子育てママのお悩み解決メディア
いつからはじめる?子育てとパートを両立するためのおすすめ職種

いつからはじめる?子育てとパートを両立するためのおすすめ職種

子どもが少し大きくなったら、「そろそろ働きに出て家計を支えなきゃ」と思う人もいるでしょう。社会復帰は働き方も時期も人それぞれ。今回はパート勤務を考えている人におすすめの職種を紹介します。

子育てとパートの両立がしやすいおすすめ職種

子育てとパートを両立しようと考えているのであれば、時給だけを見てパートを決めるのは危険です。体力面と時間面に考慮した、子育てとパートを両立しやすい職種を紹介します。

正社員転向を視野に入れるなら一般事務・受付

室内で座って行う仕事なので体力の消耗が少なく、体力勝負のママにおすすめの職種です。

会社によっては、正社員登用も望める職種であるため、子育てがひと段落してからフルタイムで働きたいと考えている人であれば、選択肢に入れておくべきでしょう。

シフトの希望を通しやすいコールセンター

通信販売のテレアポや企業のカスタマーサポートを担当する電話窓口業務です。業務に従事する前に研修が入るので、未経験でも就職しやすい職業と言えるでしょう。

企業によっては在宅勤務制度を導入しているところもあるので、子育てとの両立もしやすい職業です。

時間の融通が利きやすいサービス業

レストランやカフェ、コンビニの店員などの仕事は、パート勤務をしている人も多く、時間に融通が利きやすいという特徴があります。特別なスキルを要することも無いので、気軽に働きやすいでしょう。

シフト制で急な残業が入ることもないため、子育て中のママには嬉しい環境と言えます。

両立がしんどいのは職場環境のせいかも?

働きやすい職種を選んだはずなのに、パート勤務を始めてから子育てとの両立がしんどいと思うこともあります。もしかしたら、原因は職場の環境にあるのかもしれません。

職場に理解の無い人が多い

子どもはいつ病気やケガをするか予測不能です。そのため、急な呼び出しも多くなり、遅刻や早退、欠勤が多くなります。仕方のないことだとは言え、職場は理解のある人ばかりではありません。

口には出さないかもしれませんが、思っていることが雰囲気で伝わったり、陰口を言われていたりすることもあるようです。 予防策として、現状を理解してもらうことも大切。

子どものことはコントロールができないことを説明して、上司や同僚を味方に付けておけば、仕事をフォローしてもらえる確率も上がります。

ただ、そうした努力をしたのにも関わらず理解を得られなかった場合は、職場を変えるというのも一つの手です。

通勤時間が長い

ママはとにかく時間がありません。パートであれば時間内に仕事を終わらせて、時間までに保育園にお迎えに行き、帰宅してからも食事の準備やお風呂、寝かし付けとタスクが多く、時間に追われています。

1分1秒が惜しい中、通勤時間に1時間もかけてはいられません。パート探しをするときは、家から職場までの通勤時間も着目して選ぶと、しんどさが軽減されるでしょう。

両立するためには家事の手抜きも大事

「パートはフルタイムで働いている人より時間があるから」と家事を完璧にしようとする気持ちは捨てた方が良いでしょう。

子どものお世話や明日の準備、食事、お風呂など身の回りのことをしているだけでも、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

全てを完璧にこなそうとするとストレスが溜まってしまうので、手抜きをしながら上手に子育てと仕事を両立していきましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →