子育てママのお悩み解決メディア
小学校入学準備で必要な袋物の種類!買うか作るか揃え方のコツも紹介

小学校入学準備で必要な袋物の種類!買うか作るか揃え方のコツも紹介

小学校の入学準備は揃えるものが多く、意外に大変です。その中でも、袋物は手作りした方が良いのか、作る手間を考えて既製品を購入するか悩みますよね。

今回は、小学校入学準備で必要な袋物の揃え方やコツを紹介します。

小学校の入学準備で必要な袋物の種類

小学校や地域によって必要な袋物は変わってきます。新一年生の保護者説明会で「入学のしおり」などのパンフレットが配られ、そこに入学前に揃える必要なものが記載されています。袋物だけでも下記のように多数用意しなければなりません。

  • 給食袋
  • お弁当箱入れ(遠足や運動会などの行事のとき)
  • レッスンバッグ(鍵盤ハーモニカや教科書などを入れるもの)
  • お道具袋
  • 体操着入れ
  • シューズ袋

このように、代表的な袋物だけで6点も必要なのです。

袋物は手作りするか買うか?揃え方のコツ

袋物は手作りにするか、購入して揃えるか悩みますよね。手作りする場合も、購入する場合も揃え方にコツがあります。

ハンドメイドの場合は手作りキットなら簡単

子どものために手作りで用意する場合、型紙から作成することはとても大変な作業です。最近では小学校入学準備用の手作りキットが販売されています。布の型どりがしてあり、縫うだけでできあがるキットが手芸店やインターネット通販で販売されているので、忙しい人におすすめです。

購入の場合はセット買いで買い忘れを防ごう

購入して袋物を揃える場合には、何点かセットで販売されているものがおすすめ。「入園、入学セット」で3~5点で販売されています。インターネットではデザインも豊富にありますので、子どもの好みに合わせることも可能です。

子どもの成長は早い!サイズに注意!

子どもの成長は早く、小学校に6年間通う間に大きく成長します。そのため、小学校入学時に合わせて作ると、せっかく作ったものが小さくなって使えなくなってしまうのです。

特に上履きのサイズは年々変わるので、シューズ袋をその時のピッタリサイズで作ってしまうと、6年間に何度も作り直しすることになってしまいます。手作りで袋物を作る際は、子どもの成長も考えて作成するようにしましょう。

袋物の寿命は短い!高いものは避けよう

購入して袋物を揃える場合は、値段の高いものを揃えてあげたくなりますよね。しかし、成長が早い時期なのでサイズが合わなくなり何度も買い直しをしないといけなくなったり、家と学校の往復で日々ダメージを受け布地にほつれや破れができてしまったりなど、袋物の寿命は意外と短いのです。

出費がかさんでしまうため、高価なものは避けることをおすすめします。

袋物を作るか買うかは状況に合わせて選ぼう

小学校入学時の袋物の準備は、地域や学校によって必要なものが違います。必要な数や親の忙しさの度合いなど、状況に合わせて選びましょう。

手芸店やインターネット通販で、入学準備セットや手作りキットが多数販売されているように、手作りにこだわらなくても揃えることができます。袋物は消耗が激しく寿命が短いことや、6年間で子どもが大きく成長することも考えて準備してくださいね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →