子育てママのお悩み解決メディア
疲れているのに眠れない…これって【育児うつ】?原因や対処法を紹介

疲れているのに眠れない…これって【育児うつ】?原因や対処法を紹介

育児で疲れているのに、眠れないし気力が湧かない…。それはもしかすると、「育児うつ」かもしれません。今回は、育児うつの原因や対処法について紹介します。

育児中の沈んだ気持ち…これって育児うつ?

育児うつとは?産後うつとの違い

「育児うつ」とは、子育てによるストレスや、環境の変化などで起こるうつ症状のことを指します。
似た言葉で「産後うつ」がありますが、こちらは産後2~3週間のホルモンバランスや育児疲れによるうつ症状のことを示し、一過性のものです。
育児うつは、子どもの年齢に関係なく、育児をしている人なら誰にでも起こりうる症状なのです。

育児うつの症状とは?セルフチェックをしよう

まずは、セルフチェックをしてみましょう。
以下の症状に当てはまったら、育児うつの可能性があります。

  • 眠れない、睡眠が浅くすぐ目が覚める
  • うっかりミスが多い
  • 突然不安や恐怖に襲われる
  • むやみに自分を責める
  • 外出する気が起きない

育児うつの原因やなりやすいタイプとは

なぜ育児うつは起きるのでしょうか。
原因を見てみましょう。

育児うつの原因

ホルモンバランスの変化

女性は妊娠・出産によってホルモンバランスが大きく変わります。
特に、女性ホルモンが減少することにより、精神的に不安定になってしまうのです。

睡眠不足

特に授乳期間中は、夜泣きや夜間授乳で寝不足になりがちです。
子どもが大きくなっても、育児に加え、家事・仕事で睡眠時間を削っていると、ストレスが蓄積されてしまいます。

脳がキャパオーバーになっている

女性はマルチタスクが得意といわれていますが、母親業は初めての連続。
慣れない育児に追われると、脳がキャパオーバーになり、物事を否定的に捉えるようになります。

育児うつになりやすいタイプとは

育児うつになりやすいタイプは、完璧主義の人です。
家事も育児も仕事も完璧にこなさないとダメという考えの人は、コントロールができない育児に強いストレスを感じる傾向があります。

育児うつにならないための対処法3選

1.ひとりになれる時間をつくる

まずは1時間でもいいので、ひとりの時間をつくりましょう。
近くに頼れる人がいない場合は、ファミリーサポートセンターなど自治体のサービスも利用してみてください。

2.家事を手抜きする

家事は手抜きをする時代です。
食器洗浄乾燥機にお掃除ロボット、ドラム式洗濯機などを使えば、家事の時間はグンと減ります。
また、「金曜日はお惣菜の日」などと決めて、子どもとスーパーで選ぶのもよいでしょう。

3.人に話す

女性は、人に話すことで考えが整理できる傾向があります。
家族や友達だけでなく、保育園や幼稚園の先生に相談することもおすすめです。

頑張りすぎず頼ることが育児うつの対処法!

育児うつは誰にでも起こりうる症状です。
まずは、頑張りすぎず、まわりやサービスを頼ることから始めてみてください。
ただし、症状が重く辛い場合は、専門家へ相談しましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →