子育てママのお悩み解決メディア
オムツを洗濯しちゃった!そんなときの対処方法をご紹介

オムツを洗濯しちゃった!そんなときの対処方法をご紹介

赤ちゃんがいるご家庭では、普通の洗濯物とオムツを一緒に洗ってしまうかもしれない危険といつも隣り合わせ。間違って一緒に洗って洗濯機の中が真っ白…!なんて経験がある方も多いのではないでしょうか? この記事では、オムツを洗濯してしまったときの対処方法をご紹介します。

オムツを洗濯! そんなときどうしたらいいの?

他の洗濯物と一緒に洗ってしまったオムツは、パンパンに膨れて破裂してしまいます。そのときに、内側から出てくるポリマーが厄介な存在。もともとプラスチックのサラサラとした粒なのですが、水分を吸収することで膨らみ、ゼリー状になって、衣類や洗濯槽に付着します。

ポリマー以外にも、引きちぎれたオムツの繊維が散らばり、ティッシュを洗ってしまったときのような惨劇、もしくはそれ以上の現場を目の当たりにすることも覚悟しなければなりません。

【洗濯物】オムツを洗濯したときの対処方法

1. 洗濯物を洗濯機からすべて出す

まずは洗濯物と、洗ってしまったオムツを洗濯機から出します。洗濯物、そして洗濯槽は分けて対処するようにしましょう。

このとき、糸くずフィルター内にポリマーや繊維が溜まっているようなら取り出し、時間に余裕があるなら、あとで解説する【洗濯槽の対処方法】を試してみてください。

2. 洗濯ものについたポリマーを払う

洗濯物についてしまったポリマーや繊維を払います。浴室か玄関先、ベランダなどの少し広い場所で、新聞紙やチラシを敷いてその上で払うと、後々の処理が簡単になります。時間がある場合は、衣類1枚1枚をブラシで払うのも効果的!

付着物は「だいたい」払うのがポイントです。

3. もう一度すすぎ洗い

そして、付着物を払った洗濯物は、再度洗濯機に入れ、もう一度すすぎ洗いをしてください。このときに柔軟剤を使って洗うと、洗濯物を乾かしたときに付着物が取りやすくなります。

時間がある場合は、すすぎを一時停止して、浮いてきたポリマーを取り除くとあとが楽チンです♪

4. “外”で乾かす

すすぎ終わったら、洗濯物を乾かします。乾燥機を使うと、まだ付着しているポリマーが溶けてまた厄介なことになるので使わないで。ここでは、おうちの中や外で干して乾かすようにしましょう。

5. ポリマーを落とす

ポリマーは乾くと小さくなって取りやすくなるので、この段階では叩いたり、払ったりするだけでも十分落ちるようになっています。ブラシを使うと、時短になって仕上がりも◎

【洗濯槽】オムツを洗濯したときの対処方法

破裂してしまったオムツが洗濯槽にもびっしり張り付いている…なんて地獄を目の当たりにしたことがあるママやパパもいますよね。洗濯槽についたポリマーや繊維は、残念なことに、地道に手で取り除くほかありません。

ポリマーや繊維がついている部分を、赤ちゃんのおしりふきやキッチンペーパーなどで拭き取ります。ティッシュは水分に弱いので、逆に洗濯槽を汚す原因になります。最後に、排水溝や排水ホースの中をチェックすることもお忘れなく。

お洗濯前の仕分けを工夫してみよう

みなさんは、洗濯物の仕分けはどこで行っていますか? リビングや寝室に置いた洗濯カゴの中身を、そのまま洗濯機に入れているという人はいませんか? 洗濯物の仕分けを洗濯機の前で行うと、間違って洗濯カゴに入れてしまったオムツを発見しやすくなります。朝の貴重な時間をオムツの処理で終わらせたくないという人は、ぜひ試してみてください。

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。ここ数年は海外を転々。占いによると、2026年まで終いの住処を探して世界をさ迷う運命。どこにたどり着くのか、とても楽しみにしています。

きくさんの記事一覧 →