子育てママのお悩み解決メディア
ママ友作りは意外に簡単!ママ友と仲良くなれる3つの秘訣
2020.07.02 by いろは いろは

ママ友作りは意外に簡単!ママ友と仲良くなれる3つの秘訣

「ママ友の作り方がわからない……」と思っていませんか? 自然に気が合うママ友ができたら最高ですよね。実はママ友作りの方法は簡単! 挨拶&質問をすれば、気になるママと仲良くなれます。今回は気の合うママ友の作り方を紹介します。


ママ友作りは、普通の友達を作るよりも簡単です。

ママ友作りは意外に簡単です。なぜなら、同じ境遇だと仲良しになりやすいから。同じ歳の子供がいる、同じ地域に住んでいる、ママになったばかり、始めての園生活に戸惑っている……など、なにか共通項があるとグンと距離が縮まり友達になりやすいのです。

いざママ友を作ろうと思うと、構えてしまう人も多いかもしれません。でもコツさえ押さえていれば、自然に仲良しになり、ママ友になることができます。

そのために、まずは【仲良くなりたいママ友】を絞りましょう!

保育園や幼稚園、子育てサークルなどで、あなたが直感的に「気が合いそう」「仲良くなりたい」と思う人にターゲットを絞ってください。そこからママ友を作る行動を起こしていきましょう。

次の章からは、自然にママ友を作る方法を紹介します。

ママ友の作り方①会う回数を増やす

ママ友を作るときは、あなたがママ友になりたいと思う人と会う回数を増やしていきましょう。なぜなら、ただ会う回数を増やすだけであなたの印象は良くなるからです。

これは、1968年にアメリカの心理学者ロバートザイアンスが発表した、『ザイアンスの単純接触効果』と呼ばれ、何度も会う人は良い印象になる法則です。

仲良くなりたいママと、同じ時間に園に送っていく、習い事の時間を同じにしてみるなど、ストーカーだと思われない程度に(笑)会う回数を増やしてみましょう。あなたの印象はグッと良くなり、もしかすると、向こうから話しかけてくる、なんてこともあるかもしれません!

ママ友の作り方②笑顔で挨拶する

仲良くなりたいママに出会ったら、笑顔で挨拶をしてみましょう。なぜなら、挨拶をするだけで、グッと距離感が縮まるから。

挨拶は、「おはようございます!」「こんにちは!」「暑いですね」

など、一言だけでOK! とにかく会ったら、挨拶だけはするようにしましょう。はじめのうちは無理に話そうとしなくて大丈夫。とにかく挨拶を交わし続けるのです。何度も挨拶をするうちに、向こうの方から話を振ってくれるかもしれませんし、あなたの方もそのママに慣れていき、気づけば挨拶以上の話を自然にしているようになっているかもしれません。

ママ友の作り方③質問する

何度も会い、挨拶をする間柄になったら、次は質問をしてみましょう。なぜなら質問をすることで、話が盛り上がり、連絡先の交換などの真のママ友へと発展していくから。

質問内容は、例えば

「明日の保育園の持ち物、〇〇と書いてますが、どんなものにしますか?」

「今度の発表会の衣装どうしますか?」

「子供が花粉症かもしれないんですが、いい病院知ってますか?」

など、とにかく子供関連で聞きたいことを質問してみましょう!

この質問により、例えば

「また保育園の持ち物で分からない時は、お互い教え合いましょうね」

「病院のURL送るから連絡先を交換しよう」

など、今後のママ友関係が発展していく可能性が高くなります。質問なんかして平気かな……と思うかもしれませんが、心配はいりません。相手は、困っている人を助けたいという心理が働き、きっと回答してくれるはず。最初は緊張するかもしれませんが、勇気を出して質問をしてみましょう。

ママ友の作り方まとめ

ママ友を作りたいときは、挨拶と質問を心がけてみましょう。自然に仲良しになり、ママ友へと発展しやすくなります。ママ友作りでは「ママ友を作ろう!」と意気込むよりも、子育ての悩みを共有できる友達を見つけようくらいの気持ちで、気軽にママ友を作ってくださいね。

いろは

いろはライター

港区麻布にこじんまりとひっそり暮らすシングルマザー。長男小3は自閉症スペクトラム症、ADHD、LD。5歳長女は自閉症スペクトラム様症状が増大中。これまで不登校だった長男に変わり、不登園を貫く長女と毎日濃密な時間を過ごす。子どもたちのおかげでたくさんの人から優しさを享受中

いろはさんの記事一覧 →