子育てママのお悩み解決メディア
河西ケイトが教えます! 保育園入園準備は大丈夫?!子どもが不安なく通うために大人ができること

河西ケイトが教えます! 保育園入園準備は大丈夫?!子どもが不安なく通うために大人ができること

皆さんこんにちは。子育てアドバイザーの河西ケイトです。

保育園へ入園が決まったけれど、「どんな準備をしたらいい?」「何が必要?」と悩むママさんは多いと思います。そんな方々へお伝えしたい「保育園入園前までに大人ができること」と「慣らし保育で気をつけたいこと」を2回に渡りお伝えしたいと思います。今回は、1回目「保育園入園準備編」です。

子どもが不安を抱かないために

保育園が決まり一番緊張をしているのは、やはり子どもたちではないでしょうか?「なんで行かなきゃいけないのか?」「ママやパパと離れたくない」そんな風に子どもたちは心の中では思っているはずです。

実際に、保育園へ入園し環境が変わると子どもたちはストレスからか夜泣きや親の側から離れなくなる…なんて話をよく聞きます。子どもの不安を少しでも和らげるために私達大人ができることは、通う前から子どもと一緒にその保育園の場所までを実際に歩いてみることです。

歩きながら「もうすぐ保育園にいくんだよ」「お友達がたくさんいてきっと楽しいよ」などの声をかけて、実際に子どもたちが保育園で楽しそうに遊んでいる様子を見せてあげてもいいと思います。

保育園に園庭がある場合、子どもが外で遊んでいる時間は、「10時~11時」「15時半~17時」とだいたい決まっています。この時間を目安にお散歩に出かけても良いかもしれません。

また、保育園で園庭開放(今はコロナなどで中止しているところが多いですが)を行っているのであれば、積極的に参加してみても良いかもしれませんね。これをすることで子どもは、「いきなり知らない場所に連れてこられた!」という思いを抱かなくなり、不安を少し解消できるようになります。

入園前の準備を子どもと一緒に行う

入園前の準備を子ども一緒にすることも大切です。0歳や1歳は難しいかもしれませんが、2歳~は大人が今何をしているのか? と察する能力は高まっています。

ですから、保育園で使う洋服やおむつ、バッグなどを買いに行くときは、子どもがいない時にこっそり買いに行くのではなく、一緒に買いに行ったり、買ってきた物に名前を書く時は、「ここにお名前をかいておけば、他のお友達と同じ洋服でも間違えないね」や「このバッグで保育園行ったら楽しいね」など、先程保育園の道のりへ散歩へ行くときと同様に、プラスな気持ちになる言葉がけをたくさんしてあげてください。

書いている所を見せることで「あぁ、自分はもうすぐ保育園にいくんだな」という事が子ども自身にも伝わり、それが自覚へと変わってきます。子どもに前もって気持ちの面でも準備をさせることはとても大切なことです。

コロナ禍だから気をつけたいこと

2020年から新型コロナウィルスが流行し、生活スタイルが大きく変化しました。これによって、保育園の生活スタイルも大きく変化しました。手洗い・うがいの習慣もですが、幼児クラス(3歳児~)になると最近では、「激しい活動以外は、マスクをつける」というのが徹底されている保育園もあります。

この背景には、小学校がマスク必須になっているので、保育園でもマスクに慣れさせるために…という目的があるそうです。保育園によってマスクの有無は異なるかもしれませんが、事前にそういった新生活様式についても聞いておき、子どもが入園してから混乱しないように保育園に入園する前までに慣れさせておくと良いでしょう。

「咳をする・くしゃみをする」時のエチケットも同時に教えていけると良いかもしれませんね。

今回は、保育園の入園前にできることをお話させていただきました。親も不安と期待と緊張でいっぱいだと思いますが、子どもの方が経験値が浅いので、新しい場所に慣れる適応能力は低いと思います。

事前の準備段階で子どもと一緒に準備をしたり、その場所に行ってみたり、そして、保育園の入園のしおりを見ながら、保育園の時間のサイクルに身体を慣れさせていったり…と、余裕があるうちにできることをたくさんしていってくださいね。

河西 景翔

河西 景翔子育てアドバイザー

小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。

河西 景翔さんの記事一覧 →