子育てママのお悩み解決メディア
幸せ?後悔?子供がいない夫婦って実際はどうなの?
2020.09.07 by Hanakoママ Hanakoママ

幸せ?後悔?子供がいない夫婦って実際はどうなの?

結婚すると一度は考える子供という存在。ただ子育ては大変そうだし煩わしいことも多いだろうなと思うと、子供がいなくても良いのでは?と考えてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は子供がいない夫婦について実際はどうなのか紹介します。

子供がいない夫婦の割合は増えている

国立社会保障・人口問題研究所のデータによると1977年には3.0%だった子供がいない夫婦ですが、2015年には6.2%と約2倍に増加しており、子供がいない夫婦は年々増加傾向にあることが分かっています。

あえて子供を持たない夫婦や望んでいるけれどなかなか子供ができない夫婦など理由はさまざま。結婚したら必ず子供をもうけるという考えはもう古いと言えるでしょう。

子供がいないメリット

子供が原因の喧嘩がないためいつまでも仲良くいられたり、時間の確保やお金の心配がなかったりなどメリットもあるため、子供がいないことは悪いことばかりではありません。

恋人気分が続く

子供がいない夫婦はパパママにならないため、いつまでも男と女です。つまり恋人気分が長く続くということ。子供がいる家庭で起こりがちな、どちらか一方に負担が増えるということも少なく、すれ違いもあまりないのでいつまでも仲良くいられる夫婦が多いようです。

自由な時間・お金が多い

子供がいる夫婦と比べると、子供がいない夫婦は時間の確保が容易です。育児費用を考える必要もないので、経済的にも余裕があります。

自分たちだけのために使える時間とお金があるということは、ストレスも溜まりづらく、メリット満載です。

子供がいないデメリット

子供がいない夫婦が増えているとはいえ、まだまだ世間的な目は厳しいものがあります。その中でも子供がいない夫婦自身が感じているデメリットもあるので見ていきましょう。

老後の不安

子供がいない夫婦は、どちらかが先に亡くなった時のことを考えると不安に陥るのは仕方のないこと。特に、家に帰っても誰もいないことから、時に孤独感にさいなまれることもあるでしょう。

多くの子供がいない夫婦が取る対策として、老人ホームの入居資金を貯めたり、同じ境遇の友人夫婦をつくったりして将来への不安を少しでも軽減しているようです。

孫を見せられない罪悪感

結婚したら出産することが当たり前と考えている人は少なくありません。特に親世代になると多いのではないでしょうか。そんな親に対して孫を見せられないということに少なからず罪悪感を抱くことも多いようです。

簡単に離婚できる

子供がいない夫婦は「子供のために…」という我慢をする必要がないため、衝突が多くなれば簡単に離婚に踏み切れます。身軽に動けるが故のメリットでもあり、デメリットでもある点でしょう。

かわいそう?子供の有無は家庭それぞれ

子供がいない夫婦=かわいそうという意見もありますが、本人たちにしか分からない事情があります。子供が欲しくない夫婦もいれば望んでいても授かれない夫婦もいるでしょう。

しかし、子供がいるいないで夫婦の良し悪しは決まりません。世間の意見に左右されることなく、自分たちなりに納得のいく家族の形を探っていきましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →