子育てママのお悩み解決メディア
忙しくてもできる!ママの健康法4選
2020.10.24 by きく きく

忙しくてもできる!ママの健康法4選

家事、仕事、子育てで、どんな瞬間も忙しいママ。自分のケアまで手が回らない…。 そんなママでも取り入れられる健康法をご紹介します。自分のことよりも家族のケアを優先しがちなママに、ぜひ見直してほしい習慣をまとめてみました。

家族の心臓。ママの健康は日常のケアが大事!

ママの健康は家族全員の健康。ママが体調を崩すと、家の中が上手に回らなくなるもの。でも、家事に仕事に育児に全力投球していると、なかなか自分のためのケアって難しいですよね。

風邪やインフルエンザなどの感染症にかかってしまうとアウト! 体調を戻すだけでもひと苦労なので、未然に防ぐのがポイントです。では、忙しいママでもできる健康法には、一体どんなものがあるのでしょうか?

忙しいママでも取り入れられる健康法4つ

1. 栄養をきちんと摂る

栄養バランスが摂れた食事は、健康の源。緑黄色野菜に卵、肉や魚にごはんといったメニューが、毎日毎食準備できれば完璧♪ ですが、現実はそうもいかないもの。野菜が不足しているときは、朝や昼に野菜たっぷりのスムージーを飲む、ランチやディナーには必ずサラダを付ける、炭水化物を減らし、タンパク質を多く取るなど、献立を工夫してみましょう。

食事で栄養素を賄えないというときは、サプリメントで補充するのも簡単で効果的ですよ。

2. 少しでも運動をする

疲れやウイルスに負けない体づくりも、大事な健康法のひとつ! 朝や晩に20分から30分程度のランニングやウォーキングをしたり、休日や夜眠る前にヨガを取り入れるのも◎ 。電車で通勤している人は、家までのひと駅分を徒歩にしてみるのも効果的です。電車の待ち時間に、ホームの端から端までウォーキングで往復するのも手。体を動かすことで代謝が上がり、体力がつき、ストレス発散にもなりますよ。

もし、家族みんなでできる運動があれば、コミュニケーションにもなって一石二鳥です♪

3. 仮眠を上手に取り入れる

お子さんが小さかったり、仕事と子育てを並行して行っていたりすると、睡眠時間をたっぷり取れないというママも多いですよね。そんなときはパワーナップ(積極的仮眠)をお試しあれ! 聞きなれない名前かもしれませんが、昼間の短時間にぐっすり眠ること、すなわち「昼寝」のことをさしています。海外の大企業も仕事中に取り入れており、作業効率をあげる効果があるのだとか。

やり方は、机に座り突っ伏した格好で光をシャッアウト。音は少しだけ聞こえるような空間で、20分前後の 睡眠をとります。

4. 早めの受診でメンテナンス

風邪を引いた。そんな感じがしたら、迷わずお医者さんへ! どんなに軽症でも、長引くとダルくて何もしたくなくなっちゃいますよね。風邪や病気にかかる前にメンテナンスできると、忙しい毎日も安心です。

ママの健康は、家族の助けを借りることも重要!

いつもは家族のヘルプをしているママですが、困ったときには家族の助けを借りることも大事です。今日は家事をしたくない。そんなときはパパや子どもたちにヘルプを頼みましょう。定期的に1人の時間を持つのも、体調を整えたり、ストレスをオフするのに欠かせませんよ。

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。ここ数年は海外を転々。占いによると、2026年まで終いの住処を探して世界をさ迷う運命。どこにたどり着くのか、とても楽しみにしています。

きくさんの記事一覧 →