子育てママのお悩み解決メディア
子どもの白髪、放っておいても大丈夫?原因と対策を解説
2020.09.09 by きく きく

子どもの白髪、放っておいても大丈夫?原因と対策を解説

白髪といえば、おばあちゃんやおじいちゃん、あるいはママやパパの年齢になると生えてくるものというイメージですが、子供たちにも生えることがあるんですよ。子どもの白髪の原因として考えられることと対策について解説します。

子どもの頭に白髪! これって病気のサイン?

黒々とした子どもの髪の毛。とかしながら毎日うっとり…していたら、ちらほら白髪を発見! 白髪は加齢のサインと受け取られることが多いですが、生まれて数年の我が子の髪に白髪が混じっていたら、ママやパパも驚くはず。子どもの白髪には、一体どんな理由や原因があるのでしょうか?

子供の白髪の原因として考えられる4つのこと

1. 食生活

子どもも大人も、髪の健康にはバランスのとれた食事が欠かせません。これを食べれば大丈夫! という食べ物はありませんが、髪の大部分を構成する「たんぱく質」や、髪や頭皮に栄養を行き渡らせるための「ビタミン群」、それらを合成する「亜鉛」などをバランスよく食べることが必須です。(※1)

2. 紫外線

紫外線はお肌だけではなく、髪の毛の健康にも影響を及ぼします。髪の毛の黒色を作る「色素幹細胞」が紫外線によって傷つき自己複製できないと、色素の細胞が不足し白髪になるという研究結果が出ました。(※2)子どもも大人も、外出時には髪の毛や頭へのUVケアを怠らないようにしましょう。

3. ストレス

ストレスで白髪になったという話はよく聞きますよね。噂程度に聞いていた人もいるかもしれませんが、実は最近の研究で事実が明らかになってきました。強いストレスを感じることで色素幹細胞が損傷、枯渇することが原因とされています。(※2、3)

4. 病気

白髪の原因と言われている病気にはいくつかありますが、わかりやすいものでいうと尋常性白斑という皮膚の病気があります。白斑は肌の一部が白く抜けてしまう皮膚の病気で、はっきりとした原因は解明されていません。それが頭皮にできると、その部分にだけ白髪が生えてきます。(※4)

お子さんの白髪が気になるようでしたら、安易に自己診断せず、一度専門家を受診することをオススメします。

子どもの白髪対策としてできること

1. バランスのいい食事

髪の大部分を構成する「たんぱく質」、髪や頭皮に栄養を行き渡らせるための「ビタミン群」、それらを合成する「亜鉛」「銅」などをバランスよくメニューに組み込むようにしましょう。普段から食べている肉や魚、わかめ、大豆、卵なども白髪対策に必要な栄養素を持つ食材。(※1)食材や食事の見直しなら、今日からでもできそうですね。

2. 髪のUVケア

特に紫外線が強い時季は、肌と同じく、髪の毛のUVケアも忘れないようにしましょう。帽子をかぶったり、髪専用の日焼け止めなどをつけると白髪対策になります。

3. ストレスがない生活を送る

ストレスは目に見えるわけではなく、またひとりひとりの感じ方も違います。お子さんを見て何か嫌がっていること、気にしていることなどを見つけて対処してあげるようにしてください。一緒に遊んであげたり、話を聞いてあげるのも効果的です。

4. 病院へ行く

白髪が束になって生えているという場合は、迷わず小児科や皮膚科に相談してみましょう。

子どもの白髪は数本なら気にせずに

子どもに白髪が生えている! それだけで驚き、何か悪い病気かも…と思うママやパパもいるかもしれません。しかし、数本くらいなら特に理由もなく生えてくることがあるんですよ。もし密集して多く生えているようなら、専門医に相談して、治療してもらうようにしましょう。

※1 生命科学データベース「白髪抑制用組成物およびそれを含有する化粧料及び飲食タイプの化粧料」 https://dbsearch.biosciencedbc.jp/Patent/page/ipdl2_JPP_an_2004256091.html

※2 KANKEN「色素幹細胞の運命制御における酸化ストレス応答の役割の解明」https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-24590477/

※3 Wierd「強いストレスによって「白髪」になるメカニズムが、実験結果から見えてきた」https://wired.jp/2020/02/23/stress-and-gray-hair/

※4 皮膚科医 清水宏 オフィシャルサイト「16 章 色素異常症 2.尋常性白斑 vitiligo vulgaris」http://www.isonokami-hihuka.com/skin/skin8

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。ここ数年は海外を転々。占いによると、2026年まで終いの住処を探して世界をさ迷う運命。どこにたどり着くのか、とても楽しみにしています。

きくさんの記事一覧 →