子育てママのお悩み解決メディア
仕事と家事・育児の両立にイライラ…必要なのは自分の時間!

仕事と家事・育児の両立にイライラ…必要なのは自分の時間!

仕事だけでなく、家事や育児を両立させようと頑張るワーママ。しかし、限られた時間のなかで全てをこなすのは難しく、イライラしてしまうこともあるでしょう。両立するために必要なのは、実はママ自身の時間なのです。今回は、ワーママが自分の時間をつくる方法をご紹介します。

仕事に家事・育児の両立が辛い!

仕事をしながら、家事・育児の両立をすることは本当に大変です。特にワンオペ育児の場合、大量の家事と育児を同時進行で進めなければなりません。

仕事が終わったらダッシュで保育園にお迎えに行き、ぐずる子どもをあやしながら夕食を作って食べさせてお風呂に入れて、寝かしつけが終わったら洗濯に掃除に…とやることが山積みです。「もう無理!」と嘆いているママも多いでしょう。

ワーママが自分の時間をつくるべき理由

なぜ、仕事や家事・育児を両立させるためには、なぜママ自身の時間をつくることが必要なのでしょうか。

すべてを1人で両立させるのは不可能だから

そもそも限られた24時間のなかで、1人で全てをこなすのは不可能です。決してママのスキル不足ではありません。仕事をしながらワンオペ育児をしていると、両立どころかキャパオーバーになってしまい、子どもに対しても余裕がなくなってしまいます。

ママの笑顔は家族の幸せに繋がるから

自分の時間をつくって習い事や美容院に行ったり、趣味に没頭する時間をつくったりすることで、心に余裕が生まれます。心に余裕があると、イライラせずに子どもと向き合えることもあります。ママが自分の時間をつくることは、結果的に家族の生活のしやすさにも繋がっていくでしょう。

ワーママが自分の時間をつくるコツ

自分の時間をつくることが大切だと分かっても、実際には仕事や家事・育児に分刻みで動いていて、そんな余裕はないと思っている方も多いでしょう。 ここからは、ワーママが自分の時間をつくるコツをご紹介します。

月に1回半休を取る

まずは月に1回、仕事で半休を取ることです。1日有休を取ることは難しくても、半日ならハードルが下がるのではないでしょうか。子どもの熱や自分の体調不良の時しか休みを取らない方も多いですが、定期的に休みを取ることで、自分をメンテナンスする時間を確保できるのです。

パパのいる週末だと出かけるのに気が引けるというママも、半休を取れば、平日の空いている時間帯に堂々と自分の時間を楽しむことができます。

夫や家事代行サービスに頼る

自分の時間をつくるためには、夫と家事・育児を分担することが大切です。分担のコツは、得意分野の家事を分担したり、家事の見える化をして共有したりすること。

「ゴミを出す」という家事も、実際にはゴミ出しの曜日を把握し、各部屋からゴミを集めて、ゴミ袋を設置するなどの細かいタスクがあります。細分化して共有し、分担することが結果的に自分の時間をつくることに繋がるでしょう。

また、家事代行サービスなどを定期的に利用することもおすすめです。家事のプロが料理や買い出し、掃除などの家事を代行してくれるので、家事にかかる時間を自分の時間に充てられます。

ズボラでOK!時短家電を取り入れる

時短家電を取り入れると、家事の時間をグッと減らすことができます。ロボット掃除機を使えば留守の間に床掃除が完了し、調理家電を使えば子どもとお風呂に入っている間に夕食の出来上がりです。

乾燥機能付き洗濯機なら、洗濯物を干す・取り込むという家事の負担を減らすことができます。減らした家事の時間は、自分の時間に充てることができるのです。

自分の時間をつくれば家族の幸せに繋がる

仕事に家事・育児に走り回っていると、つい自分のことを後回しにしてしまいがち。しかし、本当に両立をさせたいのなら、自分の時間をつくる必要があります。そのことで、結果的にママの心に余裕が生まれ、結果的に家族が楽しく過ごせることに繋がるでしょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →