子育てママのお悩み解決メディア
子育てにおける父親の大切な役割!イライラしない家庭円満のコツとは

子育てにおける父親の大切な役割!イライラしない家庭円満のコツとは

一昔前は、父親は外で仕事をし、母親は家庭を守るという風潮がありました。しかし、現在は母親も仕事をする共働き家庭も増えて、子育てに積極的に関わる父親が増えてきました。

子育てをしたいと頑張っても、子供は母親でないと泣き止んでくれず、子育てにおいて父親の役割はなんだろうと悩んでいる方もいるようです。

そこで、子育てにおける父親の役割や家庭が円満になるコツを紹介します。ぜひ参考にしてください。

子供の成長と共に変わる父親の役割

子供が小さいうちは、子育ては母親がメインですが、父親にも大切な役割があります。

子供の成長とともに父親の役割は変わっていくため、乳児期、幼児期、小児期に分けて解説します。

母子の生活と心を守る乳児期の役割

子供が乳児期の時は、母親は授乳や睡眠不足でクタクタになります。疲れている母親の心と体のケアをするのが父親の役割です。

母親が体を休め、気分転換できる時間を作ってあげましょう。その間、母子を経済的に支えることも大切です。

自立の第一歩を支える幼児期の役割

子供が幼児期の時は、父親の存在意義を理解し始める頃です。

父親も家族を守っていることを、子供に気付かせる必要があります。

優しく、時には厳しく子供に接することで、子供が自我を形成して自分自身をコントロールできるように、成長の土台を作る大切な役割です。

行動を教える小児期の役割

子供が小児期の時は、母親は言葉でさまざまなことを子供に教えます。一方、父親は行動でさまざまなことを子供に教えます。

例えば、重い物を持ったり、高い所にある物を取ってあげたりすることで、頼もしい父親だと子供は感じます。頼りになる姿を見せてあげましょう。

子育てと仕事の両立は難しい?

父親の中には、仕事を頑張りたいし子育てもしたいと考えている方が多くいます。

しかし、必死で仕事をして疲れ切って家に帰ると、自分が思っていたように子育てに関わることができず自問自答を繰り返している方もいます。

子育てと仕事を両立させるにはどうしたらいいのでしょう。

働き方改革で仕事と子育ての両立が可能に?

子育てと仕事を両立したくても、職場には理解してくれない上司がいて残業を強いられることもあります。

働き方改革は、仕事と子育てや介護などを両立しやすくするため、柔軟に仕事ができるようにする改革です。働き方改革によって、残業をせずに帰宅して積極的に子育てに関わることができる場合もあります。

仕事の内容を見直し、制度を上手に活用して、仕事と子育ての両立を図れるようになるとよいですね。

妻とのコミュニケーションを大切に

子育てと仕事を両立させるために重要なことは、妻を労う気持ちです。いつも頑張っている妻を褒めて、自分の子育てへの気持ちを理解してもらいましょう。

お互いを認め合うことで、子育てに積極的にかかわる父親の気持ちが理解してもらえるようになり、「やっぱりパパがいるから助かるね。」と思ってもらえます。家庭も円満になって過ごしやすい日々になるでしょう。

イライラして辛い時は育児本を活用しよう

子育てをしていると、思うようにできず辛い思いをする時があります。そんな時は育児本を活用してみましょう。

育児本の中で共感できる部分を参考にすることで気持ちも楽になります。

本を買いに行く時間がない場合は、電子書籍を利用してもいいですね。家で自分に合った育児本をダウンロードして、手が空いた時に読むことができます。

父親の役割を果たし家庭円満に

子育ては母親だけのものではありません。父親の役割を果たすことで子供はまっすぐ成長していきます。

自分の思いを主張するだけではなく、妻を思いやり、互いに理解しあうことで家族が笑顔で過ごせるとよいですね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →