子育てママのお悩み解決メディア
子ども・幼児の成長は食事から!簡単に学べる資格を紹介!

子ども・幼児の成長は食事から!簡単に学べる資格を紹介!

子どもが離乳食を食べる時期、そして、徐々に大人と同じような食事に移行していく時期、多くの親御さんは食べ物に関する悩みを持っているでしょう。

例えば、

・子供の好き嫌いが激しい
・家事で忙しい時には、お菓子を食べさせてしまいがち
・しっかりした量を食べてくれない
・アレルギーが気になる

など、様々な悩みや不安を抱えている親御さんも多いのではないでしょうか。

「幼児期 食事」などで検索をしてみると、厚生労働省をはじめ、栄養士会などが、食事の重要性について触れています。偏りのある食生活や不規則な生活習慣が病気につながることはもちろん、発育にも大きな影響を与えます。

このように、幼児期の食事はとても重要なのです。

ここでは、年齢別に子供の食事のポイントをまとめてみました。

■年齢別「幼児食」のポイント

・0歳

生後5か月~半年程度を超えてくると、「離乳食」がスタートします。まだ歯が生えそろっていない時期ですし、消化機能も十分ではありません。

まずは消化にも良い「おかゆ」を1さじ与えることから始めてみましょう。大人が食べるようなおかゆではなく、さらにすりつぶして食べやすくしたものが適しています。

その上で、徐々に野菜や、魚などに食事を広げていきましょう。これらも、もちろん、おかゆのように柔らかくして食べさせます。

ここでのポイントは無理に食べさせないことです。もちろん、ある程度しっかりと食事はとってもらいたいところですが、食事自体が嫌いになっては元も子も有りません。これは0歳に限らず、幼少期には気を付けておきたいポイントです。

なかなか口にしてくれないこともあると思いますが、ある程度の栄養は母乳やミルクからの摂取が可能ですので、焦らないことが重要です。

・1歳

12~18か月程度になると、子供も手づかみで食事をとろうとしたり、スプーンやフォークを握って食べたがったりするようになるでしょう。

こうした特徴が見られるようになれば、徐々に固形(といっても歯茎でつぶせる程度や、5mm角以下に切り刻んだ)の食事に進んでいきます。

この時期は、食事のサイクルを作り上げる最初の時期です。ですので、朝昼晩、なるべく1日3食は食事をとりましょう。食が進まない場合は、おやつなどで栄養補給をすることも重要です。

また栄養バランスも少しずつ気にし始めたい時期です。炭水化物(ご飯や、うどん)、ビタミン・ミネラル(野菜や、果物)、たんぱく質(魚や、乳製品)などをバランスよく与えられるといいでしょう。

献立例:カレーライス、豆腐、ほうれん草のおひたし

・2歳

2歳になると、徐々に大人と同じような食事が食べられるようになります。このため、基本的には、同じ食事を与えてしまって問題ありません。しかし、

・刺身や、生卵などの生もの
・噛み切りづらい、のどの使える可能性のある食べ物(餅、こんにゃく、たこ など)
・味付けの濃いもの

などは基本的にはNGです。素材の味を活かした、薄味かつ消化に良い食事が望ましいでしょう。

また、イヤイヤ期の始まりとぶつかるこの時期は、食事を食べたがらない、なんてことも多いです。そんな時は無理に食べさせずに、お腹が減るのを待ってあげても良いでしょう。

また、基本は朝昼晩の3食+栄養補給代わりのおやつのみの4食程度をリズムよく与えましょう。規則正しい食生活を身に着けることが重要なのです。

食事量は大人の半分程度が適量です。お子さんが十分に食事をしているかの目安にしてみてください。

献立例:ご飯、みそ汁、豆腐ステーキ、牛肉入り煮物、ひじきサラダ

・3歳

2歳に比べて、さらに大人と同じようなものを食べられるようになる時期です。とは言いながら、例えばお湯で味を薄めたり、大人用と分けて味付けしたり、よく火を通したり、など子供に合わせた調理をしてあげるのが重要です。

一方で、2歳から続くイヤイヤ期や、自我がさらに強くなる時期ですので、食事の好き嫌いも顕著になってきます。

もちろん、無理に食べさせる必要はありませんが、もう母乳に頼ることはできませんので、しっかりと栄養を食事で与えることも重要です。その為には、嫌いな食材を細かく砕いて、子供にわからないように与えるなどの対策も必須です。

