子育てママのお悩み解決メディア
もう限界!離婚の前に検討すべき「家庭内別居」のメリットや成功方法

もう限界!離婚の前に検討すべき「家庭内別居」のメリットや成功方法

最近、夫と会話が減ってなんだか険悪。離婚したい…と決断する前に、家庭内別居で夫婦の距離感を見直してみてはいかがでしょうか?家庭内別居が成功している人や、家庭内別居ならではのメリットも。

この記事では、そんな家庭内別居についてご紹介します。

家庭内別居とは?

家庭内別居とは、同じ家の中にいても別居状態でいることです。離婚はせずに家庭内別居をしている人が多いようで、お互いに干渉せずに同じ家で暮らします。家庭内別居は、話し合って決める場合と自然になっていた場合があるようです。

会話がなく顔を合わせない

家庭内別居の特徴は、同じ家に住んでいても会話がなく、顔を合わさないこと。お互いにそれが当たり前になって会話をしないことで楽になることもあるようです。逆に「存在」がストレスになってしまうという声も。

食事の時間や寝室が別々になっている 

家庭内別居をすると、食事を別々にとり、寝室を別にします。同じ家に住んでいながら違う生活を送っているのも特徴といえるでしょう。

家庭内別居のメリットとは?

家庭内別居にはいくつかのメリットがあります。離婚するよりも家庭内別居を選ぶ人がいる理由があるのです。ここでは、その一部をご紹介。

子どもへの影響が小さくて済む

家庭内別居の場合、子どもは両親と同じ家に住み続けることができます。そのため、別居が前提の離婚よりも、子どもへの影響が少ないと考えられるでしょう。

経済的な不安がない 

夫に多くの収入があり、子どもの養育費を考えたときに、家庭内別居は経済的な不安もなくなります。離婚した場合の引っ越し代や家賃、生活費などを考えたときに家庭内別居を選択するメリットがあるでしょう。

家庭内別居を成功させる方法

家庭内別居を成功させている人は、ルールを決めているようです。夫と家庭内別居を話し合うときにはルールを決めておくと良いかもしれません。家庭内別居を成功させる方法もご紹介します。

生活のルールを決めておく

同じ家で別々に暮らすので、生活のルールを決めておくことが大切です。例えば、一緒に暮らすうえで、「おはよう」「ありがとう」など最低限の挨拶はすると決めます。

また、子どもがいる場合には、子どもへの接し方についても話し合いが必要です。子どもへ影響のない方法を一番に考えましょう。

互いに干渉せずに自由に過ごす

家庭内別居をルームシェアのようにとらえて、お互いに干渉せずに自由に暮らすのもよいといえます。夫婦が別々の趣味を楽しんだり、食事はそれぞれ好きなものを食べられたりするので、食事を用意するときのストレスは削減可能。

また、自由に過ごした結果家庭内での夫婦の会話が増えたという事例もあります。夫婦の間でも適度な距離をとることで、家庭内別居は成功するのではないでしょうか。

家庭内別居は夫と話しあって慎重に決めよう

今夫との関係性に悩んでいて、上手くいっていないと感じた場合は、離婚の前に家庭内別居を検討してみてください。また、実行する前は夫との話し合いの場を設けて、慎重に決めることが大切です。夫婦間の悩みが解消できるように、参考にしてみてくださいね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →