子育てママのお悩み解決メディア
貴重なマンガの原画280点を展示 ムーミン75周年記念「ムーミン コミックス展」
2020.09.28 by 北本 祐子 北本 祐子

貴重なマンガの原画280点を展示 ムーミン75周年記念「ムーミン コミックス展」

日本ではアニメ化され、いまも様々なグッズも販売されるなど広く親しまれているキャラクター、ムーミン。その生みの親であるムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソンによる初めての漫画がフィンランドの新聞に掲載されたのは、1947年のこと。その後1954年から始まったイギリスの「イブニング・ニューズ」紙での連載は、弟のラルス・ヤンソンの協力を得て、20年以上に渡って続く人気作品となりました。

トーベ・ヤンソンと弟のラルス・ヤンソン

9月24日から始まっている松屋銀座でのムーミン75周年記念「ムーミン コミックス展」では、ムーミンコミックスにスポットを当て、キャラクター設定やスケッチ、原画などを紹介。日本初公開となる280点ものムーミンたちの豊かな世界、どんなものなのか気になりますね。

貴重なコミックスイラストで見るムーミンの世界

展示はスナフキンなどムーミン谷の仲間たちを、トーベによるムーミン童話などのための直筆ドローイング17点で紹介するイントロダクションからスタート。第1章ではトーベ・ヤンソン直筆のドローイング34点とスケッチ45点を展示。ムーミン童話にはないストーリーやコミックならではの魅力的なキャラクターも登場します。第2章では、トーベが多忙になるなか、元々は資料収集や翻訳などでコミックスに関わっていたラルスが一人で連載を担当していた時期にフォーカス。初公開となるラルスの直筆原画180点は必見です。ムーミンのコミックスは日本ではすべて出版されているわけではないので、今回初めて目にするものも多いでしょう。

トーベ・ヤンソン 「『まいごの火星人』スケッチ」
トーベ・ヤンソン「『黄金の しっぽ 』習作」
ラルス・ヤンソン「『Moomin and the Ten Piggy Banks』原画」

会場限定のグッズは見逃せません!

本展示会ではムーミンコミックスのイラストを使用した会場限定グッズも販売されます。一足お先にピックアップしてご紹介します。

T シャツ(メインビジュアル)S~XL 3,190円 子供サイズ 2,750円(いずれも税込み)
ステンレスミニボトル  1,980円(税込み)
スクエアプレートセット 2,640円(税込み)
エコバッグ 1,540円(税込み)
コスメポーチ 2,090円(税込み)

「ムーミン コミックス展」は松屋銀座での展示を皮切りに、2022年夏まで全国各地を巡回展示される予定です。

ムーミン75周年記念「ムーミンコミックス展」
会期:2020年9月24日(木)~10月12日(月)午前10時~午後8時
※9月27日(日)、10月4日(日)・11(日)は午後7時30分・最終日は午後5時閉場
※入場は閉場の30分前まで。営業日や開場時間が変更になる場合があります。
来場前に松屋ホームページの確認をおすすめします。
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
入場料:期日指定制/一般1200円(900円)、高校生700円(500円)、中学生500円(400円)小学生300円(300円)()内は前売料金
※入場券の入手方法は松屋ホームページでご確認ください。
お問い合わせ先:03-3567-1211(松屋大代表)

※本記事中の画像の無断転載は禁止されています。

北本 祐子

北本 祐子ライター

大阪生まれ。IT系出版社に勤務後、「女性にもITをもっとわかりやすく伝えたい!」とIT系編集・ライターとして独立したはずが、生来の好奇心の強さとフットワークの軽さから気が付けばトレンドライターとして幅広いジャンルを取材・執筆。ジャンルは違っても、人を幸せな気分にしたくて生まれる商品やサービスに込められてた思いを広く伝えるべく、日々駆け回っています。お得&楽しい情報が大好きなので、たくさんシェアしていきます!instagram.com/yukokitamoto

北本 祐子さんの記事一覧 →