子育てママのお悩み解決メディア
スイカをまるっと味わう「果肉茶」で、ちょっと一休み

スイカをまるっと味わう「果肉茶」で、ちょっと一休み

すっかり身近な存在になった台湾ティーですが、日本上陸の先駆者・春水堂は台湾茶にフレッシュなフルーツを組み合わせた「果肉茶」を2021年初夏からスタート。

第一弾のメロンに続き、7月26日からはスイカを使った「果肉茶スイカ」を発売中です。

果肉茶スイカ 800円(税込)

「果肉茶」の名前は、冷凍のキューブや果汁ではなく、フレッシュスイカそのものを使っているので、レベルが段違い!  毎回、果物と合わせる台湾茶が変わるのですが、「果肉茶スイカ」ではジャスミン茶とスイカのフレッシュ果汁、きび砂糖シロップを合わせたフルーツティーにミルクを入れてさわやかなフルーツミルクティー仕様に。トッピングにスイカの角切りとホイップクリームを加えて、夏の疲れを癒してくれるやさしい甘みにハマりそう。

広報担当の方によると、第1弾の「果肉茶メロン」は予想以上の反響で、仕入れが追い付かず売り切れが続出するほどだったそう。気になる方はお早めに。

夏季限定「苺かき氷豆花」も復活中!

春水堂でも人気のかき氷。昨年登場した「苺かき氷豆花」が好評を受け、8月31日までの期間限定で発売中。こちらは日本の春水堂のオリジナル商品で、国内18店舗( ルミネ新宿店を除く)でいただけます。

台湾のヘルシースイーツ「豆花(トウファ)」に甘酸っぱい苺ソースたっぷりのかき氷がトッピングされた1度に2つのスイーツが楽しめます。苺ソースのベースは店舗で作る無添加のキビ砂糖シロップ。そこに苺の果肉やジャスミンティーを加え、仕上げのレモンでさわやかな味わいに。

苺かき氷豆花 750円(税込)

■フードメニューも。ピリ辛の「麻辣魯肉飯」や夏限定の涼麺2品で大満足

ドリンクが有名な春水堂ですが、フードメニューも充実しています。

この夏新登場したのが、台湾フードで人気の「魯肉飯(ル―ローハン) 」のピリ辛版「麻辣魯肉飯」。春水堂でも大人気の台湾ご飯「魯肉飯」に、春水堂オリジナルの麻辣ダレを和え、更にスパイスをトッピングしてピリ辛に仕上げています。夏はちょっと辛い物が食べたいなぁなんて人に、パワーアップメニューとしておすすめです。

麻辣魯肉飯 900円(税込)

ほかにも、食欲減退気味の夏にうれしいちゅるんと食べられるすっきり味の涼麺も2品期間限定で販売中。

「トマトとアボカドのクリームバジル涼麺」は、豆乳ベースのタレをまとった冷麺にトマト・アボカド・カイワレなど旬の野菜をトッピング。まろやかな豆乳にコクのあるクリームチーズとさわやかなバジルペーストを組み合わせたタレで、暑い日にもさっぱりといただける一品。

トマトとアボカドのクリームバジル涼麺

もう一品の「塩鶏レモンスープ涼麺」は、 冷やした鶏ガラスープのすっきりした冷たいラーメン。たっぷりのレモンとマリネした塩鶏をトッピングした夏にぴったりの涼麺です。

麺2品は全国18店舗(ルミネ新宿店を除く)にて9月上旬まで販売中です。

塩鶏レモンスープ涼麺 900円(税込)

春水堂

https://www.chunshuitang.jp/

北本 祐子

北本 祐子ライター

大阪生まれ。IT系出版社に勤務後、「女性にもITをもっとわかりやすく伝えたい!」とIT系編集・ライターとして独立したはずが、生来の好奇心の強さとフットワークの軽さから気が付けばトレンドライターとして幅広いジャンルを取材・執筆。ジャンルは違っても、人を幸せな気分にしたくて生まれる商品やサービスに込められてた思いを広く伝えるべく、日々駆け回っています。お得&楽しい情報が大好きなので、たくさんシェアしていきます!instagram.com/yukokitamoto

北本 祐子さんの記事一覧 →