子育てママのお悩み解決メディア
チャイルドシートはいつまで?必要性や免除される状況について

チャイルドシートはいつまで?必要性や免除される状況について

赤ちゃんが車に乗るときは、チャイルドシートを取り付ける必要があります。ただ、チャイルドシートをいつまで付けるべきか悩むママやパパも多いでしょう。

そこで今回は、チャイルドシートの必要性やいつまで車に付けるべきかについてご紹介します。

チャイルドシートの必要性

子どもを乗せて車を運転するときに交通事故に遭ったり急停止したりした場合、体に強い衝撃が加わります。その衝撃は、大人でも車から放り出されてしまうことがあるほどです。大人はシートベルトを着用するので、ある程度の危険は避けられます。

ただ、小さな子どもはシートベルトが着用できないため、命の危険に晒される可能性もあるでしょう。そのため、小さな子どもが車に乗るときは、シートベルトに変わってチャイルドシートを着用することが大切なのです。

チャイルドシートを着用していた場合に比べて、着用しないときの致死率は約13倍も高いといわれています。子どもの安全を守るためにもチャイルドシートの着用は欠かせません。

チャイルドシートはいつまで着用する?

チャイルドシートは、いつまで着用すべきなのか分からない方もいるはずです。そこで、チャイルドシートの着用期間について確認しましょう。

6歳未満は着用義務がある

チャイルドシートは、新生児から6歳未満の子どもに着用する義務があります。出産後の退院時に車で帰宅するとき、新生児を乗せるチャイルドシートを用意しなければいけません。

違反したら罰則が科せられる?

子どもが6歳未満にもかかわらずチャイルドシートを着用しなかった場合は、道路交通法違反となり運転者に交通違反で1点減点されます。ただし、減点以外の罰則や罰金は科せられません。

例外的に違反にならない場合もある

6歳未満の子どもが乗る車には、チャイルドシートを付ける義務があります。しかし、例外的に着用義務が免除されるケースがあるのです。

少ない人数しか乗車できない

チャイルドシートの着用で、車の乗車定員より少ない人数しか乗れない場合、着用義務が免除されます。たとえば、5人乗りの車でチャイルドシートを装着して4人しか乗れなくなった場合、車に取り付ける必要はありません。

身体的な問題で着用が難しい

子どもに怪我や障害など身体的な問題でチャイルドシートに座れないときは、着用義務が免除されることがあります。ただし、チャイルドシートがない車に子どもを乗せた場合、命に関わる危険性があることは覚えておきましょう。

送迎バスやタクシーは免除される

幼稚園や保育園の送迎バス、タクシーやバスを利用する場合、チャイルドシートの着用が免除されるので装着する必要はありません。しかし、両親や親戚、友達などの車に乗せてもらうときはチャイルドシートの着用が必要なので注意しましょう。

必要な場面ではチャイルドシートを装着しよう!

6歳未満の子どもがいる場合、車にチャイルドシートを装着しなければいけません。ただし、身体的な問題で着用が難しかったり少人数しか乗れなかったりなど、例外的にチャイルドシートの着用義務が免除される場合もあります。

また、送迎バスやタクシーに乗るときも着用する必要はありません。状況に応じてチャイルドシートを装着しましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →