感じられ、子どもの体への負担軽減につながるか、ということ。

この楽ッションという機能は、肩ベルトのクッションの厚みが従来品の2倍以上。従来品はランドセルを肩だけで背負う構造でしたが、こちらはランドセルが身体に優しくフィットする背負い心地を実現。教科書が入ったランドセルの重さが分散され、身体への負担が少ない作りになっています。


子どもがランドセルを閉めたくなる「ワンタッチオートロック」

大人が想像しないような行動をするのが子ども。ランドセルを逆さまにして教科書を全部落としたり、ランドセルの蓋を閉めずにパカパカしたまま登校、なんてのは日常茶飯事。「アーティファクト」のランドセルは、ワンタッチオートロック錠前を採用。蓋を閉じるだけで、ひねりが自動でクルリと周るので締め忘れが防げ、その動きは子どもを魅了します。


大容量だから通学時に両手がフリーに

通学の際に子どもの両手がフリーになるのは重要です。「アーティファクト」のランドセルは全デザインA4フラットファイルがすっきりと入り、メインポケットはA4サイズのノートを20冊いれても余裕です。サブポケットには、分厚い筆箱もスッキリと収納されます。ランドセルから荷物があふれることが少なくなり、手提げかばんが不要な日も。今後の学校教育のさらなるデジタル化を見据え、デジタル端末への衝撃を緩和できるよう底板にはクッション材が入っています。


雨の日や学童帰りも安心

「アーティファクト」のランドセルは100メートル先からでも車のライトに当たると視認可能な反射材をランドセルのふち部分に装備。ランドセルの形に沿って反射するので、遠くからでも子どもが認識されやすくなっています。学童保育後の帰宅や、雨の日など、子どもの安全を守る仕組みのひとつになっていて、全日本交通安全協会の認定商品にもなっています。


親も子どもも満足するデザインとカラー

カラーとデザインは子どもが好きなものを、といってもデコラティブなのは親としてちょっと……、と感じるかもしれません。 「アーティファクト」 のランドセルはスタイリッシュなデザインで、大人好みのシックなカラーと子ども好みのパステル系やパール系のトレンドカラーの両方を展開しています。子どもっぽくなりがちなパステル系やパール系のカラーも、クールなデザインと絶妙なカラーリング。小学6年生が使用しても、しっくりとしています。

男の子に人気のモメンタム

モメンタムのカラー展開等、詳しくはこちらをご覧ください。

https://shop.artifact-af.jp/products/momentum

こちらも男の子に人気のアドマイア

女の子に人気の「マチュア」の新作カラー

2023年度入学は、新たに「ワンダー」と「コネクト」が仲間入りしました。

「ワンダー」はジェンダーレスなカラーが特徴。

「コネクト」は中のポケットのカラーを変えており、ランドセルを横から見た時にオシャレな印象になっています。パープルは2022年度入学の女の子用ランドセルの1番人気のカラーです。

子どもが6年間ずっと使い続けるランドセル。親が安心する機能を備え、親子で満足する魅力的なデザインとカラー揃える「アーティファクト」のランドセル。日本製、6年間保証付きなので、丈夫に使い続けられるはず。

2023年度入学のランドセルは画像の他にも、9種30色のデザインを展開。
詳しくは、アーティファクトのHPをご覧ください。

アーティファクト HP

https://artifact-af.jp/products


カタログで比較後は展示会へ

カタログで比較検討した後は、展示会等で実際に背負ってランドセルの違いを体感してみましょう!
アーティファクトの展示会は東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、京都、兵庫、石川、北海道、広島、福岡など全国36会場で開催予定。

詳しくはHP(https://artifact-af.jp/s/shops/)を要チェック!

※出張展示会はフィットちゃんと合同で行います。

資料請求はこちら https://artifact-af.jp/f/catalogue

※すぐに見られるデジタルカタログもリリース予定。

ARTIFACT(アーティファクト)について

現在、日本のランドセルは「工房系」と「大手ブランド系」のふたつに分かれています。ここに新しい別の選択肢を作りたいという思いから生まれたのが、“芸術品”という意味を持つ「アーティファクト」のランドセル。スタイリッシュなデザインと、安全安心の機能性を両立させています。皆と同じであることが良しとされた時代から、個性や多様性が尊重されるようになりつつあります。日本の小学校教育は、今まさに過渡期。手に取った子どもたちの感性や感覚を磨き、これからの新しい時代にマッチするブランドです。

ARTIFACT(アーティファクト)https://artifact-af.jp/concept

資料請求はこちら https://artifact-af.jp/f/catalogue

商品に関するお問い合わせはこちら
Mail form https://artifact-af.jp/f/inquiry

TEL : 076-411-5006
※受付時間 10:00~17:45(土/日/祝日を除く)

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →