子育てママのお悩み解決メディア
【入学準備特集】こんなはずじゃなかった! トホホなランドセル体験談

【入学準備特集】こんなはずじゃなかった! トホホなランドセル体験談

子どもがいよいよ小学校に進学! 小学生の象徴ともいえるランドセル。売り場にずらりと並んだカラフルなランドセルは、見ているだけで親も子も心躍ります。社団法人 日本鞄協会 ランドセル工業会の調べによると、ランドセル選びの決定打は色とデザイン。長く使うものですし、値段も安いものではないのでじっくり選びたいものです。

そうして吟味して買ったつもりでも、あとから「え?」となってしまったエピソードもよく聞くもの。先輩たちのそんな体験談、ぜひランドセル選びの参考にしてください。

義母に気をつかった結果……

入学祝いに、と義実家からランドセルがプレゼントされるのはよくあること。ただ、祖父母の時代とは価値観が違うので注意が必要です。

Sさん宅でも義両親から娘のランドセルを買ってあげる、とうれしいオファーをいただきました。が、遠方に住んでいるため、買って送ってくれるというのです。義母によると「私は男の子ばかり育てたので、女の子のランドセルを選んでみたかった」とのこと。義母の弾んだ声を聞いて、Sさんは「自分で選びたい」と言い出せなくなってしまいました。果たして届いたのはシンプルな赤いランドセル。「やっぱり女の子だから赤よね」とおっしゃる。

たしかに祖父母の時代には女子は赤、男子は黒の二択しかありませんでしたが、今はものすごくチョイスがあるのに「これなら選ぶもなにも……」と思ったのが第一のもやもや。そして第二のもやもやは案の定、子どもが気に入ってくれず、学校に行きたくないとまで言い出したこと。仕方なくもうひとつ子どもが自分で選んだランドセルを購入するはめになりました。入学式の日には赤いランドセルもわざわざ持って行って、校門の前で義実家に送るための写真を記念撮影するという小細工までしたそうです。

ランドセルへの想い入れが強いのは誰でも同じ。義実家でランドセル購入の動きがありそうでしたら、購入する前に好みを伝える、一緒に選ぶなどしておくとよさそうです。一番ありがたいのはお金だけ送ってもらうことなんですけれども、ね。

成長とともに好みも変わる

子どもの成長が恐ろしく早いことは、すでにみなさんご承知かと。まして小学校は6年もあり、1年生と6年生ではまったく別人かと思うほどの成長ぶりです。

Yさんが娘と一緒にランドセルを買いに行ったところ、娘が選んだのはシャイニーピンクにたくさんのラインストーンがあしらわれ、レースまでついているキラキラ系ランドセルでした。その派手さに驚きましたが、今はこんなものなのかなぁと娘の希望通りのランドセルを購入。娘も大喜びで、新入生は1年間黄色いランドセルカバーをつけなくてはいけないと知り、ひどくがっかりしたほど。待ち望んだ2年生になると、デザインを際立たせるようにカバーも透明のものを選びました。

ところが、3年生のおわりごろから娘は「水色のランドセルにすればよかったな……」なんてぼやくように。仲良くなったお友だちの影響もあるのか、どうやらピンク色は子どもっぽいと思うようになったよう。そして5年生になると、「あのランドセルは恥ずかしいからもうイヤ」とまで言い出しました。あと2年で卒業なのに、買い替えるなんて冗談じゃない! というわけで、レース部分は切り落とし、不透明でシンプルなデザインのランドセルカバーをつけてトーンダウンして卒業まで乗り切りました

逆に、はじめからシックな色のランドセルを選んでおいて、小さいうちはかわいいカバーをつけるという手もありそうですね。ちなみに、実際に途中でランドセルを買い替えた人も筆者は知っていますが、それはそれで「もう高学年なのにピカピカのランドセルは恥ずかしい」と子どもが言ったので大ゲンカになったそうです。

使うのは子どもなので……

インテリアデザイナーでナチュラリストでもあるNさん宅は、さすが! とため息が出るほどおしゃれ。本物志向で自然素材にこだわりがあり、さらに派手な色合いのものは部屋のイメージを壊すからと、子供服やおもちゃですらモノトーンかナチュラルカラーのもの、と徹底しています。そんなNさん、ランドセルも当然しっかりと素材からこだわり、ナチュラルレザーのフルオーダーメイド一択。小柄な息子の体形に合わせて小さめサイズです。それでもリアルレザーなので合成皮革のものより数百グラム重たくなりましたが、美しいこげ茶色に重厚感のある金具のついたスタイリッシュなランドセルにNさんは大満足でした。

が、いざ入学してみると、教科書だけでもけっこうな量。ランドセルだけで1.5キロ近くあるので、教科書を入れて重さを計ってみるとかなりの重さになります。コロナ禍で校内の水飲み場が使えないため、水筒も持たせなくてはならず、さらに、読書好きな息子君ゆえしょっちゅう図書館で本を借りてきます。下級生向けの本はハードカバーで大きなものが多く、小さめサイズにしたためランドセルはいつもパンパン。通学するだけで修業状態です。「本を借りてくるな」とも言えず、入りきらない日は手提げを持たせるようにしましたが、絵具や鍵盤ハーモニカなどの持ち物がある日は両手がふさがってしまい危険。細部にまでこだわりぬいたつもりでしたが、「実用的ではなかったかも」とため息をついています。

これ、下級生のうちはかなり深刻ですが、上級生になってくると子どもが自分で解決策を編み出します。それは、“置き勉”。つまり教科書を全部学校に置きっぱなしにするというもので、「忘れ物もなくなって一石二鳥! わはははは」と子どもは開き直るわけですが、もちろん家で予習や復習をすることもなく、宿題すらやらなくなる場合もあるので容認できませんね……。

多様性の世の中に

ひと昔前のお話ですが、Aさんの長男は女の子と遊ぶほうが好きで、幼稚園でも仲良しは女の子ばかり。妹のスカートをはきたがったり、クリスマスのプレゼントに希望するものもリカちゃん人形だったりするため、母親のAさんは「ひょっとして……」と思っていました。しかし、夫はどうしても受け入れられず、息子君にいつも「男らしくしろ」と叱っていたといいます。

小学校入学をひかえ、家族でランドセルを買いに行ったときも、息子君が欲しがったのは赤いほう。もちろん夫は猛反対。「男なんだから、黒に決まっている!」と、つい大声になってしまいました。そこへ店員さんがやってきて、実は男の子でも赤いランドセルを欲しがる子は少なくないと話してくれました。戦隊ヒーローの主役は赤い衣装であることが多いというのがその理由で、Aさんのケースとは違うものの「赤を選ぶのもまた、男の子らしい」としたうえで、とはいえ「いじめにあってもいけないし」と息子を説得。結局黒いランドセルに決めました。

ただ、Aさんは今でもその時の対応が正しかったのかと考え込んでしまうことがあるそう。実際に息子君がLGBTSであるかどうかは成人した今も不明ですが、大人の意見を押し付けたことで味方がひとりもいないと感じ、相談したり言い出したりできずにいるのかもしれない、と思うのだといいます。

ランドセルは性差をはっきりと印象づけることもありますが、チョイスの多い今なら落としどころを誘導することなく上手に折衷案を見出すこともできそう。大人の意見や経験からくるアドバイスをしたうえで、最終的には子どもの好みを尊重するのがよさそうです

岩佐史絵

岩佐史絵トラベルライター

東京都出身のトラベルライター。妊娠中も子育て中も闘病中も西へ東へ、旅・旅・旅! 旅のおかげでQOL(Quality Of Life=人生の質)が爆上がり! と思えるような、素敵な旅スタイルをご提案します。コロナ禍の今は旅ができずにしょんぼり……するわけもなく、身近に素敵♡を見つけてはご紹介。一児をもつシングルマザーでもあります。

岩佐史絵さんの記事一覧 →