子育てママのお悩み解決メディア
ストレスが溜まる!家に来る子供の友達の対処法と不満を溜めないコツ
2020.10.18 by Hanakoママ Hanakoママ

ストレスが溜まる!家に来る子供の友達の対処法と不満を溜めないコツ

「友達を家に連れてきて遊びたい」その気持ちは大切にしてあげたいけれど、連れてくる頻度や友達の人数、振る舞いによっては、ストレスやイライラのもとになりかねません。

この記事では、子供の友達が遊びに来る前に準備しておくべきことや、家に遊びに来てもストレスを溜めないようにするコツについて紹介します。

子供の友達が遊びに来るときは

自分の子供に仲の良い友達ができるのはうれしいこと。でも、毎日のように遊びに来たり、お行儀の悪さが目に余ったりすると、ストレスになることもありますよね。そこで、事前に「友達を連れてくるときの約束事」について準備をしておくことをおすすめします。

自分の子供と事前に約束事を決める

まず、子供と一緒にルールを決めましょう。親が決めるのは簡単ですが、子供と一緒に考えることで、なぜルールがあるのか、どうして守らなければいけないのかなど、理解がより深まることが期待できます。理由も考えながら決めていくとよいですね。

ルールの例:

  • 親がいないときは連れてこない
  • あいさつをする
  • リビングや子供部屋など決まった場所で遊ぶ
  • ほかの部屋に入ってはいけない
  • ゲームは2時間まで
  • 5時になったら片づけて帰る


遊びに来た友達に約束事を説明する

また、決めたルールを遊びに来る子供たちにしっかりと伝えることも大切です。自分の子供から予め伝えてもらうようにしておいて、それでも守れない子供には親からも改めて伝えるのがよいでしょう。

そして、きちんとあいさつができた子には「〇〇くんはしっかりとあいさつができるのね!」と褒めてあげたり、5時までに片付けができていたときは「きれいに片づけられたね、えらいね!」と言ってあげたりすると「次に来たときもこの家ではルールを守りながら遊ぼう」と感じることでしょう。

友達が遊びに来てもストレスを溜めないコツ

ただ、ストレスを感じる原因は、子供の振る舞いだけではないという方もいるようです。いったいどんなことが原因なのでしょうか?また、その場合はどうすればよいのでしょうか?

子供たちをもてなすのはやめよう

ストレスを感じる方は、友達が来るたびに「おやつを用意しておかないと!」「部屋を片づけておかなくちゃ!」と、おもてなし方について考えてはいないでしょうか?子供と大人では見方や考え方が異なるため、大人が家に来るときのようにもてなす必要はありません。危ないものだけ片づける、飲み物は水か麦茶だけにする、など無理をしない方法を考えましょう。

また、事前に決めた約束事を守らなかったり、行儀の悪さが目に余ったりするときもストレスが溜まりますね。そんなときは、イライラを溜めずにその場できちんと伝えましょう。学校でも規則や約束事について毎日のように注意を受けている子供たちですから、優しくわかりやすく伝えれば問題はありません。

どうしても無理な時に上手に断る方法

時々は「今日は子供の友達に遊びに来てほしくない」ということもありますね。そんなときは「今日はお母さん疲れていて休みたいから外で遊んでね」など、家で遊んでほしくない理由をきちんと伝えるのがよいでしょう。

それでも家で遊びたいと言うようであれば「今日はダメだってお母さんと話してみるね」といってみるのはどうでしょうか。ほのめかしたり電話番号をたずねるだけで諦める子供もいるはずですし、実際に話すことで親から注意されてやっと観念する子供もいるはずです。

伝えるときは「いつも遊びに来てもらっているのですが、今日は体調が悪くお断りさせていただいてもよいですか」など、遊びに来てくれたことはうれしいけれど今日は断らせてほしい、という気持ちを示すようにすることで、相手の親も不満を感じずにわかってくれるのではないでしょうか。

言うべき事をきちんと伝えて温かく見守ろう

子供たちは、友達との付き合いの中でいろいろなことを学びます。言うべきことはきちんと伝え、無理にもてなさないことを心に決めることで、ストレスをうまく解消しながら子供たちと関わっていくことができるとよいですね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →