子育てママのお悩み解決メディア
パートで妊娠、これからどうする?辞める?それとも?希望別の選択肢
2020.08.10 by いろは いろは

パートで妊娠、これからどうする?辞める?それとも?希望別の選択肢

「妊娠したけど、パートだから辞めなければいけない」と悩んでいませんか?  パートでも産休、育休制度を利用することができる会社もありますが、妊娠をきっかけに会社をやめなければいけない場合もあります。今回は、パート先の会社が産休、育休を使えない場合の対応策についてご紹介します。

「出産後の仕事はどうしよう」「パートだけど、産後も今の会社で働きたい!」と思っている方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

パートで妊娠【産後も働きたい場合】

「産休育休の制度」がない会社のパート雇用で、妊娠したら「パートを辞める」という選択肢を考えると思います。でも、もし今の職場が気に入っていて産後も働きたいと思っている場合は、上司に「産後も、またこの会社で働きたいです」と言ってみましょう。

パート雇用の場合、会社の規則で産休育休がなくても、即戦力であり、仕事を熟知しているあなた会社にとって必要な人材のはずです。会社も妊娠、出産後にまた働いてもらいたいと思っているかもしれません。

産後も働きたい意思を上司に伝える場合には、保育園に入れたら……1歳になったら……など、一応の目安を話しながら相談してみましょう。

「辞めるのが当然の雰囲気の中で言いづらい」と思う方は、まずは同僚など、近しい人に相談してみるのもおすすめです。「〇〇さんは妊娠を機にパートを辞めたけど、1年後には戻ってきた」なんて情報が入ってくるかもしれません。

まずは、あなたが産後も働きたいという意思を言葉で伝えてみてくださいね。

パートで妊娠【やめようかなという場合】

妊娠をきっかけに今のパートの仕事について考え、「産後、この仕事はできない」と思っている方は、スッパリと辞めましょう。

育休産休制度が少ないパート雇用なら、周囲の理解も早く得られます。またおめでたいことなので、険悪なムードにはならず円満に辞められるはずです。周囲の方には今までお世話になったお礼を伝え、新しい人生を歩み始めましょう。

妊娠を経て赤ちゃんを出産したら、赤ちゃんとの時間を楽しんでゆっくり過ごすのもいいですね。妊娠出産を経験することで意識が大きく変わり、今までとはまったく違う職種に興味が出てくるということもあるかもしれません。しばらくの間、専業主婦を続けられるのであれば、これからの働き方、仕事について焦らずゆっくり考えてみましょう。

パートで妊娠【何かにチャレンジしたい場合】

今のパートは理想や目的を持って働いているわけではなく、ただ仕事として働いていて「勉強したいことがある」「資格を取りたい」など今より更なるステップアップを目指している方は、パートで妊娠している期間中に勉強を進めてみましょう。妊娠中の今は勉強に取り組む最適のチャンスです。

「なにか勉強をしたいとは思っているけれど、特に興味があることがない」という方は、通信教育のサイトを見てみるのもおすすめです。少しでも興味があるものに出会えたら、まずは資料を取り寄せてみましょう。

パートの妊娠中に勉強したこと、資格を取ったことを生かして、産後は自分の理想的な仕事に繋げることができるはずです。

パートで妊娠【お金が必要な場合】

パートはどちらかというとお金のためにやっていて、妊娠中も収入が必要という方は、在宅ワークを始めてみましょう。

未経験でもできる在宅のお仕事は、不用品販売です。メルカリなどで販売することもできますし、ジモティーなどで直接不用品を引き取って代金をいただくこともできます。

妊娠中に、これから迎える赤ちゃんとの生活の準備として、独身時代の服やバックなど、これから使わないものを販売すれば、部屋にも赤ちゃんのための空間が生まれます。妊娠中に不用品を売るという経験をしておくと、赤ちゃんが生まれてからも続々と使えなくなる赤ちゃんグッズを販売できます。まだ今後も出産を希望している場合は別ですが、マタニティグッズもいずれは要らなくなるので販売できます。

在宅でもパソコンを使った仕事がしたいという方は、データ入力、文章作成などフリーランスとして自宅で働く選択肢もあります。

コロナの影響で、在宅ワーク、業務委託の仕事も増えてきています。まずはランサーズやクラウドワークスなどの仕事内容をチェックしてみるのもおすすめです。フリーランスの在宅ワークなら、保育園の待機児童になっても働くことができます。妊娠中に把握しておくだけでも、産後子育てをしながら効率良く仕事をすることに繋がるかもしれません。

パートで妊娠した時についてのまとめ

パートで妊娠した場合でも産休、育休を取得できる会社もあります。産休育休制度がない場合でも、産後に職場復帰ができる場合もあります。一人で考える前に、会社の同僚や上司に確認してみましょう。

また妊娠をきっかけにパートを辞めた人は、資格の勉強をする、不用品販売、在宅ワークを始めるなど新しいことにチャレンジするのもおすすめです。

お子さんが産まれたらなかなか自由な時間を確保することができないので、妊娠中の時間をぜひ有意義に使ってくださいね!

いろは

いろはライター

港区麻布にこじんまりとひっそり暮らすシングルマザー。長男小3は自閉症スペクトラム症、ADHD、LD。5歳長女は自閉症スペクトラム様症状が増大中。これまで不登校だった長男に変わり、不登園を貫く長女と毎日濃密な時間を過ごす。子どもたちのおかげでたくさんの人から優しさを享受中

いろはさんの記事一覧 →