子育てママのお悩み解決メディア
横浜駅すぐの室内遊び場「ダッドウェイプレイスタジオ」に「DADWAY BOOK CAMP」期間限定オープン!
2020.08.04 by 北本 祐子 北本 祐子

横浜駅すぐの室内遊び場「ダッドウェイプレイスタジオ」に「DADWAY BOOK CAMP」期間限定オープン!

横浜駅東口から徒歩7分の場所にあるショッピングモール「横浜ベイクォーター」。その4階にある室内遊び場「DADWAY PLAY STUDIO YOKOHAMA」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止を考慮し、改装ののち営業を再開しました。

これまでは平日45分こども800円の入場料が必要だった施設内の遊具・おもちゃの利用を無料とし、子育てファミリーにやさしい空間へリニューアル。さらに、絵本や育児書を中心に約4000冊を取り揃えた、期間限定のBOOKコーナー「DADWAY BOOK CAMP(ダッドウェイブックキャンプ)」を新設しました。

DADWAY PLAY STUDIO YOKOHAMAの入り口。

■親も子どもも新しい世界に出会える本が揃う

「DADWAY BOOK CAMP」のコンセプトは、 “The Sense of Wonder —こどもと、心を育む—”。読書を通して様々な世界に出会えるように、5つのテーマで書棚を展開しています。取り扱うすべての本は購入可能です。

本棚のまわりには遊具があり、遊びながらも本が目に入ってくるので普段あまり読まない子も興味を持ってくれるかも。

A、いくつのえほん
「どんな本を子どもに選べばいいのかわからない。」という声に応え、ロングセラーから新刊まで本当に読んでほしい絵本を年齢別に。

B、こどもと向き合う
育児エッセイから育児・教育の専門書まで。パパママに寄り添う本を豊富にラインナップ。

C、こどもとの時間を育む
親子がかけがえのない時間を共有できる読み聞かせにぴったりの絵本。音のでる絵本や、折り紙、工作の本も。

D、こどもの興味を育む
どうぶつ、のりもの、たべもの、社会、科学、自然など、新たな世界に出会うきっかけをつくる絵本のコーナー。

E、こどもの感性を育む
童話、神話、芸術、建築、ことば、色、心・・・こどもと一緒に大人も心動かされる未知との出会いが待っています。

通路も広く、段差もないので小さい子でも安心して歩けます。

そのラインナップも、いま話題の赤ちゃん向けの絵本や思わず手に取りたくなるロングセラー絵本、初めての育児を支える専門書などなど幅広いセレクション。好奇心・探求心・向上心を育む名著がずらりと並び、子どもはもちろん、大人にとっても刺激を受ける本が揃えられています。

迷ったときは、子どもの年齢ごとの棚から選んでみて。
表紙が見えるように置かれているのもポイント。
大人が読む本は、高さがある棚の上段に並べられています。

■悪天候の日でも子どもたちが思い切り遊べる全天候型施設

本棚の周りには遊具やおもちゃが配置され、遊びと心への刺激を両方手にすることができる空間。コロナ禍の外出自粛でステイホームの時間が増え、時間の使い方の選択肢が限られるなか、全天候型のおでかけスポットの選択肢がひとつ増えたのはうれしい!

もともと有料だった施設だけに、その内容の充実ぶりは伝わるでしょうか?
おままごとスペースも本格的。
野菜を選んだり、元の場所に片付けるのもお勉強です。

同じフロアには、育児用品・おもちゃ・アパレルを取り扱う「DADWAY LIFE DISCOVERY」や親子カフェ「VITAL MEALS BY DADWAY」も併設されているので、ここに来れば子育てファミリーはノープランでも楽しめそうです。「DADWAY PLAY STUDIO YOKOHAMA」が出店している横浜ベイクォーター4Fには、授乳室、おむつ交換台もあるので、小さいお子さんがいる人にとっても安心ですよ。

DADWAY PLAY STUDIO YOKOHAMA 

住所: 神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10 横浜ベイクォーター4F

電話番号: 045-620-2995

営業時間: 10:00ー19:00

定休日 : 施設に準ずる

北本 祐子

北本 祐子ライター

大阪生まれ。IT系出版社に勤務後、「女性にもITをもっとわかりやすく伝えたい!」とIT系編集・ライターとして独立したはずが、生来の好奇心の強さとフットワークの軽さから気が付けばトレンドライターとして幅広いジャンルを取材・執筆。ジャンルは違っても、人を幸せな気分にしたくて生まれる商品やサービスに込められてた思いを広く伝えるべく、日々駆け回っています。お得&楽しい情報が大好きなので、たくさんシェアしていきます!instagram.com/yukokitamoto

北本 祐子さんの記事一覧 →