子育てママのお悩み解決メディア
みんなが憧れる夫婦像って?理想の夫婦になるために必要なこと
2020.09.08 by Hanakoママ Hanakoママ

みんなが憧れる夫婦像って?理想の夫婦になるために必要なこと

結婚する際、誰もが理想の夫婦になりたいと一度は考えるはず。 理想の夫婦になりたいなら、自分が求める理想像を明確にしておくことが大切です。

そこで今回は、みんなが憧れる夫婦像や理想の夫婦になるために必要なことを紹介します。

みんなが憧れる理想の夫婦像とは

理想の夫婦像は人によってそれぞれ異なります。では、一般的にイメージされる理想の夫婦はどのようなものなのでしょうか。

適度な距離感を維持している

結婚は恋愛の延長線上ではないので、いつまでも恋人気分で構ってほしいタイプの人は相手の負担になりがちです。 理想といわれる夫婦は、精神的にも経済的にもお互いに自立しているので、相手の領域に踏み込み過ぎず適度な距離を保つことができます。

お互い自立心が高いと依存度も少なくなるので、居心地の良さを感じて良好な関係を築けることも魅力の一つでしょう。近年は、共働き夫婦も増えているので、適度な距離感を維持する夫婦に憧れを抱く人が多いようです。

いつも笑顔が絶えない

いつも笑顔が絶えない夫婦もみんなが憧れる夫婦像の一つです。笑顔になれるということは、それだけコミュニケーションがとれている証拠。 結婚生活が始まると、仕事や育児に追われて夫婦でゆっくり過ごす時間も少なくなるので、夫婦の会話も減りがちです。

ただ、笑顔が絶えない夫婦は、積極的に会話をして良好な関係を維持することを心がけています。そんなお互いにコミュニケーションをとり合って関係を構築する夫婦に憧れる人が多いようです。

お互いに尊敬し合っている

お互いに相手を尊敬している夫婦も憧れの対象になる夫婦像の一つです。尊敬するということは、相手を尊重している証拠。 そのため、意見に多少の食い違いが出ても、大きな喧嘩にまで発展することはありません。

尊敬し合える夫婦は、相手の意見を尊重しお互いの欠点を補っていくことで良好な夫婦関係を築いています。 そんな尊敬し合える夫婦に理想を抱く人は少なくありません。

理想の夫婦になるために必要なこと

理想の夫婦は、そう簡単になれるものではありません。ただ、日々の生活の中で少し意識を変えるだけで理想の夫婦に近づけることも。ここからは、理想の夫婦になるために必要なことを紹介します。

感謝の気持ちを忘れない

仕事や育児に追われてついつい忘れてしまいがちですが、どんなに小さなことでも相手に感謝する気持ちを継続させることが理想の夫婦になるための第一歩です。 毎日顔を合わせて生活をしていると、相手がやってくれていることが当たり前になって感謝の気持ちも薄まりがちです。

それでは、理想の夫婦に近づくことはできません。 やって当たり前ではなく、やってもらったことに対して感謝するようにしましょう。一言「ありがとう!」と伝えるだけで夫婦の関係は良好になるはずです。

相手を理解する努力をする

人は育ってきた環境がそれぞれ違うので、物事に対する考え方や価値観が異なります。結婚生活では価値観や考え方の差が如実に現れて、喧嘩の発端になることも。 理想の夫婦になりたいなら、異なる価値観や考え方を受け入れることから始めてみましょう。そして、お互いにとって良い落としどころを見つけていくのです。

この作業を継続することで、夫婦としての新たなルールを決めることができ、変に喧嘩が増えることもありません。初めは時間がかかるかもしれませんが、良いコミュニケーションの時間にもなるので前向きな話し合いを続けていきましょう。

時には妥協することも大事!

結婚したなら少しでも理想の夫婦に近づきたいと考えるものです。ただ、一緒に生活をする中でわかり合えない部分が出てくることも。 そんなときは自分の意見を押し通そうとするのではなく妥協することも大切です。

価値観や考え方の差は折り合いをつけていくことで、お互いに納得できる落としどころが見つかるはず。 長い結婚生活の中で妥協することを身につけられれば、理想の夫婦に近づけるでしょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →