子育てママのお悩み解決メディア
ママには一人の時間が必要!その理由とひとり時間の作り方をご紹介
2020.09.29 by きく きく

ママには一人の時間が必要!その理由とひとり時間の作り方をご紹介

毎日子供や職場の人と一緒で、なかなか自分だけの時間を作れないママたち。忙しいんだし、一人の時間を持てないのは当然! と思っているママや、その様子を見ているパパもいることでしょう。しかし、一人の時間はママにこそ必要な時間でもあるので、ぜひ取り入れてみて欲しいのです。この記事では、その理由やひとり時間の作り方について解説します。

ママ、最近ひとり時間してる?

仕事をしていたり、子育てを中心に生活していると、なかなか一人の時間って持てないですよね。子供が小さいと、いつもそばにいなくちゃいけない、何かあったら大変だと考えて、四六時中子供の側を離れないママも多いのではないでしょうか。子供との時間も大切ですが、たまにでいいので、ママには一人になってリラックスする時間を作ることをオススメします。

その理由とは?

ママにひとり時間が必要な理由とは?

ママは家族の中心的な存在。ママがイライラしていたり、悲しんでいたりすると、おうちの中の雰囲気も変わってしまいます。そして、育児は周囲から見ている以上の重労働。命を育てる、守るという行いは、体力的にも、精神的にも大変なことなのです。

そんな生活の中で「ほっと」ひと息できる瞬間があると、ママの生活のクオリティーも上がるはず。なかなか一人の時間が作れないという方は、次の項を参考にしてみてください。

ママのひとり時間の上手な作り方とは?

1. 人に頼る

ママが一人の時間を作るためには、誰かに頼ることが必須になります。頼るのが下手、苦手という人も、旦那さんや家族だけではなく、外部のベビーシッター、地域や自治体の保育サービスなどにお願いすると、気が楽という人も多いのではないでしょうか?

一番頼りやすい旦那さんには、普段から子供と二人きりでも過ごせるように、オムツの替え方、ミルクのあげ方、子供が好きなこと・嫌いなことなどを伝え、練習してもらっておくと話が早くなるはず。

2. 家事を簡略化

「子育て」以外でも、家事をプロに依頼したり、食事をデリバリーしたりするだけで、ママの一人時間を作りやすくなります。今までの常識や「ママはこうあるべき」といったことは少し忘れて、新しい考え方やサービスを生活に取り入れてみると、自分の時間を作りやすくなるはずです。

ひとり時間にしたいことはリストアップしておこう♪

せっかくできたひとり時間を有効に使うために、してみたいこと、行きたい場所、欲しいものなどは、日頃からリストアップしておくと行動しやすくなりますよ。リストを眺めてワクワクするのも、ちょっとしたストレス解消方法になるのでオススメです。

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。ここ数年は海外を転々。占いによると、2026年まで終いの住処を探して世界をさ迷う運命。どこにたどり着くのか、とても楽しみにしています。

きくさんの記事一覧 →