子育てママのお悩み解決メディア
結婚記念日に何あげる?年数別おすすめプレゼントをご紹介
2020.10.12 by きく きく

結婚記念日に何あげる?年数別おすすめプレゼントをご紹介

結婚記念日は愛するふたりにとって特別な記念日。年々、夫婦の愛が深まるような、ステキなプレゼントを用意したいですよね。この記事では、結婚年数別にぴったりのプレゼントをご提案します。毎年どんなものをあげたらいいのか悩む奥様や旦那様は、ぜひ参考にしてみてください。

1年目 紙婚式におすすめのプレゼント

紙のように真っ白なふたりの初めての記念日、を意味する紙婚式。この「紙」には、和紙のように丈夫で味のある夫婦になりますようにという意味も含まれているんだそう。そんな紙婚式には、紙にちなんだ贈り物が定番。ふたりの思い出を詰め込んだフォトアルバムやおしゃれな手帳、ふたりのこれからを綴る日記帳などを贈る人が多いんだとか。

2年目 藁婚式(綿婚式)におすすめのプレゼント

新婚生活も落ち着き始める、2年目の結婚記念日。まだまだラブラブモード全開なんてカップルも多いんじゃないでしょうか? 藁婚式、綿婚式というネーミングは、ふたりの夫婦としての関係が藁のように脆く、綿のようにやわらかいということが由来だそう。そんな2年目の記念日には、綿を使ったタオルやパジャマ、ネクタイなどが定番のプレゼントです。夫婦でお揃いのパジャマを贈り合い、3年、4年と絆を固めて行くのはいかがでしょうか?

3年目 革婚式におすすめのプレゼント

革婚式は、実際にイギリスで行われているイベントで、結婚生活がマンネリっぽくなり始める3年目を盛り上げるために行われるのだそう。革は、使うほどに味わいが出る素材。ふたりの結婚生活や関係がより味わい深くなりますよにと願いを込めて、革製品を贈り合います。ということで、遠く海外の風習ですが、ふたりの今後を祝って、手帳やお財布などの革製品のプレゼントしてみるのもいいですね。

4年目 花婚式におすすめのプレゼント

マンネリの3年目を乗り越えて、新たなライフプランを掲げ始める夫婦も増える4年目。花婚式は花実婚式とも呼ばれ、今まで巻いてきた種が花を咲かせる時期、実りある結婚生活という意味が込められています。その名前の通り、プレゼントは花束や花瓶などお花にちなんだものが人気! また、どんな贈り物にもお花を添えて贈るだけで4年目のスペシャル感が出るのでおすすめです。

5年目 木婚式におすすめのプレゼント

夫婦や家族としてもぐっとチームワークが増してくる5年目を、木婚式と呼びます。木のようにしっかりと根を張り、夫婦が一体になって歩んでいく、という意味があるんだそう。そんな木婚式には、木を使ったプレゼントを選ぶ人が多く、お箸やフォトフレームなどが定番。最近では木でできたアクセサリーや時計などもファッションアイテムとして人気なので、ふたりで特注したものを一緒に購入するのも5年目の記念になりそうですね。

10年目 錫婚式(アルミ婚式)におすすめのプレゼント

あっという間なのか、やっとこさなのか。夫婦それぞれで違いが出てきそうな10年目。錫婚式、アルミ婚式とも呼ばれ、錫の使うほどに味わいが出て、美しくなっていく特徴を夫婦になぞらえたネーミングなんだとか。錫は、金、プラチナ、銀に続いて高価な金属なので、贈り物にも適していますよ。お酒を飲むのが好きなら、錫のタンブラーや酒器などが人気! 指輪やネックレスなど、アクセサリーの素材としてもぴったりなので、10年目の記念に、指輪を作ってみるのもいいかも♪

結婚記念日のプレゼントは、なんだかんだでもらって嬉しい♪

結婚記念を全然気にしない。そんなご夫婦もいるかもしれませんが、やはり記念日には特別な時間を過ごし、プレゼントを贈り合うのはいいものですよ。結婚生活にメリハリも生まれますし、ふたりの思い出にもなります。この記事で紹介した以外にも、それぞれの年数にちなんだ記念日があるので、興味がある方はぜひ調べてみてくださいね♪

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。ここ数年は海外を転々。占いによると、2026年まで終いの住処を探して世界をさ迷う運命。どこにたどり着くのか、とても楽しみにしています。

きくさんの記事一覧 →