子育てママのお悩み解決メディア
高橋真麻さんの娘はまさかの鶴竜似! 父・秀樹さんも旦那さんも3か月の娘にメロメロです

高橋真麻さんの娘はまさかの鶴竜似! 父・秀樹さんも旦那さんも3か月の娘にメロメロです

スイス生まれの人気キャラクター「ピングー」が今年2020年に40周年を迎えたのを記念し、展覧会「40周年記念 ピングー展」を松屋銀座8階イベントスクエア2020年8月12日よりスタートしました。そのオープニングにあたり、この4月に第一子を出産したばかりの高橋真麻さんが登場。ピングーとソーシャスディスタンスを保ちながらのエアタッチを交わし、ピングーについての想いを語ってくれました。

エアハイタッチをするピングーと高橋真麻さん。

■アナログからデジタルまで3世代で楽しめる展示

アニメも観ていて、筆記用具やお弁当箱などのグッズも購入して使っていたという真麻さん。

「初めて見たときにそれまでのアニメと違って、ピングーがピングー語を話しているので、何を言っているのかわからない。だからこそ、ピングーはこういっているんじゃないか?こういうお話なんじゃないかって子どもの想像力をかきたててくれるいいアニメだと思います」

今回の展示についても、クレイアニメがどうやって作られているのかという工程がわかり、新たなCGでのアニメにも触れられるコーナーもあり、ピングーが様々な職業になっています。おじいちゃん・おばあちゃんから子どもまで3世代で楽しめる展示だといいます。

「コマ送りのアニメを作る際に使われていた人形が展示されていて、アニメを見ていた私としては『これを使って撮影していたんだなぁ』とうれしくなりました。大人は撮影工程を見て楽しめますし、小さいお子さんはピングーの人形であったり、大きなオブジェを見て楽しめるんじゃないかなぁと思います。昔のクレイアニメといまのデジタルのアニメ。両方の良さが楽しめる展示ですね」

実際に撮影に使われた表情豊かなキャラクターたちも展示されています。
ピングーのキュートな動きがどう作られているのかがよくわかります。
各展示ごとの、どのお話に使われているのかがわかるようになっていて、会場のあちこちで実際のアニメ映像も流されています。
CGアニメのピングーはいろんな職業に七変化!

「お子さんにはどんな職業に就いてほしい?」という質問に真麻さんは、

「産む前には、普通に企業に勤めて、幸せな結婚をしてくれたらいいなぁと思っていました。でも、実際生まれたら、好きなことはなんでも自由にやってほしいなと。自分のやりたいことを自分で決めて、それを応援したい。でもすでに私に似て食いしん坊なので(笑)、食べ物の道に進むんじゃないかなぁなんて思っています」とコメント。

会場限定のぬいぐるみなどグッズも充実!

今回のピングー展は、内容の充実もさることながら、グッズの充実ぶりも注目されています。

「娘がようやく3か月で、黒と赤が認識できるようになってきているのか、目がなんとなく追っているなぁと。絵本とかでも黒と赤が出てくると反応しているので、ピングーのぬいぐるみを買って帰ったらわかるかもと思ったので、まずそれですね。あと私ガサツで、筆記用具や化粧品をカバンのなかにそのまま入れてしまうようなタイプだったのですが、娘ができて娘のものはポーチにいれて小分けにしているのでそれも。あと、先行販売のフルーツピングーのフォトフレームもいいなぁと思いました。リュックも、2~3歳ぐらいになったら持って歩けそうなピングー型のがあったので、それも欲しいですね」

会場出口には巨大なピングーがお見送り。こちらでのみ撮影可能となっています。
会場限定販売のぬいぐるみ 「ピングーとくま」(写真左・4400円)と「ピンガとうさぎ」(写真右・3960円)

家族みんなをメロメロにする愛娘は鶴竜関似!? 

ミルクをあげても、もっと欲しい!というように泣くというお子さんは、この日は旦那さんと一緒にいるそうです。高橋秀樹さんも、ピングーを好きなので一緒に来たいっていったら「いいよ」とは言うと思うものの、そこに孫と一緒にといったら即決間違いなしだそうです。

「(高橋秀樹さんは)可愛い可愛いっていうよりは、だっこをするにしても何かがあっては大変だと、緊張感を持って接していますね。お食い初めでも女の子の場合は女性の年長者がやるところですが、せっかくだから『高橋秀樹さんやってください』とやってもらったものの、2分ぐらいのお食い初めで『全身筋肉痛だ』って言ってましたね。最初にお赤飯で、次に鯛で…と、説明書も真剣に読み込んでいました」

お風呂は「緊張しすぎて心臓が止まったら困るので、(高橋秀樹さんが)入れるなんてとんでもないです(笑)」と旦那さんが入れる担当だとか。

食べることが大好きだという娘さんは、同じ頃に産まれた子に比べてふとももや腕が一回りぐらい太く、お風呂に入ると真麻さんや旦那さんではなく、大相撲の鶴竜関に似ているなぁと思うそうです。

ピングー展は、松屋銀座 8 階 イベントスクエアにて9月2日まで開催中。新型コロナウイルス感染予防対策のため、来場には当日も時間指定の事前予約が必要となっています。チケット発券に関しての詳細はホームページをチェックしてください。

「ソーシャルディスタンスをきちんと保った展示になっているので、来場した方にも安心して楽しんでいただけると思います。皆さんぜひ足を運んでください」

イベント名:40周年記念 ピングー展
期 間:2020年8月12日(水)‐9月2日(水)
時 間:10:00‐20:00
※8月16日、23日、30日は 19:30 閉場。8月24日、9月2日は 17:00 閉場。
※入場は閉場の30分前まで。
会 場:松屋銀座 8 階 イベントスクエア
所在地:東京都中央区銀座 3-6-1
入場料:一般 1,300(1,000)円、高校生 700(500)円、中学生 500(400)円、
小学生 400(300)円
※( )内は前売料金。
電話番号:03-3567-1211(松屋銀座 大代表)

URL:http://www.pingu.jp/40th

(C)2020 JOKER

北本 祐子

北本 祐子ライター

大阪生まれ。IT系出版社に勤務後、「女性にもITをもっとわかりやすく伝えたい!」とIT系編集・ライターとして独立したはずが、生来の好奇心の強さとフットワークの軽さから気が付けばトレンドライターとして幅広いジャンルを取材・執筆。ジャンルは違っても、人を幸せな気分にしたくて生まれる商品やサービスに込められてた思いを広く伝えるべく、日々駆け回っています。お得&楽しい情報が大好きなので、たくさんシェアしていきます!instagram.com/yukokitamoto

北本 祐子さんの記事一覧 →