また、ご飯では、子供向けの「ふりかけ」なども食事の促進だけでなく、栄養素の補給に重要な役割を果たします。アニメキャラクターのついたパッケージは子供も大喜びです。

3歳では大人の半分~2/3程度の食事量でしょうが、その中でも栄養素をしっかりと取っていくことが、健全な発育につながります。

献立例:ハヤシライス、ゆで卵、レタスのサラダ

・4歳以降~

4歳以降では、様々な食材にチャレンジしてみましょう。

例えば、さつま芋であれば、食物繊維を効率的に摂取でき、腸内環境を整えることにもつながります。繊維があるため、3歳頃にはなかなかとれなかった食材ですが、4歳頃から食べられるようになります。

脳の発育を促すにはDHAが豊富な鮭や、しらす、さば、さんまなども有効です。特に人間の脳の90%近くは6歳までに形成されるといいます。この時期の食事が大人になる過程で一定の影響があるといっても過言ではないでしょう。

このように食材それぞれに、子供の健康な成長につながる栄養素が含まれています。そうした栄養を幅広く摂取するのが良いでしょう。

■ジュースや、甘いおやつはできる限り避けましょう

血糖値が高くなる糖分を含んだジュース、おやつはできる限り避けましょう。それだけで空腹感が満たされてしまうため、3食の食事をあまり食べられなくなってしまいます。

子供向けのおやつとして、栄養素を多く含んだ、甘くないおやつもたくさん市販されています。

子供も喜びますし、そういった子供向けおやつを購入しましょう。

ジュースを飲んでいる間は子供が静かになるなど、親御さんも楽ではありますが、「ほどほど」にすることがお子さんの為にも重要です。

■乳幼児食指導士養成通信講座とは

ここでは通信講座という学び方について紹介したいと思います。

上記のような年齢別の食事や、気になる食物アレルギーの基本的な知識と食事による対症療法についても紹介しています。また100種類近いレシピがついているので、今日は何を食べさせようか?なんて悩みを解決してくれることでしょう。

・乳幼児食指導士養成通信講座

今回紹介するのは、「乳幼児食指導士養成通信講座」という講座です。その名の通り、幼児食だけでなく離乳食から学べる通信講座です。病気の対応や食物アレルギーレシピに関しても学べます。

運営元は「日本フローラルアート」。50年も続いている会社なので、安心感があります。

テキスト執筆・指導は管理栄養士間宮智子先生。さらに、赤堀料理学園の校長先生が監修。その他にも、小児栄養学の大学教授にも推薦されているしっかりとした通信講座です。

・たったの半年で学べるから、子育てとの両立も可能

子育てとの両立も可能な期間での学習が可能。計6回の課題提出、しかも添削指導までしてくれます。

1日ずっと勉強しなくちゃいけない、なんていうものでもないので、忙しい子育ての合間に短い時間でも継続的に勉強をすることで、しっかりと学ぶことができるでしょう。

・民間資格も取得可能

受講期間内に全課題に合格すれば、資格を取得した証である「修了証(認定証つき)」をもらえます。履歴書にも書ける民間資格として、就職やキャリアアップにも使えます。

・月々3,450円から学べる

料金は分割払いを選択すると、月々3,450円で学ぶことができます。お財布にも優しい料金体系が特徴です。

■こんな卒業生も資格を取得

・管理栄養士 藤原朋未さん(神奈川県・31歳)

様々なレシピや、子供の食に関する悩みを扱った、人気ブログの運営者である藤原朋未さん。少人数制の離乳食教室も開講している、今注目の管理栄養士さんです。

実は藤原さんも、この講座を受講した卒業生。資格取得後はブログ開設と、離乳食レッスンの開講。料理家の活動に役立てています。

http://tomomi-fujiwara.blog.jp/

■まとめ

いかがでしたでしょうか。幼少期の食事に関しては、書ききれないほどの重要性があります。そんな幼少期の食事について、実践的に学べる通信講座という選択肢をあなたもぜひ考えてみてください。

・今ならさらに

① 子供が喜ぶ食物アレルギーレシピ100

② 子どもがよろこぶ乳幼児食かんたんレシピ

こうしたレシピ集ももらえます。お子さんの為はもちろん、ママにとっても日々の食事の用意も楽になるかもしれません。

資料請求 お申込みはこちら

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →